Minecraft Japan Wiki

MOD解説/BloodMagic

  
BloodMagic (現在のページ)
MOD解説/BloodMagic/アイテムリスト_ver1.x
MOD解説/BloodMagic/儀式_ver1.x

BloodMagic2
血の祭壇のグレード
現在、Blood Magic(v1.3.3-17 for Minecraft 1.7.10)時の情報を元に作成中です。

MOD名 Blood Magic
製作者 WayofTime
配布場所 http://minecraft.curseforge.com/projects/blood-magic
前提MOD 【Minecraft Forge】
最新バージョン v1.3.3-17
使用BlockID x個
使用ItemID x個
使用DimensionID x個
使用BiomeID x個
SMP対応
srg化
関連サイト 公式フォーラムhttp://www.minecraftforum.net/forums/mapping-and-modding/minecraft-mods/1290532
FTBwikihttp://ftbwiki.org/Blood_Magic
※表示されていないIDは未使用


目次

Blood Magicについて

ナイフで自らの血を祭壇に注ぎ、宝石に染み込ませて力を持ったアイテムを作る…
といった、黒魔術的な色の強めなMOD。
それぞれ固有の力を持つ印章も作成できる。その印章には文様が描かれているが、どこからどうみても漢字。

少しだけThaumCraftとも連携しており、研究項目が追加される。
またNEIの方では血の祭壇、錬金術具一式、魔方陣でのクラフトのレシピを確認できる。

更新情報

Version 1.3.3-17
Fixed an issue in -15... Not sure, but casing seems important when referring to cached stuff.

+過去の更新情報
過去の更新情報
Version 1.3.3-15
This is the final Blood Magic version for 1.7.10. As such, it's mainly just bug fixes and code clean up.

Version 1.3.3-13
  • Fixed the arm rendering being idiotic - it renders the bound armour model without people actually having that armour.

Version 1.3.3-12
  • Performance build, and also improved/fixed the dynamic mace mine speed.

Version 1.3.3-11
  • Finally (hopefully?) fixed the demon glitch. Dang those datawatchers!

Version 1.3.3-10
  • Fixed borked elementals and demons.
  • Elementals now properly rotate! :D

Version 1.3.3-7
  • Fixed API calls so that they no longer reference the main mod.

Version 1.3.3-6
  • Fixed the Void sigil so that it now works.
  • Fixed the tool paradigm silk touch on redstone ore - Blocks.lit_redstone_ore does not have an item...
  • Fixed the LP bar rendering.

Version 1.3.3-5
  • Made the Ritual of Magnetism more efficient by caching ore blocks.
  • Created the Ritual Dismantler to dismantle rituals automagically (if they are active).
  • Added achievements. Yup!
  • Removed FBOs from the mod, so that lower-end computers can use the mod more easily.
  • SEVERAL performance enhancements were added to the mod. Unfortunately, I would have to make this changelog massive in order to mention them all.

Version 1.3.3-4
  • Added an "Author" to the books
  • Had to yell at TehNut a tad :D

Version 1.3.3-3
  • Updated Guide-API so that the books are less funky. Please update Guide-API to at least version 19+. This was done to fix some backwards-compatibility issues with the books.

Version 1.3.3-2
  • Added in-game books! These can be obtained by crafting a "Mail Order Catalogue" and throwing it on the ground.
  • Added the Incense system! A handy method of scaling Self-Sacrifice to higher efficiencies by utilizing "mundane" materials. More detailed information can be found in the book "The Alchemist."
  • Fixed the teleposer so that it may telepose players both directions (this was an offset issue)
  • Teleposers may now telepsoe players and entities across dimensions!
  • The Sigil of Holding now has a GUI that is brought up by shift-right-clicking. To cycle between sigils, you now use your scroll wheel while the sigil is selected.
  • Changed the Focus of the Ellipsoid ritual so that it now places blocks in the ellipsoid using blocks in a chest below the MRS.
  • Ritual Diviner now auto-constructs rituals, and in SSP (will be fixed for SMP later) it will show a ghost outline of the blocks of the ritual when moussing over the MRS.
  • Added AgriCraft crops to the Harvest Handler
  • Fixed Phantom Bridge being derpy when in the player's armour.
  • Created the "Blood of the New Moon" ritual that will rip up a sphere of earth from the ground and into the air.
For more info about the items, read the books! I hope you will enjoy them!

Version 1.3.3-1
  • Once again, fixed a lot of bugs. They aren’t really happy at me, but hey, they don’t get kick-ass armour!
  • Oh, and also added Project: Omega at long last! This grants a lot better armour (subjective) to the user. See the relevant section.
  • Added the Dawn ritual stone and scribe tool (glowstone block inside of a T6 altar), as well as an upgraded Ritual Diviner in order to place the stones.
  • Temporarily removed the books to stop lag from a lot of computers – these will be finished soon!
  • Added Reagent effects to the Well of Suffering, such as Potentia (vertical range), tenebrae (extra LP), and offensa (extra damage)
  • Oh, also added an Autocrafting ritual. Oh well!

Version 1.3.1-7
Hopefully last iteration...
  • Vastly improved the speed of the Compression Handler load time from ~3min to around 3 seconds. Thanks, Player!
  • Fixed the Sigil of the Blood Lamp so that it may now work properly in the Sigil of Holding
  • Added a rare condition called "Pax Pox"

Version 1.3.1-5
  • More permanent fix than 1.3.1-4.


既知の不具合
また、恐らく2.x時代の”悪魔の都市”システムの後継であると思われる反転柱関連のアイテムは、クリエイティブモードでのみ入手できる状態だが設置は非推奨。
安定して利用したい場合はMinecraft1.7.10版ver1.3.3-17が推奨される。

Blood Magicの導入方法

◆シングルプレイ
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. 指定されているフォルダの中に、ダウンロードした Blood Magic をjarファイルのままコピー&貼り付けする。
  2. ゲーム内ガイド本を有効化するために【Guide-API(任意)】をダウンロードし、 それらをmodsフォルダにそのまま貼り付けする。
  3. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+...
  1. 上記の手順に従って、シングルプレイ用にBlood Magic を導入する。
  2. サーバー主側から指定がある場合は、指示通りにコンフィグファイルを修正し、Blood Magic 以外のMODも導入する。
  3. 対象のサーバーにログイン。

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+...
minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方については「マルチプレイ」のページを参照。そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. 指定されているフォルダの中に、ダウンロードした Blood Magicをzipファイルのままコピー&貼り付けする。
  2. サーバーを起動。正常に起動し、MOD内容が反映されていれば導入は終了。

対応環境

Bloodmagic ver1.3.3-17
Bloodmagic ver1.0.1g

用語解説

英文wikiや書物「Sanguine Scientiem」、公式コメンタリーなどから。
ライフエッセンス/Life Essence
血液から抽出した魔術的なエネルギー。見た目は血液そのもので、バケツに入れることもできる。マジックアイテムの作成や発動、儀式の起動などで消費する。工業系MODの液体燃料に近い。
バージョンによっては工業系MODのパイプでLPを供給したり、液体タンクに貯蔵できる。

ライフエッセンスはプレイヤー、または生物から抽出することで入手できる。単位はLP(Life Essence Pointか、もしくはLife Pointであると思われる)。
ライフエッセンス入りバケツ 1杯=1,000LP=1,000mB(ミリバケツ)
プレイヤーの場合は、初期状態でハート1個=200LPとなる。
(mB(ミリバケツ)とは液体の量を表す単位。1B(1バケツ)=1,000mBという、Minecraft Forge の概念である。)

保存場所によって2種類の形態がある。
  • 血の祭壇によって蓄えられる液状のライフエッセンス
そのものずばり血液の見た目をしており、バケツに入れる事ができるのもこちら。

  • ソウルネットワーク上に蓄積される目に見えないライフエッセンス
ブラッドオーブを用いて採取する目に見えない状態のライフエッセンス。

ソウルネットワーク/Soul Network
目に見えない状態のLP。空中に漂っているものと思われる。入出力は主にブラッドオーブを介して行われる。
ブラッドオーブさえあれば、どこにいてもLPの取得や供給できる。液体LPがエンダーチェストに入っているようなイメージ。

蓄積にはブラッドオーブを右クリックすることで、プレイヤーのハート1個を200 LPに変換する。
ただし変換効率は上昇できないので、中盤以降は血の祭壇や儀式によって採取したLPをソウルネットワークに移すことになる。
血の祭壇の上にブラッドオーブを載せることで、血の祭壇のLPをソウルネットワークに移すことができる。

血の祭壇/Blood Altar
Bloodmagicによって追加される、LPの抽出機能とかまどのような加工機能を併せ持った魔導装置。加工燃料としてLPを使う。
近くに立って生贄のナイフ(Sacrificial Knife)を使用することで、プレイヤーのHPが減る代わりにライフエッセンスが血の祭壇に貯まる。
中盤以降になると、血の祭壇のLP貯蔵量<アイテム作成に必要なLP量となるため、LPの安定供給に苦慮することになる。

属性/Attributes
BloodMagicには6種の属性がある。
それぞれ水(Water)、火(Fire)、風(Air)、土(Earth)、黄昏(Dusk≒闇)、暁(Dawn≒光) となっている。
黄昏は夕方から夜になる夕闇を、暁は夜から朝になる光明を象徴する。
属性筆記具や各種エレメンタルは、これらのいずれかの属性を持っている。

エレメント/Elements
錬金術具一式で作成する錬金術用触媒。水、火、風、土、黄昏(≒闇)、暁(≒光)の属性をもつものもある。
錬金術アイテムの材料にしたり召喚の触媒として用いられる。

錬金術煆焼炉(Alchemic Calcinator)を用いることで気化したエレメントとなる。気化エレメントは儀式の補助素材として用いられる。
単位はAR(Alchemic reagent)で、エレメント1個につき1,000 ARに変換できる。
気化エレメントの保管にはガラス鐘(Crystal Belljar)を用いる。
錬金術ルーター、錬金術セグメンター、錬金術クレンザーのいずれかを対象にカーソルを合わせることで内容物のアイコンおよび貯蔵量が表示される。


