※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「JES Deinterlacer」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

JES Deinterlacer - (2005/10/15 (土) 05:58:12) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

 JES Deinterlacer - ジェイ・イー・エス デインターレーサ
 ----
+
+**リンク
 
 開発者Jan.E Schotman氏のサイト - 
 [[Home Page of JES>http://www.xs4all.nl/~jeschot/home.html]]
-----
+
+
+**概要
 
 Jan.E Schotman氏が開発した、[[QuickTime]] Movieファイルを様々な方法でデインターレースするツール。正確にはデインターレースのみならず、フィールドオーダーの変更、逆テレシネ等の機能を持つ多目的映像変換ツールと言える。出力はビルトインのDV、2vuy、yuv2、Photo-JPEGの他、QuickTimeがサポートする各種コンポーネントを使用することも可能である。主な機能は次の通り。
 
 -デインターレース - Deinterlace
 使用するフィールドの選択が可能。トップ/ボトムフィールドのみの他、両方(フレームレート倍増)、ブレンド(フィールド合成)が可能である。
 
 -フィールド順序変更 - Change field dominance
 インタレース映像のフィールド順序を変更する。
 
 -逆テレシネ - Inverse telecine
 JES Deinterlacerの逆テレシネ処理は大きく2つに分類される。
 
 可変周期(Detect cadence breaks)モードは、シーンチェンジ時等に発生するテレシネ周期の変化を自動的に検出する。本モードは2パスとなり、最初のパスでテレシネ周期変化の検出、次のパスで映像の合成が行われる。
 
 固定周期(非Detect cadence breaks)モードは、映像の開始点近くでテレシネ周期の検出を行い、以降の変換を検出した周期に基づいて行う。
 
 どちらのモードを使用するかは、映像作品の特性による。テレシネ処理された映像を編集した作品は、可変周期モードをメインに使用し、検出エラーとなった箇所を固定周期モードで変換したクリップで補完する方法が望ましい。編集後の映像を一括でテレシネ処理した作品の場合、固定周期モードで完全な逆テレシネ処理が可能である。
+
+
+**Gamma 変更について for Apple H.264
+
+>61 : 名称未設定 : ID:BtJeTv3m
+>
+>QuickTime H.264 は綺麗だけど色が変わる。 
+>誰かが JES つかってインターレース解除と合わせて Gamma を変えるといいと 
+>聞いたけど、詳しいやつ、教えてくださいやがれ。
+
+>69 : 名称未設定 : ID:wZVWRh1r
+>
+>JES Deinterlacerでガンマ補正(?)の手順。ただしなんでこれで色がマトモに 
+>なるのかは??? あとソースはDVが前提なので、他のソースの場合は 
+>どうなるかワカンネ。それでもいいなら以下。 
+>
+>1.Projectは適当に。(ガンマ補正するだけならBare project) 
+>
+>2.Inputのガンマを2.2-Full rangeに。 
+>
+>3.Colorはいじらず。 
+>
+>4.OutputのVideo Outputで一旦Direct-2vuyを選んで(こうしないと 
+>Outputのガンマ値をいじっても出力できない)その後 
+>Export-QuickTime-Animationを選択。ここでは無劣化で 
+>ガンマ補正するのが目的なので、QualityはBest、フィルタとかは 
+>かけない方向で。 
+>
+>5.Outputのガンマ値を1.8-Full rangeにしてエクスポート。 
+>
+>6.出来たmovファイルをH.264でエンコすると、元のDVとほぼ同じ色になる。 
+>
+>ちなみに漏れは、多少の劣化は覚悟でDVのまま逆テレシネ後、Animation に書き出してさらにH.264に書き出してます。なんか途中省略できそうな気もするけど。
+[[QuickTimeスレッド・Part11>http://www.geocities.jp/maccodec/log/QuickTimeThreadPart11.html]]