今の主流のセッティング、よく使われるパーツはこんな感じ。
当然だけど鵜呑みは良くないです。百聞は一見にしかず、なぜこのパーツがいいのかと勧められたり疑問を持ったらまずは使ってみましょう。
詳しくは各項目を参照だ!

  • モーター
■旧シャーシの場合
チューン系ならバランスのいいアトミックチューンが堅実。
バランスタイプって器用貧乏じゃないの?と思うでしょうが、アトミックはレブ、トルク両方の特性を贅沢に受け継いでいます。
どんなコースでもスマートに順応できるので、買って使わずじまいになるということはないでしょう。
バランスタイプということもあり、非公式大会でモーター制限、支給がされる場合は大抵アトミックだったり。

ダッシュ系は現在3種類が公式で使用が認められています。
ハイパーダッシュ2は、ダッシュモーター系の中でも性能は控えめですが、バランスのよさと扱いやすさが定評を受けています。
スプリントダッシュはその高回転から小径マシンに、パワーダッシュはトルクの高さを生かして大径マシンによく使われます。
大体どのモーターも万遍無く使われてますが、HD2でも制御は中々に苦労します。
まずはチューン系モーターでしっかりと知識と技術を蓄えましょう。


■MSシャーシの場合
ミニ四駆PROの場合、扱いやすい銅ブラシが採用されているトルクPROがよく使われています。
レブとアトミックは色々と癖のあるカーボンブラシが使われていたり、マシンを両軸モーターで回すという性質上
トルクが不足しがちになってしまうため、トルクPROの使い勝手のよさも相まって隠れがちな存在です(トルクPROは片軸アトミックのような位置づけですね)

ただし、価格改定後(値段は360円で、タグが新しいのになってるもの)販売されているアトミックPROは性能が向上し、
かなり使いやすくなっています。トルクPROと違いやはりカーボンブラシではあるものの、選択の幅は広がったのではないでしょうか。

PRO系唯一のダッシュ系であるハイパーダッシュPROは、MSシャーシの駆動の良さから抜群のスピードを誇ります。
ただし扱いづらささも片軸ハイパーダッシュより上。
やっぱり最初はチューン系モーターで頑張ってみましょう。


  • ギア
3.5:1の超速ギアが主流です。駆動用ギヤは定められた組合せで使用することが必要です。
一部のシャーシには対応した超速ギアがありません。その場合、できる限り低いギアレートの物が使われます。
レースによってはそれぞれそのシャーシ専用のものを使うようにレギュレーションが定められている場合があります。


  • 軸受け
最初はキット付属のハトメか丸穴ボールベアリング、AOパーツのメタル軸受けで十分です。
慣れてきた人や上級者は回転性能と精度が最高峰の620ボールベアリング(AOパーツ)を使用していることが多いですが、性能をフルに引き出すために、ホイール貫通や脱脂、クリアランス調整、シャフト選別など色々な作業が必要になります。


  • ホイール
ホイールは色々ありますが、ナロータイプのものを使用することが多いです。。
ワンウェイホイールやステアリングシステムなどは、マシンを速くするというより安定化を図るためのものになるので、特別必要なアイテムというわけではありません。
(タミヤ側もスムーズなコーナリングとは言っていても、速くなるとは言ってないというなんとも絶妙な・・・)

キット付属ホイールの多くは全体的に強度が低く、すぐ壊れたりシャフトから抜けやすくなってしまいます。
丈夫なタイプに換装するのが一番ですが、見栄えを重視したい場合はホイールの六角穴に合わせてシャフトをしっかり差し込む、少しでも緩いと感じたら新品に交換するなど、組み立てやメンテをしっかりとしましょう。


  • タイヤ
ノーマルのスリックタイヤがよく使用されます。
スポンジタイヤは軽いですが、抜けやすかったり走行中に変形して抵抗になるなど、扱いが難しいことを頭に入れておきましょう。
ハードスリックやソフトスリックなども優秀なパーツですが、考えなしにつけると走行タイムが落ちたり、コースアウトしやすくなってしまうので気をつけましょう。


  • ローラー
現在は抵抗が大きすぎるという理由でゴムリング付きローラーは殆ど使われず、接触面がプラや金属の物が主流です。
また、ゴムリング付きアルミローラーをゴムリング付けず直にコースに当てる使う事はコースを傷つける改造と見なされます。

ローラーのセッティングは、研究や調査された結果、たからばこセッティングと呼ばれる前2、後ろ4という非常に安定しやすい形がよく使われています。
また、フェンスに当たりづらいサイドバンパーは、基本的にローラーやポールは不必要です。
ユーザー達のそういう考えの浸透からか、MSシャーシはサイドガードがないどころか、装着部分すらありません。
ただし、使わないからと言ってサイドガードを切り取ってしまうとシャーシの剛性が失われ歪みやすくなり、遅くなってしまいます。

  • ローラーマウント
フロントもリアもFRPプレートなどをつけてローラーを装着し、ローラー幅を最大にするのが主流。
バンパーには想像以上に負荷がかかるので、FRPによる補強は大体どのシャーシでも必須です。
また、装着位置によってはローラーベースを変更できることも強みです。
この辺の詳しい話はローラーベースを参照してください。

ブーム時に出たスライドダンパーや可変ダウンスラストは強度が低い上、減速しすぎるため敬遠されがちです。
最近出たスライワイドステーなんかはそれなりに使えますが、基本ギミック系パーツはどれも減速させて安定させるのが狙いなので、ほかの部分で安定化を計れるならFRPのほうが堅実です。



昔やってた人だと、当時とのギャップに戸惑われると思います。
昔使われてたけど今は使われてないパーツとかは夢パーツと呼ばれていたり、今はユーザー達の長年による研究と検証で、良くも悪くも合理化が進んでます。
それでも上級者は夢パーツを駆使して速いマシン組んじゃいますし、ミニ四駆は速さや合理化が全てではありません。
要は愛情とレースを楽しむ心。ここは今も昔も変わらないです。自分の目指す道を、楽しく極めていきましょう。