追加ブロック・アイテム・レシピ一覧

MOD解説/BloodMagic/アイテムリスト_ver1.x

追加MOB一覧および召喚MOB

+ネタバレに注意

名前 画像 説明
召喚エレメンタル
ウォーターエレメンタル
Water Elemental
【召喚】内周:アクアサルス6 ⇒ ウォーターエレメンタル
水属性のエレメンタル。HPは100。飛行技能を持ち、HPがある程度減少するとダメージ反射のバフが付与される。HP再生能力を持っている。
倒すと低確率で悪魔の血の結晶片をドロップする。
プレイヤーの足元の周りをうろつき、プレイヤーを窒息III+アーマー抑制(Inhibit)の効果を持つ弾を撃ってくる。
通常の装備と剣で斬りかかると窒息ダメージにより瞬殺される。
アーマー抑制の効果で結合装備の水中呼吸も無効化されるため、精霊の加護の印章を使おう。
ファイアエレメンタル
Fire Elemental
【召喚】内周:インセンディウム6 ⇒ ファイアエレメンタル
火属性のエレメンタル。HPは100。飛行技能を持ち、HPがある程度減少するとダメージ反射のバフが付与される。HP再生能力を持っている。
倒すと低確率で悪魔の血の結晶片をドロップする。
プレイヤーの足元の周りをうろつき、プレイヤーを延焼+アーマー抑制(Inhibit)の効果を持つ弾を撃ってくる。
プレイヤーが燃えるので、水辺を作って戦闘したい。
アースエレメンタル
Earth Elemental
【召喚】内周:テラエ6 ⇒ アースエレメンタル
土属性のエレメンタル。HPは100。飛行技能を持ち、HPがある程度減少するとダメージ反射のバフが付与される。HP再生能力を持っている。
倒すと低確率で悪魔の血の結晶片をドロップする。
プレイヤーの足元の周りをうろつき、移動速度低下+アーマー抑制(Inhibit)の効果を持つ弾を撃ってくる。
後半戦で鈍足のせいで一時撤退しずらいため死にやすい。
エアエレメンタル
Air Elemental
【召喚】内周:エーサー6 ⇒ エアエレメンタル
風属性のエレメンタル。HPは100。飛行技能を持ち、HPがある程度減少するとダメージ反射のバフが付与される。HP再生能力を持っている。
倒すと低確率で悪魔の血の結晶片をドロップする。
上方吹き飛ばし+アーマー抑制(Inhibit)の効果を持つ弾を撃ってくる。
上空+40ブロック程度まで撃ち上げられるため、エンチャントなしの防具では即死、落下耐性IVのエンチャントブーツでもHP半減といった程度。
素直に精霊の加護の印章を使うか、天井の低い密室で召喚しよう。
ホーリーエレメンタル
Holy Elemental
【召喚】内周:サンクトゥス6 ⇒ ホーリーエレメンタル
暁(≒光)属性のエレメンタル。HPは100。飛行技能を持ち、HPがある程度減少するとダメージ反射のバフが付与される。HP再生能力を持っている。
倒すと低確率で悪魔の血の結晶片をドロップする。
毒II+アーマー抑制(Inhibit)の効果を持つ弾を撃ってくる。
牛乳などで解毒しても攻撃のたびに毒を食らってしまう。
シェードエレメンタル
Shade Elemental
【召喚】内周:テネブレ6 ⇒ シェードエレメンタル
黄昏(≒闇)属性のエレメンタル。HPは100。飛行技能を持ち、HPがある程度減少するとダメージ反射のバフが付与される。HP再生能力を持っている。
倒すと低確率で悪魔の血の結晶片をドロップする。
プレイヤーの足元の周りをうろつき、盲目II+アーマー抑制(Inhibit)の効果を持つ弾を撃ってくる。
盲目になると敵の位置が分かりずらくなるが、ダメージを受けるわけではないのでまだ楽である。
召喚デーモン・低級
小さなアースゴーレム
Small Earth Golem
【召喚】内周:粘土 + テラエ2 ⇒ 小さなアースゴーレム
HPは10。HP再生能力を持っている。移動速度低下III+ノックバックの効果がある弾を撃ってくるため中々近づけない。
とはいえ召喚デーモンの中でもHPが最も低く、強い武器なら一撃で倒せてしまう。
倒すと100%の確率でデーモンクリスタルをドロップする。デーモンクリスタルの使用で再召喚、および調教が可能。
アイスデーモン
Ice Demon
【召喚】内周:クリスタロス3 + アクアサルス + サンクトゥス + テラエ ⇒ アイスデーモン
HPは30。HP再生能力を持っている。移動速度低下II+ノックバックの効果がある弾を撃ってくるため中々近づけない。
中々動きが素早い。
倒すと100%の確率でデーモンクリスタルをドロップする。デーモンクリスタルの使用で再召喚、および調教が可能。
低級ガーディアン
Lower Guardian
【召喚】内周:丸石2 + テラエ + テネブレ + 鉄インゴット + 金塊 ⇒ 低級ガーディアン
HPは30。HP再生能力を持っている。攻撃を食らうたびに上空に数ブロックだけノックバックして落下ダメージを食らう。遠距離攻撃を推奨。
倒すと100%の確率でデーモンクリスタルをドロップする。デーモンクリスタルの使用で再召喚、および調教が可能。
堕ちた天使
Fallen Angel
【召喚】内周:サンクトゥス3 + エーサー + テラエ + テネブレ ⇒ 堕ちた天使
HPは50。HP再生能力を持っている。ノックバックの効果がある弾を撃ってくる。
倒すと100%の確率でデーモンクリスタルをドロップする。デーモンクリスタルの使用で再召喚、および調教が可能。
ボルターフィスト
Boulder Fist
【召喚】内周:ステーキ2 + 骨 + テラエ + テネブレ + サンクトゥス ⇒ ボルターフィスト
HPは50。HP再生能力を持っている。ゴリラ的な容姿の生物。だが声はオオカミ。通常攻撃のみ。
倒すと100%の確率でデーモンクリスタルをドロップする。デーモンクリスタルの使用で再召喚、および調教が可能。
シェード
Shade
【召喚】内周:テネブレ3 + エーサー + ガラス瓶 + ガラス ⇒ シェード
HPは100。HP再生能力を持っている。短い間隔でノックバックの効果がある攻撃をしてくる。
倒すと100%の確率でデーモンクリスタルをドロップする。デーモンクリスタルの使用で再召喚、および調教が可能。
召喚デーモン・中級
有翼のファイアデーモン
Winged Fire Demon
【召喚】内周:ネザーラック + インセンディウム3 + エーサー + テネブレ
外周:マギカリス2 + ダイヤモンド + 金ブロック + ファイアチャージ + 石炭ブロック ⇒ 有翼のファイアデーモン

召喚デーモン。HPは200。HP再生能力を持っている。
ブレイズのような、着弾したブロックが燃え上がる火球にノックバックが付与されたものを撃ってくる。
幸い召喚場所はネザーではないだろうから、火炎耐性を付与し、水辺を作って消火できるようにしてから戦おう。
倒すと100%の確率でデーモンクリスタルをドロップする。デーモンクリスタルの使用で再召喚、および調教が可能。
バイルデーモン
Bile Demon
【召喚】内周:青くなったジャガイモ + 卵 + 生の豚肉 + 生の牛肉 + テネブレ + テラエ
外周:鉄ブロック2 + ダイヤモンド + クレピタス2 + テラエ ⇒ バイルデーモン

召喚デーモン。HPは200。HP再生能力を持っている。どう見てもゲーム"Dungeon Keeper"の同名モンスター。
鈍足だが攻撃速度が早くて痛い。攻撃にはノックバック付きなのだが、距離を置くことができるため逆に助けられる。
飛び道具が無いので遠距離攻撃で割りと簡単に倒せる。
倒すと100%の確率でデーモンクリスタルをドロップする。デーモンクリスタルの使用で再召喚、および調教が可能。
悪魔の都市に生息するモンスター
デーモン兵
Demon Grunt
儀式:Convocation of the damned(邪悪の集い)によって生成される悪魔の都市にスポーンする悪魔。
一つの都市からは単一属性のデーモン兵しかスポーンしない模様。守護兵はある程度討伐していると出現する上位種。
HP再生能力を持っている。デーモン兵は通常攻撃のほか、遠距離の魔法弾を撃ってくる。また各種エレメンタルと類似した攻撃を行う。
倒すと確率でLife Shard又はSoul Shardを落とす。
アイスデーモンは、移動速度低下IIを付与する弾を撃つ。
ファイアデーモンは、着弾すると燃え上がる弾を撃つ。
アースデーモンは、移動速度低下IIIを付与する弾と爆発弾を撃つ。
ウィンドデーモンは、上空吹き飛ばし効果を持つ弾を撃つ。
アイスデーモン兵
Ice Demon Grunt
ファイアデーモン兵
Fire Demon Grunt
アースデーモン兵
Earth Demon Grunt
ウィンドデーモン兵
Wind Demon Grunt
デーモン守護兵
Demon Grunt Guardian
アイスデーモン守護兵
Ice Demon Grunt Guardian
ファイアデーモン守護兵
Fire Demon Grunt Guardian
アースデーモン守護兵
Earth Demon Grunt Guardian
ウィンドデーモン守護兵
Wind Demon Grunt Guardian


祭壇のグレードアップ

MOD解説/BloodMagic/血の祭壇のグレード

チュートリアル

ver1.3.3-17 (Minecraft 1.7.10)
+...

・地下深く掘ってダイヤモンド、金、鉄などを採集しておく。ダイヤモンドは血の祭壇、弱いブラッドオーブ、儀式の占い棒などに必要。
  • ルーンを作るために大量の石の確保。例えばグレード3の血の祭壇を構築するには、石が28×8=224個必要である。
  • 血の祭壇、生贄のナイフを作る。
 血の祭壇のそばに立って、生贄のナイフを右クリックするとハート1つ=200LPで変換してくれる。
 初期状態の最大容量は1万+入出力タンク=12,000なので、約60個分のハートを消費して祭壇に血でいっぱいにしておこう。

血の祭壇 グレード1
  • ダイヤモンドを血の祭壇に載せて弱いブラッドオーブ(Weak Blood Orb)を作る。作成に2,000LP必要。
 血の祭壇にダイヤモンドを右クリックで乗せればいい。
 赤いパーティクルが出ていれば正常に動作している。
 白いパーティクルになっていたらLP=燃料切れ状態になり、進捗状況が減っていく。
 進捗状況が0%になると動作が完全停止=失敗。

  • ブラッドオーブを空中に向けて右クリック1回すると所有者登録され、初めて使用可能になる。
 Blood Magicではこの作業が必要なアイテムが多いので注意。

  • 石を血の祭壇に載せて、空の石版を作る。1,000LP。
 ホッパーを用いると同時加工が可能だが、必要なLP量も個数分だけ乗算される。

  • 血のルーン(Blood Rune)を8つ作る。
 弱いブラッドオーブ、石6、空の石版2を作業台で作る。

  • 血の祭壇の1段下、周囲8ブロックを空のルーンに交換する。
 これによって血の祭壇はグレード2にアップグレードされる。
 血のルーン1個につき石を8個使うため、グレード2にするには石が8×8=64個必要である。

