「常時監視ステート」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

常時監視ステート - (2013/01/12 (土) 18:35:43) のソース

----
*■常時監視ステート
 -1番、-2番、-3番のステートのこと。

:常時感ステートの性質と分類|
-常時監視ステートはそのキャラのステート読み込みの最初に読み込む。
-読み込む順番は「他のキャラ→ -3 → -2 → -1 → 番号ステート →他のキャラ」の順番。
-- -3、-1は「[[ステートを奪われている状態>ステート奪取]]」では読み込まない。
-- -2はステートが奪われている状態でも読み込む、本当の常時監視。-3-1は準常時監視。
-主な用途
-- -1 基本[[File-/Cmdファイル]]に書かれている''Command受付用ステート''
-- -2 特殊ゲージの処理など必ず処理させ続けたい''特殊システム管理ステート''
-- -3 番号ステート処理の補助を行うための''ステート処理補助ステート''
-とは言え他にも使い道があるため、これらの限りではない。
- -1と-3は処理の番号以外にも違いがある。後述。

※こちらは[[SC-/Helper]]の方でも解説する
:[[SC-/Helper]]のHelperTypeとKeyCtrl|
-HelperのオプションのHelperTypeとKeyCtrlを設定すると&br()常時監視ステートを読み込む様になる。
-''HelperType=Player''にすると擬似的なプレイヤーキャラとして扱われ、&br()''-3、-2の常時監視ステートを読み込む''ようになる。
--HelperType=Normal(省略時もNormal)の場合は-3、-2ステートは読み込まない。
-''KeyCtrl=1''にするとCommandを認識するようになり、-1ステートを読み込むようになる。
--KeyCtrl=0(省略時も0)の場合は-1ステートは読み込まず、Commandも認識しない。
--Commandを認識させて処理するHelperのみKeyCtrl=1を用いる。

----
*■Lv2-補足注意点

※あとで[[SC-/Helper]]のページに移す。
:HelperにCommandを認識させたい場合|
-Root,Command=""(本体Commandを認識する)の場合、本体がステートを奪われてると上手く認識できない。
-しかし認識させたいHelper自体をKeyCtrl=1にすると-1ステートの読み込みで不具合が出る可能性があり、&br()-1ステートの情報全てに!IsHelperを仕込むか、-1冒頭でChangeStateをする必要がある。
-Timeなどの関係でそのHelperに-1冒頭でのChangeStateをさせたくない場合は&br()「''HelperがCommandを認識するためのHelper''」を用意すると良い。
-+Command認識が必要なHelperが出ている間のみ、Command認識専用のHelperを射出。
-+専用HelperはChangeStateをしてもいいようにし、-1冒頭でChangeStateをする。
-+Commandが必要なHelperの出番が終わって消えたら、専用Helperも消失させる。
-なお「向き」をあわせることが必要な場合は専用HelperはFacing=1で固定。
--Commandが必要なHelperの方で向きに合わせてコマンドを切り替える方が良い。&br()(Helper(xxx),Command="*右向き時*"&&Facing=1||Facing=-1&&Helper(xxx),Command="*左向き時*")
//:HelperにCommandを認識させたい場合|
//-[[SC-/Helper]]のページを参照

----