グレード1でできる他のこと
神託の印章
Divination Sigil
空中や血の祭壇を右クリックすることで、LPやソウルネットワークの容量などの各種情報が表示される。工業系MODでいうところのアナライザーのようなもの。必須。
溶岩のクリスタル
Lava Crystal
ソウルネットワークのLPを消費して使う燃料。現状では不要だが中盤で中間素材として必要になる。
溶岩の印章
Lava Sigil
LP消費して溶岩を生成する。材料に溶岩のクリスタルが入っている。後半黒曜石が大量に必要なのであっても良い。放火テロに注意。
水の印章
Water Sigil
LP消費して水を生成する。バニラ環境でも無限水源があるのだが・・。
瀉血者のパック
Blood Letter's Pack
瀉血(しゃけつ)者のパック。胴装備で、装備しているとHPが徐々に減少する代わりにLPを1万LPまで貯蔵してくれる。HPは50%になると動作が停止する。血の祭壇に載せると貯めたLPを流し込める。
ライフエッセンス入りバケツ
Bucket of Life
血の祭壇にバケツを載せると作れる。1,000LPでバケツ1杯のライフエッセンス。
錬金術具一式
Alchemic Chemistry Set
BloodMagic版の強化醸造台。この段階ではバニラのアイテムを精製するレシピが一部利用できる程度。木炭5個→石炭5個に変換できたりする。
木灰
Wood Ash
木灰(きばい)。焚くことで、香による生贄のダガーの一時的なエンチャントが発生する。木灰はLPの変換効率が20%アップする。
香のるつぼ
Incense Crucible
香を手に持って香のるつぼを右クリックすることで香を焚くことができる。数分間の間この香のるつぼの周囲±5ブロックにいると、生贄のダガーが一時的にエンチャントされる。


血の祭壇 グレード2
  • グレード2の血の祭壇でやれることは増えるのだが、グレード3への通過点としておきたい。
 早急にグレード3にすることを推奨する。

  • サクリファイスダガーを作る。グレード2の血の祭壇に鉄の剣を載せ、3,000LPを消費すると生成される。
 血の祭壇本体から±2ブロックの範囲に限り、この武器(のように見えるアイテム)でMOBを倒すと即死する上にLPに変換される。
 スポーンブロックを用いたトラップタワー等があれば、処理部分に設置するとLP回収しやすい。
 ※子供MOBは倒せない。

  • エメラルドを血の祭壇に載せて見習いのブラッドオーブ(Apprentice Blood Orb)を作る。作成に5,000LP必要。
 エメラルドは村人との交易や、山岳(Extreme Hills)バイオームで採掘することによって入手できる。
 空中右クリックによる所有者登録を忘れずに。

  • ライフエッセンス入りバケツ(Bucket of Life)を作る。1000LP消費。
 グレード1以上の血の祭壇にバケツを載せると作ることができる。
 単位換算は以下のようになる。
 バケツ1杯=1000mB(ミリバケツ)=1000LP

  • 強化された石版(Reinforced Slate)を作る。
 グレード2以上の血の祭壇で石⇒空の石版に加工したものを、そのままにしておくと空の石版⇒強化された石版にさらに変化する。
 1つ作成するのにLPを2,000消費する。

  • 生贄のルーン(Rune of Sacrifice)、または自己犠牲のルーン(Rune of Self-Sacrifice)を作る。
 生贄のルーンはサクリファイスダガーによるMOBからの抽出。
 自己犠牲のルーンは生贄のダガーによる自傷用。
 それぞれの効率アップに用いる。
 血のルーンから置き換えることでルーン1個につき変換効率が10%加算される。
 効率アップのため、どちらかを4個ほど(つまりLP変換効率が140%になる)作成しておきたい。
※グレード2のとき限定の問題で、血の祭壇の東西南北にある4個のルーンのみ特殊効果が発揮される

 生贄のルーンは作業台で、強化された石版2、金インゴット2、石4、見習いのブラッドオーブで作ることができる。
 自己犠牲のルーンは作業台で、強化された石版2、グロウストーンダスト2、石4、見習いのブラッドオーブで作ることができる。

  • 血の祭壇をグレード3にアップグレードする。
 組み上げるにはグレード2の祭壇に、さらに血のルーン(Blood Rune)を20個設置する必要がある。
 とりあえず血のルーンだけで組み上げよう。10個作成するには空の石版×20個必要となり、20,000LP必要となる。
 下図のように並べる。4つの角の塔はどんなブロックでもよいが、最上部をグロウストーンにする必要がある。
 横から見ると血の祭壇より一段高くなっている。


 グレード3の血の祭壇が組み上がったら、徐々に生贄のルーン(Rune of Sacrifice)、または自己犠牲のルーン(Rune of Self-Sacrifice)に交換していく。
 最終的に10~15個程度(=LP変換効率200~250%)にしておく。
 血のルーンは1個あたり2,000LPで作成できるが、上記のルーンは1個あたり6,000LP必要となる。
 先に血のルーンでグレード3を組み上げて、順次交換していくほうが効率がよい。

グレード2でできる他のこと
識別の印象
Sigil of Sight
神託の印章の強化版で、血の祭壇の進捗状況などが視認できるようになる。逆に見えなくなってしまう項目もあるため両方持っておきたい。
風の印章
Air Sigil
右クリックで視界の方角に吹っ飛ぶ。”浮遊”というよりは”吹き飛ぶ”。上方を向いて飛べばロケットのように飛び上がる。連続使用することで空中での高速飛行が可能。

Water Sigil
LP消費して水を生成する。バニラ環境でも無限水源があるのだが・・。
スペルテーブル
Spell Table
血の祭壇、スペルテーブル、各種の頭ブロックを用いてマジックアイテムを作ることができる。頭ブロックさえ入手できれば・・・。
無銘のクリスタル
Unbound Crystal
上記のスペルテーブルとセットで使用する。ガラスを血の祭壇に載せることで作成される。


血の祭壇 グレード3
血の祭壇がグレード3になったら、とりあえずは魔術師のブラッドオーブ(Magician Blood Orb)を作りたい。
全てはそれからである。
そして、儀式:Well of Suffering(苦痛の井戸)が解禁されるグレード4まで早急に進めたい。

  • 魔術師のブラッドオーブ(Magician Blood Orb)を作る
 血の祭壇に金ブロックを載せて魔術師のブラッドオーブを作る。グレード3および2万5000LP。
 ここで必要LPが急に増大するので、再生のポーションなどを作っておいてLPを注ぎ足す必要がある。

方法1:生贄のダガーと再生ポーション(再生能力II)で
血の祭壇に血を注ぎきって10,000LP溜まっていることを確認する。満腹度も最大にしておく。
再生のポーションを飲んでから金ブロックを載せて、ハート1個以下の時に生贄のダガーを使用しないように注意しながら”LPを継ぎ足す”。
再生のポーションが切れたら即座に次のポーションを使おう。
かなりギリギリの作業となる。神託の印章でLP残量をチェックするような余裕はない。
ちなみに香のるつぼは、徐々に回復する再生のポーションと相性が悪いため使用しない。
再生のポーションを作るためにはガストの涙、グロウストーンダスト、ネザーウォートが必要になる。


方法2:生贄のダガーと治癒のポーション(即時回復II)で
血の祭壇に血を注ぎきって10,000LP溜まっていることを確認する。満腹度も最大にしておく。
香のるつぼに木灰を入れてから血の祭壇に金ブロックを載せる。生贄のダガーを使用したら治癒のポーションを使用。
HPが全快になる度に生贄のダガーを使用する。
生贄のダガー1回使用につき、ハート9個分=1,800LP×250%×120%=5,400LP となる。
25,000LPを達成するには、開始前の10,000を差し引いても3回は使う必要がある。
治癒のポーショを作るためにはきらめくスイカ、グロウストーンダスト、ネザーウォートが必要になる。


方法3:サクリファイスダガーとトラップタワーで
トラップタワーに詰め込めるだけのモンスターを集める。血の祭壇の上に集まるように水流などで調節する。

血の祭壇に血を注ぎきって10,000LP溜まっていることを確認する。満腹度も最大にしておく。
血の祭壇に金ブロックを載せてから、サクリファイスダガーでモンスターを切り続ける。
プレイヤーのHPも足しになるので、生贄のダガーも使う。
スポーンブロックなどを発見できていればこの方法もいいだろう。


方法4:サクリファイスダガーで村人を殺戮
村人を10人集めて血の祭壇の上に立たせる。
血の祭壇に金ブロックを載せてから、サクリファイスダガーで村人を切り続ける。
村人は特例として、1人当たり2,000LPの変換量を誇る。10人いれば20,000LP分になる。

  • 染みこんだ石版(Imbued Slate)を作る
 石⇒空の石版(1,000LP)⇒強化された石版(2,000LP)⇒染みこんだ石版(5,000LP) と強化する。
 石版1枚だけで合計8,000LPも消費する計算になる。

  • 容量増加のルーン(Rune of Augmented Capacity)を作る
 染みこんだ石版、石4、バケツ3(作成後、バケツは帰ってこない)、魔術師のブラッドオーブで作る。
 魔術師のブラッドオーブが出来て初めて作成できる、血の祭壇の容量をアップするルーン。
 1個につき最大容量が+20%アップする。
 次のグレード4のブラッドオーブ、熟練者のブラッドオーブ(Master Blood Orb)を作るのが当面の目標。
 作成するために必要なLPは40,000LPなので、グレード4の血の祭壇ができた時までに10~15個(=最大容量300~400%)ほど作成しておきたい。
 ひとまず血のルーンを5~10個程度まで、このルーンに交換しておこう。
 ※後々このルーンは容量増加のルーン(Rune of Augmented Capacity)に置き換えることになるのだが、材料として容量増加のルーンを用いるので無駄にはならない。

  • 貯蔵の印章(Sigil of Holding)を作る
 複数個の印章をひとまとめにできる印章。
 染みこんだ石版、空の石版4、石3、魔術師のブラッドオーブで作る。

  • 儀式石(Ritual Stone)を作る。
 黒曜石4、強化された石版4、見習いのブラッドオーブから4個作ることができる。
 グレード2の段階でも作成できるのだが、グレード3になってからでよい。
 とりあえず28個(マスター儀式石に4個使用するため24個)作っておきたい

  • マスター儀式石(Master Ritual Stone)を作る。
 黒曜石4、儀式石4、魔術師のブラッドオーブから1個作ることができる。
 このブロックが無いと儀式が行えない。
 とりあえず1個あればよい

  • 4種類の精霊の筆記具を作る。マグマクリーム、ラピスラズリブロック、ガストの涙、黒曜石から
 精霊の筆記具:火、水、風、土を作る。
 これらの筆記具を、設置した儀式石に右クリックすることで色付け+属性を付与できるのだが、普通はこのまま使用せず儀式の占い棒に加工して使う。

  • 儀式の占い棒(Ritual Diviner)を作る。
 上記4種類の精霊の筆記具、ダイヤモンド3、エメラルドを材料として作る。これで儀式石の配置と染色を全自動で行える。
 この段階で、黄昏、暁の儀式石を用いない儀式がほぼ解禁される

  • 儀式の解体棒(Ritual Dismantler)を作る。
 上記の儀式の占い棒(Ritual Diviner)にレッドストーントーチ2個を作業台で組み合わせることで作られる。
 儀式石が完全に組み上がった状態のマスター儀式石に、この儀式の解体棒を右クリックすると
 全ての儀式石を回収することができる。
 作成コストが高めだが、非常に便利なので作っておきたい。

  • 溶岩のクリスタルから弱い起動クリスタル(Weak Activation Crystal)を作る
 溶岩入りバケツ3、黒曜石2、ダイヤモンド、ガラス2、弱いブラッドオーブから溶岩のクリスタルを作る。
 血の祭壇で溶岩のクリスタルを載せると、10,000LPで作成できる。
 儀式を起動するには、マスター儀式石をこのアイテムで右クリックする必要がある。
 初めて使う際には、必ず空中を右クリックして所有者登録をすること!

  • 儀式:Ritual of Binding(結合の儀式)を組み上げる
 マスター儀式石1個、儀式石24個で組み上げる。儀式の占い棒が自動的に組み上げてくれる。
 儀式の起動にはソウルネットワークに5,000LPと、弱い起動クリスタル(Weak Activation Crystal)が必要。
 ソウルネットワークにLPを供給するには、血の祭壇にブラッドオーブを乗せればよい。

  • 結合した剣(Bound Blade)を作る
 起動させた儀式:Ritual of Binding(結合の儀式)の、マスター儀式石の上にダイヤの剣を載せると結合した剣が生成される。
 ※たまに儀式の落雷によって結合した剣が焼失してしまうことがある。
 儀式発動中のマスター儀式石の上や周囲を、左クリックして火消しをしておこう。
 無事作成できたらエンチャントも行っておこう。

この剣をアクティブ化(Activate)して敵性モンスターを倒すと弱い血の結晶片が入手できる。
 これは血の祭壇のグレード4のための素材、およびグレード4のブラッドオーブの素材となる。
 アクティブ化している間中、ソウルネットワークのLPを50LP/4秒消費し続けるため、戦闘中以外では非アクティブ化(Deactivate)しておくこと
 また、一振りするごとに50LP消費し続ける。LPに余裕がない序盤などでは使用を控え目にしておきたい。

グレード3でできる他のこと

血の祭壇 グレード4
弱い血の結晶片と石を作業台で加工して大きなブラッドストーンレンガを作る。
グレード3の血の祭壇では”塔”の部分にグロウストーンを用いたが、グレード4ではこのブラッドストーンレンガを用いる。

  • 熟練者のブラッドオーブの作成。
弱い血の結晶片をグレード4の血の祭壇に載せ、40,000LPを消費して作成できる。
初期状態の血の祭壇の容量の10,000LPの4倍もあるため、容量増加のルーン(Rune of Augmented Capacity)を用いて4倍近くまで
血の祭壇の最大容量をアップしておく必要がある。

  • 悪魔の石版を作る。
染みこんだ石版の強化版。15,000LP消費することになる。
石から加工する場合なら1,000+2,000+5,000+15,000=23,000LP必要になる。

追加インターフェース・詳細解説

魔導設備ブロックの基本操作

ブロックタイプの設備の設置や操作について
+...

大抵の魔導設備は、アイテムを手に持って右クリックすることでアイテムを配置することができる。
また、手に何も持たずに右クリックすることで配置したアイテムを取り出すことができる。

アイテムの配置と取り出し
魔導設備ブロックの撤去には基本的にツルハシが必要。鉄のツルハシが必要なものもあるので注意すること。

回収手段 一例
素手で回収可能 錬金術具一式、錬金術リレー、ガラス鐘など
木のツルハシで回収可能 血の祭壇、スペルテーブル、錬金術煆焼炉、合成魔術ブロック、香のるつぼ、ソウルアーマーフォージ、ブラッドストーンレンガ、クリスタルクラスター、グリフブロックなど
鉄のツルハシで回収可能 儀式石、マスター儀式石、簡易儀式石、ルーン各種、秘儀のペデスタル、秘儀の台座、空のソケット、満たされたソケットなど

手による右クリックでは1個ずつのみ搬入することができるが、ホッパーやアイテムパイプを用いると1スタックごとに搬入することができる。
ただし、消費するLPは消費LP×材料の個数分消費するので注意したい。
搬入はどの面からでも行える。

問題は搬出である。残念ながら、ホッパー等を取り付けると加工前でも加工後でも、問答無用で排出されてしまう。
アイテムの搬出
加工前の"材料"が搬出されてしまう

工業系MODを用いる、儀式:Orchestra of the Phantom Hands(亡霊の手によるオーケストラ)を用いるなどして完成品のみを搬出するようにフィルタリングを行えば、一応自動化できなくもない。
例えば石を搬入、空の石版を搬出、というように設定することで、石が空の石版に加工された時点で搬出が行われる。
自動製造機のサンプルを以下に示しておきます。
石版とルーンの自動製造
レッドストーン信号による制御で自動化している

(黄色のパイプ=LPを液体として供給 白色のパイプ=アイテム搬入と搬出 白色と青色のパイプ=レッドストーン信号の送信)
多少複雑になってしまっているが、作成時のみアイテムの搬入搬出を許可するようレッドストーン信号を送信しているというだけの話である。
(図ではApplied Energistics 2のMEレベルエミッターにCrafting Cardを取り付けたものを使用している)。

アイテムの基本操作とユーザー登録

アイテムタイプの魔法具の登録や操作について
+...

アイテムタイプの魔法具は基本的に右クリックすることで使用することができる。
対象に向かって使用するものでなければ空中に向けて右クリックすると良いだろう。

一部アイテムにはユーザー登録が必要なものがある。そして一部のアイテムはユーザー登録しないと動作しないものがある
ユーザー登録には空中に向かってShift+右クリックすればよい。
登録済みになると下図のようにアイテムの説明文に所有者名=Minecraftのユーザー名が表示される。
この問題は起動クリスタルなどでよく発生すると思われる。
ユーザー登録されたアイテム

アイテムによっては右クリックして使用するもの以外に、右クリックでON/OFFを切り替える(トグル)タイプのものがある。
アイテムの説明文にDeactivated(非アクティブ)、Activated(アクティブ)と書かれたものがそれだ。
アクティブ化が必要なアイテム
(図は結合した剣)

このタイプのアイテムは、ON状態にしている間はLPを消費し続けるので使用する時だけONにするよう心がけよう。
またこのタイプのアイテムは、ON状態になると色や形状が変化する。
アクティブ化による見た目の違い
(ActivatedがON状態)

血の祭壇(Blood Altar)

LP搬入、搬出方法

+...

血の祭壇へのLP搬入
一般的なものは、生贄のナイフ(Sacrificial Knife)またはサクリファイスダガー(Dagger of Sacrifice)によるものだろう。
生贄のナイフ(Sacrificial Knife)は自分のHPを削り、サクリファイスダガー(Dagger of Sacrifice)は他生物を殺害することでLPに変換する。
どちらも血の祭壇から±2ブロック以内に対象者が居なければならない。

胴装備である瀉血者のパック(Blood Letter's Pack)は、装備しておくとプレイヤーのHPを50%まで削る代わりに、削ったHP分をLPに貯蔵するというアイテムである。
これを血の祭壇に載せることで、溜め込んだLPを血の祭壇に流し込むことができる。
最大貯蔵量は10,000LPとなっている。

儀式:Well of Suffering(苦痛の井戸)を用いると、効果範囲内にいる生物のHPを徐々に削ってLPに変換、付近にある血の祭壇にLPを供給する。
ソウルネットワークから2LPを消費して、10LPを供給する。
※この儀式はプレイヤーには効果がない。
儀式:Ritual of the Feathered Knife(フェザーナイフの儀式)を用いると、効果範囲内にいるプレイヤーのHPを徐々に削ってLPに変換、付近にある血の祭壇にLPを供給する。
HP1=100LPの変換効率。ハート1個=HP2なので、つまり生贄のナイフと同等である。

ソウルネットワークへの搬出
血の祭壇にブラッドオーブを右クリックで載せることで、血の祭壇のLPをソウルネットワークへと移動することができる。
血の祭壇のグレード≦ブラッドオーブのグレードでなければ供給することができないので注意しよう。

ソウルネットワークからの再搬入
基本的にソウルネットワークへと搬出したLPは血の祭壇に戻すことはできないものと考えて良い。
唯一、儀式:Cry of the Eternal Soul(永劫なる魂の慟哭)を用いることで一応血の祭壇に戻すことができる。
起動するために200万LPを消費。ソウルネットワークのLPを2消費して1LPを供給と、中々効率が悪い。

詳細な内部構造

血の祭壇の内部的な機能や構造について解説する。
+...

基本構造
血の祭壇はライフエッセンスを燃料とする加工施設である。
それと同時に、ライフエッセンスを採取する生成施設も兼ね備えている。
図示すると以下のようになる (便宜的に加工施設にかまどのCGを使用している)。
mBとは液体の容量を表す単位。
バケツ1杯=1,000mB(ミリバケツ)という、工業系MODの概念である。

ライフエッセンス入りバケツ1杯=1,000mB=1,000LP
という換算式になっている。つまり1mB=1LP、10,000mB=10,000LPである。

入出力タンクについて
初めて血の祭壇を設置した時に、祭壇に血が貯まらない事があったはずである。
これは血の祭壇の内部に小型の液体タンクが2つ内蔵されているためである。工業系MODの流体パイプと接続する際のバッファとして機能するタンクである。
図示すると以下のようになる。
ライフエッセンスを流し込んでも最初は出力タンクに流れ込んでしまうため、出力タンクが満タン(1,000LP=1,000mB)に達するまでメインタンクに貯まらないのである。

ルーンについて

血の祭壇の周囲にルーンと呼ばれるブロックを配置することで祭壇をグレードアップできる。
ここでは難解なルーンの仕組みについて解説する。
+...

血の祭壇をグレードアップする際に設置する血のルーンなどのブロックを総称してルーンと呼ぶ。
基本の血のルーンから、様々な機能を持ったルーンに交換することによって血の祭壇をカスタマイズすることが可能である。
これらのルーンの中で難解なものを解説する。

工業系MODとの連携(転移のルーン(Rune of Dislocation)、加速のルーン(Speed Rune))
BloodMagicのライフエッセンスは、1LP=1mBの液体として扱われているため、工業系MODの液体パイプやタンクとの連携が可能である。
利用する際に問題なのが、血の祭壇内部にあるパイプである。
このパイプは
「1tickに20LPを流す、という動作を20tickに1回行う。」

という仕様になっている。
”tick”とはMinecraftの世界での時間の最小単位で、20tick=1秒である。
これらを全体的に見れば20LP/秒の運搬速度となる。
この初期の運搬速度は非常に遅いため、実際に運用するにはルーンを用いてブーストする事が必要不可欠である。
以下に転送効率アップの効果があるルーンを示す。
名前 説明
転移のルーン
Rune of Dislocation
血の祭壇の入出力に用いる内部パイプは20 LP/20tick=1秒なのだが、このルーンによって転送効率が20%アップする。
乗算であり、2個組み込むと144%(28LP/秒)、3個組み込むと172%(34 LP/秒)となる。
加速のルーン
Rune of Acceleration
血の祭壇の入出力に用いる内部パイプは20LP/20tick=1秒だが、このルーンによって転送効率が-1tickアップする。
加算であり、2個組み込むと-2tick(20 LP/18tick)、3個組み込むと-3tick(20 LP/17tick)となる。最大効果は19個で20LP/1tickとなる。それ以上に増設しても効果なし。

転移のルーン(Rune of Dislocation)
転移のルーンは単純に1回ごとの転送量をアップするルーンである。
問題は大量に設置した場合、入出力タンクの容量をオーバーしてしまい、余剰分の転送容量が無駄になってしまう。
計算すると22個設置した時点で20×(120%)^22=20×55.206=1104LP/秒 となり
22個の状態で、転送量が入出力タンクの容量より多くなる。

この問題は血の祭壇の容量を増加させるルーンを設置することで解決する。
血の祭壇の容量を増加させる容量増加のルーン、および容量倍加のルーンは同時に入出力タンクの容量も増加させることができる。
前述の転移のルーン×22個設置した場合、1回の転送量が1104LP/秒となる。
容量増加のルーンを1個設置すると、入出力タンクの容量が20%アップして1,200LPとなり必要十分になる。

加速のルーン(Speed Rune)
入出力のパイプは1tickに20LPを流す、という動作を20tickに1回行うという性能である。
つまり、1tick輸送-19tick停止-1tick輸送-19tick停止
とループしている。
この停止時間を短縮するのが加速のルーンである。
ルーンの設置個数 0個 1個 5個 10個 15個 19個 25個
パイプの動作停止時間 19tick 18tick 14tick 9tick 4tick 0tick 0tick
1秒あたりの転送量 20LP/秒 21.05LP/秒 26.67LP/秒 40LP/秒 80LP/秒 400LP/秒 400LP/秒
設置数が19個に近づくにつれて、指数関数的に転送量が増加する。
ただしルーンの機能上、19個以上設置しても効果が無いので注意。

血の祭壇のLP容量増設(容量増加のルーン(Rune of Augmented Capacity)、容量倍加のルーン(Rune of Superior Capacity))
たとえ血の祭壇をグレードアップしても、血の祭壇のメインタンクの容量は10,000LPの固定値である。
グレード3の血の祭壇で作る魔術師のブラッドオーブ(Magician Blood Orb)ですら、既に25,000LP必要となっており祭壇の容量を軽くオーバーしている。
そのため中盤では血の祭壇の内部タンクの容量増設が課題となる。
血の祭壇のタンク容量を増設するには、以下の方法がある。
  • 工業系MODを用いて外部タンクを増設する
  • ルーンを用いて増設する

ここではルーンによる容量増設を解説する。
利用するルーンは容量増加のルーン(Rune of Augmented Capacity)および、容量倍加のルーン(Rune of Superior Capacity)である。
それぞれ血の祭壇のグレード3、およびグレード4で作成できる石版が含まれているため、血の祭壇グレード3以降の話となる。
名前 説明
容量増加のルーン
Rune of Augmented Capacity
血の祭壇のLPの最大貯蔵容量は10,000 LPの固定値で、グレードを上げても変わらない。
このルーンを組み込むと最大貯蔵容量が20%アップする。加算であり、2個組み込むと140%(14,000 LP)、3個組み込むと160%(16,000 LP)となる。
容量倍加のルーン
Rune of Superior Capacity
血の祭壇のLPの最大貯蔵容量は10,000 LPの固定値で、グレードを上げても変わらない。
このルーンを組み込むと最大貯蔵容量が10%アップする。乗算であり、2個組み込むと121%(12,100 LP)、3個組み込むと133%(13,310 LP)となる。
少数のルーンを増設した段階では容量増加のルーンの方が容量アップを見込める。
だが大量にルーンを導入すると増加率が逆転することになる。逆転する個数は15個目。
ルーンの設置個数 1個 5個 10個 14個 15個 20個 30個
容量増加のルーン
Rune of Augmented Capacity
12,000 20,000 30,000 38,000 40,000 50,000 70,000
容量倍加のルーン
Rune of Superior Capacity
11,000 16,105 25,937 37,974 41,772 67,274 174,494
ちなみに容量増加、容量倍加のルーンを組み合わせても、別々に計算されてから合算される
増加2個、倍加2個の場合 10000×{ (10%+10%)+(110%×110%) }=2000+11210=13210
となる。

無銘のクリスタル(Unbound Crystal)について

無銘のクリスタル(Unbound Crystal)は多種多様な魔法を発動させるマジックアイテムである。
クリスタル1個につき1つの効果を登録することができる。判明している組み合わせ一覧を紹介する。
+...

まず、必要な物は以下の通り
  • 血の祭壇
  • 無銘のクリスタル
  • スペルテーブル
  • モンスターの頭ブロック
  • ソウルネットワークに十分なLP

はじめ血の祭壇を構築する。グレードは1でいいのだが血を注いではいけない
血を注いでしまうと、特定のアイテムを載せた時に血の祭壇によるクラフトが始まってしまうためである。
スペルテーブルにモンスターの頭ブロックを、血の祭壇にアイテムを載せることで魔法が完成する。
次に血の祭壇の横にスペルテーブルを設置して、無銘のクリスタルを手に持ってスペルテーブルに向かって右クリックする。
この操作によってスペルテーブルの座標が無銘のクリスタルに登録され、スペルテーブルで構築した魔法が無銘のクリスタルで発動できるようになる。
配置例火打石と打金+ゾンビの頭


現在判明している頭ブロックとアイテムの組み合わせは以下の通り。
組み合わせ一覧 スケルトンの頭蓋骨 ウィザースケルトンの頭 ゾンビの頭 クリーパーの頭
火打石と打ち金 着弾地点を3×3に広がって燃やす弾を1つ撃ちだす。300LP 3×3=9個の火の弾を撃ちだす。着弾すると燃える。900LP プレイヤーの周囲±2ブロックにいる生物に火をつける。1,200LP プレイヤーの足元の、上下左右±1ブロックに火をつける。自分の足元にも火が点くので注意。300LP
5~6ダメージを与える弾を撃ちだす。300LP 5~6ダメージを与える弾を水平5ブロックに飛ばす。600LP プレイヤーの眼前に5×5×1ブロックの氷の壁を作る。450LP プレイヤーのを中心とした7×7×7ブロックの水を氷に変える。200LP
TNT 着弾点が爆発する弾を撃ちだす。1,200LP
破壊対象:地形○生物○プレイヤー○
プレイヤーの眼前を爆発する。1,500LP
破壊対象:地形○生物○プレイヤー×
プレイヤーの周囲を爆発する。5,700LP
破壊対象:地形×生物○プレイヤー×
プレイヤーを中心とした広範囲爆発。生物とブロックを爆発で吹き飛ばす。ついでにプレイヤーも。4,500LP
破壊対象:地形○生物○プレイヤー○
ガストの涙 対象に”十数ブロック上空に吹き飛ばす”弾を撃ちだす。900LP 右クリックした相手を上空17ブロック程度まで吹き飛ばす。1,200LP プレイヤーの視界の方向へ、プレイヤーが30ブロックだけ吹き飛ぶ。
強力になった風の印章。900LP
プレイヤーの周囲±3ブロック程度の生物を上空に吹き飛ばす。1,500LP
グロウストーンダスト 8ダメージを与える弾を撃ちだす。75LP
効果なし。150LP
雨を降らせる。200LP
効果なし?400LP
プレイヤーの周囲にランダムに雷を落とす。2,100LP 着弾点に雷を落とす弾を撃ちだす。2,100LP
水入りバケツ 生物に8の即時ダメージと、累計6ダメージになる継続ダメージを付与する弾を1つ撃ちだす。250LP
効果なし。500LP
前方にいる生物に累計9ダメージになる継続ダメージを付与する弾を3つ撃ちだす。溺れによるダメージ。350LP
効果なし。700LP
プレイヤーの近くにいる生物に累計12ダメージになる継続ダメージを付与する。更に近くにいる他の生物がいると効果が伝播する。500LP
効果なし。1,000LP
プレイヤーの足元から左右に±2ブロックの範囲に水源を設置。750LP
効果なし。500LP
黒曜石 8ダメージを与え、移動速度低下IIIを3秒間付与する弾を撃ちだす。300LP 3のダメージを与え、移動速度低下IIIを4秒間付与する弾を9個撃ちだす。450LP プレイヤーの周囲5×5×高さ4の、中が中空になっている石ブロックの壁を生成する。頭頂部はガラスブロック。1,050LP プレイヤーの周囲7×7×高さ3ブロックにある水を、土または砂に変換する。600LP
エンダーパール 弾丸の着弾位置にプレイヤーをテレポートさせる。生物にあたった場合は位置の入れ替えが起こる。500LP
効果なし。1,000LP
生物をランダムにテレポートさせる弾を撃ちだす。300LP
効果なし。600LP
プレイヤーをランダムな場所にテレポートさせる。500LP
効果なし。1,000LP
プレイヤーの周囲の生物をランダムでテレポートさせる。1,000LP
効果なし。2,000LP
見習いのブラッドオーブ 8ダメージを与える弾を撃ちだす。300LP プレイヤー前方に範囲攻撃。最大5ダメージ。900LP 8ダメージを与える弾をプレイヤーの周囲3ブロック程度の円形に撃ちだす。1,500LP プレイヤーを中心に周囲の生物にのみを爆発で吹き飛ばす。1,200LP
青字のものは1.0.1g(for Minecraft 1.6.4)での効果。クリエイティブモードでは消費LPは0になる。
黒字のものは1.3.3-17(for Minecraft 1.7.10)での効果。クリエイティブモードでは消費LPが2/3になる。

合成魔術の構築

合成魔術クリスタル(Complex Spell Crystal)による魔術構築
+...

全ての合成魔術ブロックにおいて、以下のような性質がある。
  • 設置した直後は、入力面が下、出力面が上となっている。
  • 右クリックすることで出力面の向きを操作できる。
  • Shift+右クリックすることで入力面の向きを操作できる。
  • パラダイム(飛翔体、自己強化、近距離、工具)ブロックは向きを変えるだけとなっており、入力~出力は常に一直線に並んでいる。

合成魔術ブロック
ブロック配置直後
合成魔術ブロック
向きの変更後
向きの判別が正確にできるだろうか・・・?分からなくなってしまったら、ツルハシで回収して再設置するとよいだろう。
実際に組み上げると下図のようになる。

合成魔術のサンプル


魔法の組み立てには以下のようにする
  1. パラダイム(飛翔体、自己強化、近距離、工具)を最初に設置する。
  2. 次に効果(水、火、風、土)→修飾器(標準、攻撃、防御、環境)の順番で並べる。
  3. 増幅、軽減、拡張はそれらの後ろに並べる。
  4. 更に機能を追加したい場合は2~3を繰り返す。
  5. スペル導管は合成魔術ブロックを接続するパイプの役目をする。入出力の概念は無く、設置しなくてもよい。
  6. 最後に一番最初のパラダイム(飛翔体、自己強化、近距離、工具)に向かって、合成魔術クリスタル(Complex Spell Crystal)で右クリックすることで魔術の登録が完了する。

※「粉砕する」という表記の場合、石→丸石or砂利→砂利or砂→砂 というように使用するたびにブロックが変化する。
※「溶解する」という表記の場合、丸石→石、砂→ガラス というようにかまどで精錬した時のブロックに変化する。
素材① 飛翔体生成機(Particle Generator)
素材② 効果 アイスメーカー
Ice Maker
ファイアクルーシブル
Crucible of Fire
ウィンドジェネレーター
Wind Generator
アースフォーマー
Earth Former
素材③修飾器 標準のスペル修飾器
Default Spell Modifier
弾が命中したブロックの前に氷ブロックが生成される。
足元以上の高さが必要。
弾が命中したエンティティが炎上する。 命中したエンティティを遠くに弾き飛ばす。 弾が命中したブロックとその周囲を破壊して消滅させる。
プレイヤーの足元より下には効果がない。
攻撃のスペル修飾器
Offensive Spell Modifier
弾が命中したエンティティに移動速度低下のデバフを付与する。 弾が命中したエンティティにの足元の空気を薄い溶岩にする。
飛翔体→アース→攻撃による穴掘り魔術と組み合わせたりするとよい。
弾が命中したエンティティにHeavy Heart(ジャンプ禁止)のデバフを付与する。 弾が命中したエンティティに1ダメージを与え、足元が土、砂、石などのブロックならばに穴を生成する。
防御のスペル修飾器
Defensive Spell Modifier
弾が命中したブロックの周囲に水があれば氷にする。
なければ雪ブロックが生成される。
弾が命中したブロックを溶解する。 合成魔術にシルクタッチを付与する。
飛翔体→アース→環境による採掘する魔術弾に、さらにこれを付与するとよい。
弾が命中したブロックを粉砕する。
環境のスペル修飾器
Environmental Spell Modifier
弾が命中するまでの弾道周囲の水を氷にする。
プレイヤーの足元の高さ以上でなければならないようだ。
弾が命中するまでの弾道周囲の水を蒸発させる。
プレイヤーの視線の高さ以上でなければならないようだ。
弾が命中したブロックの周囲のドロップアイテムを収集する。 弾が命中したブロックをツルハシやシャベルで掘ったようにしてドロップする。

素材① 自己強化機(Self Augmentator)
素材② 効果 アイスメーカー
Ice Maker
ファイアクルーシブル
Crucible of Fire
ウィンドジェネレーター
Wind Generator
アースフォーマー
Earth Former
素材③修飾器 標準のスペル修飾器
Default Spell Modifier
地面に氷柱を生成し、プレイヤーを持ち上げる。 プレイヤーを炎上させる。 プレイヤーを消火し、落下を無効化。 プレイヤーから1~5ブロック下のブロックのうち、一番上のブロックを足元までワープさせる。
岩盤も持ち上げられてしまうようだ?
攻撃のスペル修飾器
Offensive Spell Modifier
プレイヤーの周囲のエンティティに移動速度低下のデバフを付与。 プレイヤーにFlame Cloakのバフを15秒付与する。
プレイヤーに接触したエンティティは炎上する。
プレイヤーを前方に数ブロック進める。 プレイヤーの真下のブロックを粉砕する。
防御のスペル修飾器
Defensive Spell Modifier
プレイヤーにFlame Cloakのバフを15秒付与する。
プレイヤーに隣接している水が氷に変わる。
氷渡りエンチャントのような水上歩行もできる。
プレイヤーの足元の空気ブロックに薄い溶岩を生成する。
空気ブロックがない場合は生成されない。
プレイヤーの周囲のエンティティにHeavy Heart(ジャンプ禁止)のデバフを付与する。 プレイヤーに体力増強(HP増加)のバフと、Heavy Heart(ジャンプ禁止)のデバフを1分付与する。
環境のスペル修飾器
Environmental Spell Modifier
プレイヤーの前方および足元の3×3ブロックに氷を生成する。 プレイヤーの足元を炎上させる。
溶解する効果もあるらしいが確認されず。
プレイヤーの周囲のエンティティを放射状に吹き飛ばす。 プレイヤーを含めた、プレイヤーの周囲に弱体化のデバフをかける。

素材① 近距離集束機(Melee Aggregator)
素材② 効果 アイスメーカー
Ice Maker
ファイアクルーシブル
Crucible of Fire
ウィンドジェネレーター
Wind Generator
アースフォーマー
Earth Former
素材③修飾器 標準のスペル修飾器
Default Spell Modifier
対象エンティティのダメージ再受付間隔を短縮し、短時間にダメージを与えられるようになる。 対象エンティティを炎上させる。 対象エンティティを引き寄せる。 対象ブロックを砂のように落下させる。
攻撃のスペル修飾器
Offensive Spell Modifier
対象エンティティの足元に氷柱を生成して真上に浮き上がらせる。 対象エンティティに照射後、7秒程度で生物が爆発+空中に吹き飛ぶ。
地形破壊は起きない。
対象エンティティを前方に吹き飛ばす。 対象ブロックを粉砕する。
防御のスペル修飾器
Defensive Spell Modifier
プレイヤーの前に氷柱を生成する。 対象ブロックの周囲3×3ブロックに火をつける。 対象エンティティを上に押し上げる。 プレイヤーの前方2×3ブロックほどの壁を生成する。
材料はその下のブロックを掘り抜いている。
環境のスペル修飾器
Environmental Spell Modifier
ランダムな方向に向かって雪玉を発射する。ジョーク魔術。 指定した水源ブロックを蒸発させて消去する。 対象ブロックの周囲のドロップアイテムを収集する。 工業系MODに存在していれば、鉱石を対応する粉末にする。鉱石3倍化。

素材① 工具鍛造機(Tool Forger)
素材② 効果 アイスメーカー
Ice Maker
ファイアクルーシブル
Crucible of Fire
ウィンドジェネレーター
Wind Generator
アースフォーマー
Earth Former
素材③修飾器 標準のスペル修飾器
Default Spell Modifier
FrostTouchエンチャントを付与。 ブロックを精錬する。 斧として機能する。 ツルハシとして機能する。
攻撃のスペル修飾器
Offensive Spell Modifier
ダメージ増加(Sharpness)エンチャントを付与。 火属性(Fire Aspect)エンチャントを付与。 攻撃対象にHeavy Heart(ジャンプ不可)を付与する。 ブロックを破壊した時、ドロップせずに消滅する。
防御のスペル修飾器
Defensive Spell Modifier
メイスとして変形させた時、周囲のブロックに雪を積もらせる。 耐久力(Unbreaking)エンチャントを付与。 ノックバック(Knockback)エンチャントを付与する。 シャベルとして機能する。
環境のスペル修飾器
Environmental Spell Modifier
シルクタッチ(Silk Touch)エンチャントを付与。 Magma Plumeエンチャントを付与。 周囲のドロップアイテムを収集する。 採掘範囲を広げる。そのままでは効果がないので、増強、拡張ブロックが必要。

合成魔術の構築例
飛翔体→アース→環境→染み込んだ(増幅、拡張、軽減)×各4個→ウィンド→防御→ウィンド→環境→染み込んだ(増幅、拡張、軽減)×各4個
12×5×12ブロック程度の範囲をシルクタッチで掘り抜いて、自動回収する弾を撃つ合成魔術。1発につき2611 LP(軽減器がないと4848 LP)
内訳
  1. 飛翔体→アース→環境 ツルハシ/シャベル弾化
  2. 飛翔体→ウィンド→防御 シルクタッチ付与
  3. 飛翔体→ウィンド→環境 ドロップアイテム回収

自己→ウィンド→攻撃→染み込んだ(増幅、軽減)×各4→ウィンド→標準
高速飛行魔術。風の印章以上の速度で視線の方向に吹き飛ぶ。1発につき362 LP。セーフティとして落下ダメージ無効化を取り付けてみたが上手く行っていない。
内訳
  1. 自己→ウィンド→攻撃 視線方向へとプレイヤーを吹き飛ばし
  2. 自己→ウィンド→標準 落下無効、および消火(今回あまり意味がなかった)

飛翔体→ウィンド→攻撃→アース→攻撃→標準増幅×2→染み込んだ軽減×4→ファイア→攻撃→標準増幅×2→染み込んだ軽減×4
溶岩殺傷魔術。足元に5×1×5ブロックの穴を掘り、そこに溶岩を一時的に発生させる。1発につき368 LP。ウィンド→攻撃によるHeavy Heart(ジャンプ禁止)のデバフも付与するので登れない。
ノックバックの衝撃で溶岩池から外れやすいため、標準増幅器×2によって5×5ブロックまで拡大してある。
注意点としては石、土、砂などの一般的な土壌でないと掘り抜けないという点である。もちろん溶岩に耐性を持つ生物も倒せない。
内訳
  1. 飛翔体→ウィンド→攻撃 Heavy Heart(ジャンプ禁止)のデバフを付与。
  2. 飛翔体→アース→攻撃 着弾したエンティティの足元に穴を作る。標準増幅×2で5×1×5ブロック。
  3. 飛翔体→ファイア→攻撃 着弾したエンティティの足元にある空気ブロックに溶岩を一時的に発生。

気化エレメントの経路設定

錬金術ルーター、錬金術セグメンター、錬金術クレンザーの操作方法
+...

気化エレメントは錬金術煆焼炉(Alchemic Calcinator)によってエレメントを加工したものである。単位はARでエレメント1個につき1,000ARとなる。
他の魔導設備と同様に、右クリックでエレメントを搬入する。ホッパーやアイテムパイプを用いることで1スタックごとの搬入もできる。
作動させるにはブラッドオーブを入れておくことを忘れずにしよう。
錬金術煆焼炉
ホッパーによるエレメント供給


気化エレメント用の容器の種類
気化エレメントの容器には4種類ある。
気化エレメントの内容量は、後述の錬金術ルーター、セグメンター、クレンザー、および神託の印章(Divination Sigil)を容器に向けることで知ることができる。
名前 画像 説明
錬金術煆焼炉
Alchemic Calcinator
気化エレメント生成器。内部タンクが1個あり、内容量は4,000ARとなっている。
レッドストーン信号が入力されていると搬出を停止する
ガラス鐘
Crystal Belljar
気化エレメントを貯蔵するためのメインとなる容器。内部タンクが1個あり、内容量は16,000ARとなっている。
錬金術リレー
Alchemy Relay
中継装置となる容器。内部タンクが2個あり、各容量は2,000ARとなっている。
レッドストーン信号が入力されていると搬出を停止する
マスター儀式石
Master Ritual Stone
主に搬出先となる容器。儀式を起動させるためののブロックでもある。
内部タンクが3個あり、各容量は1,000ARとなっている。

内容量の表示
神託の印章による内容量の確認(2,740AR)


各種設定ツール
錬金術ルーター(Alchemic Router)
錬金術ルーターは最も基本的なツールで、気化エレメントの搬出元、搬入先を設定するために使用する。
  1. 空中に向けてShift+右クリックで初期化
  2. 気化エレメントが入った容器に向けてShift+右クリックすることで、気化エレメントの設定登録を行う。
  3. 搬出元の容器に向けて右クリック(1回目)することで、設定された気化エレメントの搬出元を設定
  4. 搬出元の容器に向けて右クリック(2回目)することで、設定された気化エレメントの搬入先を設定
必ずこの操作をすべて順番に行う必要がある
搬出元、搬入先は座標で記録されるため、装置を撤去する前に錬金術クレンザーで搬出元の設定を消去する必要がある
設定消去をせずに撤去した場所に再び設置すると、撤去前の経路情報を用いて気化エレメントが流通してしまう。


錬金術セグメンター(Alchemic Segmenter)
内部に複数のタンクを持つ容器に対して、詳細設定を行うツール。
  1. Shift+右クリックで気化エレメントの登録を行う。
  2. 対象ブロックに右クリックを行うごとに指定タンク数が増加する。

表示される数値は恐らく内部タンクの個数となっている。
数値 説明
(1) 1個の内部タンクに転送する
(2) 2個の内部タンクに転送する
(3) 3個の内部タンクに転送する
(0) 全ての内部タンクに転送する。デフォルト値

錬金術クレンザー(Alchemic Cleanser)
ブロックに登録された気化エレメントの経路情報を消去するツール。
対象に向かって右クリックすれば消去される。
よく分からなくなってしまったら、とにかくこのツールを使って消去すればよい。


設定例
例1
錬金術煆焼炉からガラス鐘へと気化エレメントを移動させる。
  1. 錬金術ルーターを空中に向けてShift+右クリック。情報の初期化。
  2. 錬金術ルーターを錬金術煆焼炉に向けてShift+右クリック。気化エレメントの設定をする。
  3. 錬金術ルーターを錬金術煆焼炉に向けて右クリック。搬出元の登録。
  4. 錬金術ルーターをガラス鐘に向けて右クリック。搬入先の登録。
例1 経路設定の完了後

例2
ガラス鐘Aとガラス鐘B(ぞれぞれAquasalus、Incendium)→錬金術リレーAに。ガラス鐘C(Crystallos)→錬金術リレーBに。
錬金術リレーAとBからマスター儀式石へと気化エレメントA、B、Cを全て移動させる。
  1. 錬金術セグメンターをガラス鐘Aに向けてShift+右クリック。Aquasalusに設定する。
  2. 錬金術セグメンターを錬金術リレーに向けて1回右クリック。Aquasalusの登録。
  3. 錬金術セグメンターをマスター儀式石に向けて1回右クリック。Aquasalusの登録。
  4. 錬金術セグメンターをガラス鐘Bに向けてShift+右クリック。Incendiumに設定する。
  5. 錬金術セグメンターを錬金術リレーに向けて1回右クリック。Incendiumの登録。
  6. 錬金術セグメンターをマスター儀式石に向けて1回右クリック。Incendiumの登録。
  7. 錬金術ルーターを空中に向けてShift+右クリック。情報の初期化。
  8. 錬金術ルーターをガラス鐘Aに向けてShift+右クリック。Aquasalusに設定する。
  9. 錬金術ルーターをガラス鐘Aに向けて右クリック。搬出元の登録。
  10. 錬金術ルーターを錬金術リレーAに向けて右クリック。搬入先の登録(ガラス鐘A→錬金術リレーA)。
  11. 錬金術ルーターを空中に向けてShift+右クリック。情報の初期化。
  12. 錬金術ルーターをガラス鐘Aに向けてShift+右クリック。Aquasalusに設定する。
  13. 錬金術ルーターを錬金術リレーAに向けて右クリック。搬出元の登録。
  14. 錬金術ルーターをマスター儀式石に向けて右クリック。搬入先の登録(ガラス鐘A→錬金術リレーA→マスター儀式石)。
  15. 錬金術ルーターを空中に向けてShift+右クリック。情報の初期化。
  16. 錬金術ルーターをガラス鐘Bに向けてShift+右クリック。Incendiumに設定する。
  17. 錬金術ルーターをガラス鐘Bに向けて右クリック。搬出元の登録。
  18. 錬金術ルーターを錬金術リレーAに向けて右クリック。搬入先の登録(ガラス鐘B→錬金術リレーA)。
  19. 錬金術ルーターを空中に向けてShift+右クリック。情報の初期化。
  20. 錬金術ルーターをガラス鐘Bに向けてShift+右クリック。Incendiumに設定する。
  21. 錬金術ルーターを錬金術リレーBに向けて右クリック。搬出元の登録。
  22. 錬金術ルーターをマスター儀式石に向けて右クリック。搬入先の登録(ガラス鐘B→錬金術リレーA→マスター儀式石)。
  23. ガラス鐘Cと錬金術リレーBについても同様の操作を行う。
例2 経路設定の完了後

召喚の手順

秘儀のペデスタル(Arcane Pedestal)、および秘儀の台座(Arcane Plinth)を所定の位置に配置することでエレメンタルや悪魔の召喚することができる。
ここでは台座の配置方法についての解説をする。
+...

名前 アイコンおよび配置図 説明
秘儀の台座
Arcane Plinth
中央に1つだけ配置する。
ここにはブラッドオーブを右クリックして載せておく。
エレメンタル、低級デーモンの召喚なら熟練者のブラッドオーブ(Master Blood Orb)を載せる。
中級デーモンの召喚ならば大魔術師のブラッドオーブ(Archmage's Blood Orb)を載せる。
秘儀のペデスタル
Arcane Pedestal
指定箇所に複数配置する。
ここにはエレメントやアイテムを載せる。
内周のみの召喚陣 低級の悪魔やエレメントタルを召喚するのに使用する。
5×5ブロックの平地が必要。
秘儀の台座(Arcane Plinth)×1個
秘儀のペデスタル(Arcane Pedestal)×6個
内周と外周の召喚陣 中級の悪魔を召喚するのに使用する。
13×11ブロックの平地が必要。
秘儀の台座(Arcane Plinth)×1個
秘儀のペデスタル(Arcane Pedestal)×12個
外周の秘儀のペデスタルは内周より1ブロック高い位置に設置する。
内周、外周、最外周の召喚陣
19×15ブロックの平地が必要。
秘儀の台座(Arcane Plinth)×1個
秘儀のペデスタル(Arcane Pedestal)×18個
外周の秘儀のペデスタルは内周より1ブロック高い位置に、最外周の秘儀のペデスタルは更に1ブロック高い位置に設置する。
内周、外周、最外周と外側に行くにつれて、秘儀のペデスタルを設置する高さを1ブロックずつ高い位置に配置する。
秘儀のペデスタルに載せるエレメント類の設置場所は、内周と書いてあれば内周のどこに設置しても構わない。
しかし内周と書いてあった場合は、外周や最外周に配置してはならない。
このルールは外周、最外周についても同様である。
すべてのアイテムの配置が完了すると召喚が開始される。
エレメントを載せた秘儀のペデスタルに順番に落雷が落ち、最後に中央の秘儀の台座の上で爆発が発生して召喚が完了する。
モンスターの出現場所は秘儀の台座の上。
飛行技能があるモンスターを召喚する場合は、密室にするといいだろう。

飼いならし方
エレメンタルを除く悪魔は、討伐時に必ずデーモンクリスタルをドロップする。
これを床に向けて右クリックすることで再召喚される。
再召喚された悪魔は野生のオオカミやヤマネコのように、こちらから攻撃しないかぎり敵対しない。
この状態の悪魔に弱いブラッドオーブを右クリックで与えることで飼いならすことができる。
ちなみにHPが100や200ある悪魔は半減する模様。

追加される実績

+ver1.3.3-17での実績
※血の祭壇で作成するものは、アイテムを床に落とすなどして一度手放してからインベントリに入れ直さないと実績解除されないので注意。

最初の一刺し!(Your First Prick!)
┃ 前提条件:なし
┃ 解除条件:生贄のナイフ/生贄のオーブを作る。両方同じアイテムであり、configで変更可能。

┗わずかに赤く輝く(Faintly Glowing Red)
  ┃ 前提条件:「最初の一刺し!」
  ┃ 解除条件:弱いブラッドオーブ(Weak Blood Orb)を手に入れる。血の祭壇を床に設置し、祭壇の近くで生贄のナイフを右クリックで自傷して2000LPを貯めてからダイヤモンドを載せる。実績解除されない場合は一度捨てる→拾ってみよう。
  ┃
  ┣もっと血を集めよう(Gathering More Blood)
  ┃  前提条件:「わずかに赤く輝く」
  ┃  解除条件:瀉血者のパック(Blood Letter's Pack)を作る。材料の空の石版は血の祭壇に石を入れて作る。
  ┃
  ┣無限の水!(Infinite Water!)
  ┃  前提条件:「わずかに赤く輝く」
  ┃  解除条件:水の印章(Water Sigil)を作る。材料の空の石版は血の祭壇に石を入れて作る。弱いブラッドオーブやバケツは作成後戻ってくる。
  ┃
  ┗グレード2への道(Stepping Towards Tier 2)
    ┃前提条件:「わずかに赤く輝く」
    ┃解除条件:英語表記では"Blank Rune"となっているが、血のルーン(Blood Rune)を作る。材料の空の石版は血の祭壇に石を入れて作る。弱いブラッドオーブやバケツは作成後戻ってくる。
    ┃
    ┗強くなろう(Getting Stronger)
      ┃ 前提条件:第2段階への道
      ┃ 解除条件:見習いのブラッドオーブ(Apprentice Blood Orb)を手に入れる。血の祭壇を第2段階にグレードアップしてから、エメラルドを血の祭壇に入れて作る。5000LP使用。
      ┃
      ┣他者の犠牲(Sacrificing Others)
      ┃ 前提条件:強くなろう
      ┃ 解除条件:サクリファイスダガー(Dagger of Sacrifice)を作る。グレード2の血の祭壇に鉄の剣を入れて作る。3000LP使用。
      ┃
      ┣錬金術具(Alchemical Chemistry)
      ┃ 前提条件:強くなろう
      ┃ 解除条件:錬金術具一式(Alchemic Chemistry Set)を作る。
      ┃
      ┣ヒュー!(Whoosh!)
      ┃ 前提条件:強くなろう
      ┃ 解除条件:風の印章(Air Sigil)を作る。材料の強化された石版は、空の石版をグレード2の血の祭壇に入れて再加工する。
      ┃
      ┗さらに強く(Even Stronger)
        ┃前提条件:強くなろう
        ┃解除条件:魔術師のブラッドオーブ(Magician's Blood Orb)を手に入れる。血の祭壇を第3段階にグレードアップしてから、金ブロックを血の祭壇に入れる。2万5000LP。血の祭壇の最大容量の1万では全く足りない。再生のポーションを飲むなどして「血を注ぎ足す」必要がある。
        ┃
        ┣全ての印章をこの手に!(Hold All The Sigils!)
        ┃ 前提条件:さらに強く
        ┃ 解除条件:貯蔵の印章(Sigil of Holding)を作る。材料の染みこんだ石版はグレード3の強化石版。オーブは魔術師のブラッドオーブ以上。
        ┃
        ┣Hemomancyではない(Not Quite Hemomancy)
        ┃ 前提条件:さらに強く
        ┃ 解除条件:合成魔術クリスタル(Complex Spell Crystal)を作る。「Hemomancy」とはBloodMagicの作者が過去に作ったMODのこと。弱い血の結晶片が必要なので、結合した剣必要。
        ┃
        ┣儀式作成(Ritual Making)
        ┃ 前提条件:さらに強く
        ┃ 解除条件:儀式の占い棒(Ritual Diviner)を作る。材料の4属性の属性筆記具は第3段階の血の祭壇で作る。
        ┃
        ┣破壊不可能(Uncrackable)
        ┃ 前提条件:さらに強く
        ┃ 解除条件:結合した(Bound)~シリーズの防具を作る。空のソケット(Empty Socket)に、グレード3の血の祭壇で3万LPを注ぎ込んで満たされたソケット(Filled Socket)を作る。ソウルアーマーフォージ(Soul Armour Forge)と一緒にバニラのゴーレムのように積み上げて作る。弱い血の結晶片を使うので結合した剣が必要。
        ┃
        ┣さらなる苦痛を(More Pain)
        ┃ 前提条件:さらに強く
        ┃ 解除条件:結合の儀式(Ritual of Bindng)で結合した剣(Bound Blade)を作る。この剣で敵性mobを倒すと、レアドロップで弱い血の結晶片(Weak Blood Shard)を入手できる。
        ┃
        ┗強大な力(Getting Very Strong)
          ┃ 前提条件:さらに強く
          ┃ 解除条件:熟練者のブラッドオーブ(Master Blood Orb)を手に入れる。
          ┃
          ┣悪魔召喚(Demon Spawn)
          ┃ 前提条件:強大な力
          ┃ 解除条件:デーモンまたはエレメンタルを召喚して倒す。召喚には秘儀のペデスタル(Arcane Pedestal)、および秘儀の台座(Arcane Plinth)を所定の配置に設置して、その上に所定のエレメントを設置する。
          ┃
          ┣空中散歩(Walking In Mid-Air)
          ┃ 前提条件:強大な力
          ┃ 解除条件:幻影橋の印章(Sigil of the Phantom Bridge)を作る。
          ┃
          ┣テレポーザー!(Teleposed!)
          ┃ 前提条件:強大な力
          ┃ 解除条件:テレポーザー(Teleposer)を作る。
          ┃
          ┣静まれ!(Suppress!)
          ┃ 前提条件:強大な力
          ┃ 解除条件:除去の印章(Sigil of Supression)を作る。
          ┃
          ┗強すぎる力(Too Strong)
            ┃前提条件:強大な力
            ┃解除条件:大魔術師のブラッドオーブ(Archmage's Blood Orb)を手に入れる。
            ┃
            ┣ドッカーン!!!(BOOM!!!)
            ┃ 前提条件:強すぎる力
            ┃ 解除条件:エネルギーバズーカ(Energy Bazooka)を作る。
            ┃
            ┗デーモンハンター(Demon Hunter)
              ┃前提条件:強すぎる力
              ┃解除条件:儀式"Convocation of the damned(邪悪の集い)"で生成された悪魔の都市に生息するデーモンを討伐。
              ┃
              ┗圧倒的な力(OVERPOWERED)
                前提条件:デーモンハンター
                解除条件:超越のブラッドオーブ(Transcendent Blood Orb)を手に入れる。

Configファイルでの設定変更

MOD導入後に生成されるコンフィグファイルの中身を書き変えることで、設定を変更できる。
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意
1.xまでのconfigファイルはAWWayofTime.cfg 2.xではBloodMagic.cfgに保存される。
項目 説明
"alchemy potion blacklist"{}
B:XXXX=false BloodMagicの追加効果の無効化のスイッチ。trueで無効化される。デフォルトは全てfalse(有効)。
"dungeon loot chances" {}
I:XXXX=n ダンジョン等で宝箱にBloodMagicのアイテムが入っている確率のレート(n)。
"lp costs" {}
"XXXX" <
n
m
印章および儀式のLPコスト。1行目が儀式名。2行目が起動LPコスト(=n)、3行目が継続コスト(=m)。
"potion id" {}
I:XXXX=n BloodMagicの追加効果のポーションID(=n)。
"ritual blacklist" {}
B:"XXXX"=false 儀式の無効化スイッチ。trueで無効化される。デフォルトは全てfalse(有効)。
"teleposer blacklist" {}
(記載なし) テレポーザーによるブロック転送の無効化するリスト。デフォルト無し。
wellofsufferingblacklist {}
B:XXXX=false 儀式:Well of Suffering(苦痛の井戸)でダメージを受けない生物のリスト。trueでダメージを受けない。デフォルトは全てfalse(無効)。

コマンド

いつかのコマンドが用意されている。ver1.3.3-17ではセレクター(@pなど)の利用ができないので、正確にプレイヤー名を入力すること。

/bloodmagic help
ヘルプコマンド。コマンド一覧を表示する。/bloodmagicではコマンドが認識されないので注意。

/bloodmagic network [syphon|add|get|fill|cap] <プレイヤー> [量]
プレイヤーのソウルネットワークの容量を操作する。プレイヤーや量を指定しなかった場合はヘルプメッセージが表示される。
項目 説明
syphon 指定プレイヤーのソウルネットワークのLPを指定値だけ減少させる
add 指定プレイヤーのソウルネットワークのLPを指定値だけ増加させる
get 指定プレイヤーのソウルネットワークのLP量を表示する
fill 指定プレイヤーのソウルネットワークのLPを、通常のゲームプレイで入手可能な上限値までLPを入手。上限値は登録済のブラッドオーブによる。
cap 指定プレイヤーのソウルネットワークのLPを最高値まで入手。21億4748万3647LP

/bloodmagic bind [true|false] <プレイヤー>
trueでアイテムの所有者を変更する。falseで所有者登録を解除する。

/bloodmagic orb [set|get] <プレイヤー> [グレード]
setで対象プレイヤーのブラッドオーブのグレードを設定する。getで現在のグレードを取得する。

他のMODとの競合情報

BlockID **~** 、ItemID **~** にアイテムを追加する他MODを入れていると競合する。
その場合はコンフィグファイルからどちらかのMOD側のIDを変えることで回避できる。
(メモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き変える)
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意

前提に使用する【Minecraft Forge】も非常に競合の原因になりやすいMODである。
また、単純な競合の他に、【Minecraft Forge】本体との互換性問題もある。詳しくは「MOD解説/MinecraftForge」のページも参照の事。

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/BloodMagic
+上記の内容を守れる方のみご利用ください。
上記の内容を守れる方のみご利用ください。
  • 1.8.x対応、コーディング大変だけど2015年末までにはbataでも出したいとのこと https://twitter.com/WayofTime/status/671856749251461120 - 名無しさん 2015-12-02 12:04:42
  • むむ。1.8.9版が出てる http://minecraft.curseforge.com/projects/blood-magic/files - 名無しさん 2016-02-06 01:54:04
    • 1.8.9からかはわかりませんが、Blood Altarのレシピが変わったようです。ダイヤのかわりにDemonic Willを使用する - 名無しさん 2016-02-14 22:51:18
      • いま日本語化言語ファイルの作成とレシピ&システム読解してるけど、生贄のナイフの名前が”Sacrificial Dagger”になったので整合性のためにwikiの生贄のナイフ/ダガーの翻訳を変えると思います。いくつか超訳になりそうだけど許して - 名無しさん 2016-02-15 14:44:42
  • とりあえず今ある項目の加筆。 - もー 2016-02-18 13:07:09
    • 1.3.3版の実績を追加。あと加筆修正。「文章」て書いてあるところは今書いてます・・。 - もー 2016-03-23 16:53:38
    • 1.3.3-17の方はほぼ翻訳は終わったんですけど、まだちょっと日本語訳が変動してます。ごめん。あとカテゴリ分けも直す予定。 - もー 2016-04-02 18:49:52
    • アイテムページを作って分離しました - もー 2016-04-08 14:17:02
  • (体積×距離の2分の一)基準① - 名無しさん 2016-03-24 23:28:45
  • teleposerの消費LP検証結果 BloodMagic-1.8.9-2.0.0-19 - clone 2016-03-24 23:37:24
    • 体積*距離の2分の一(LP)≪基準①≫ - clone 2016-03-24 23:38:12
      • 基準①+距離の2分の一*ブロック数+人*1,000(LP) - 名無しさん 2016-03-24 23:38:58
    • ※基準①は必ず消費することになります。また、人数については一人までしか検証していません。モブの消費LPも未検証です。 - clone 2016-03-24 23:41:03
  • TOPのでっかい画像が500KBあるので非表示にしました。やっぱり見たいというのであれば表示しますが・・うーん。重たいんですよねこの画像。詳細解説をもうちょっと増やしたいところです。場合によってはv2.xバージョンを別ページに。 - もー 2016-10-29 11:48:47
  • 遅ればせながら合成魔術の構築方法を書きました。これでほぼ全ての項目を網羅できたかな。あと2.xを別ページに分離。本家ではBloodmagic2とはしていませんが、FTBその他海外wikiでは~2表記なのでそれに倣うことにしました。 - もー 2017-04-14 12:25:39
  • 編集用コメントの下が荒らされてる気がする。私自身では編集ができないので誰か削除してくれると助かります。 - 名無しさん (2018-05-12 17:39:13)
    • ...と思ったけど実際に編集しようとしてみたら案外簡単だったので削除しました。コメント流しすみませんでした。 - 名無しさん (2018-05-12 17:42:24)
  • Ver.2の方のアイテムリストのページ、消されちゃいました? - 名無しさん (2018-05-30 23:28:44)
    • 済みません、勘違いでした。 - 名無しさん (2018-05-30 23:29:38)
  • ver1.12.2で知り合いがBloodmagic入れた時にマイクラ自体が起動しないらしいんですがどなたか経験/解決者は居ませんか? 自分は同じ条件で動いてるため他MODとの競合ではないようです - 名無しさん (2019-02-16 21:05:34)

このページをシェアする

メニュー

Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



エンティティ



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク



Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ


おすすめゲーム攻略

注目ゲームニュース

注目ゲームニュースをもっとみる