※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[dir]事件
└星野和男




解説



 画像は広島ホームテレビHPより。

 「中野うんこ親父」の俗称としても知られる。
場所は東京都中野区。自宅の敷地内にうんこを放置するだけでも凄まじいのに、
事もあろうか、うんこを四六時中煮込み続け、周囲へ悪臭を放ちまくる。
この迷惑行為は2004年4月ごろから始まったらしい。
2005年8月30日にTBSの報道番組「朝ズバッ」で
彼の悪臭騒動が取り上げられ、一事は騒然となる。

 しかし、1日や2日ですぐに報道の対象外とされてしまう。
一説には、その理由は彼の抗議の内容が
公明党や創価学会に対するものであるためであるとされている。

 だが、11ヵ月後に重大な続報が入る。
2006年7月10日に、東京都の環境確保条例違反の容疑で逮捕されたのだ。
ちなみに、今件は環境確保条例違反の初適用事例と言われている。

 これで周辺の住民も悪臭に悩まされずに済むことだろう。
しかし、なぜ彼はうんこを煮込み続け近所に迷惑をかけたのか。
上述の通り、創価学会への非難とも言われているが、
彼は口を閉ざしたまま。真相は闇の中である。

参考サイト





逮捕報道について


2006/7/10の逮捕報道について。

広島ホームテレビ


排泄物など煮詰め庭に放置した「悪臭男」を逮捕

 東京・中野区で、排泄物(はいせつぶつ)や残飯を鍋で煮詰めて庭に放置し、悪臭をまき散らしていた男が、警視庁に逮捕されました。

 東京都の環境確保条例違反の疑いで逮捕されたのは、星野和男容疑者(57)です。星野容疑者はおととしから、排泄物や残飯を庭先で煮詰めるなどして悪臭を発生させ、近隣住民から苦情が相次いでいました。警視庁は先月末、中野区の告発を受けて、強制捜査に踏みきりました。星野容疑者の自宅からは、バキュームカーを使って、排泄物や腐った野菜など120キロが処分されています。

西日本新聞


庭に汚物放置の男を逮捕 都環境確保条例を初適用

 自宅の庭に排せつ物を埋めて悪臭などを発生させた上、区長からの停止命令に従わなかったとして警視庁生活環境課と中野署は10日、東京都環境確保条例違反容疑で東京都中野区弥生町、無職星野和男容疑者(57)を逮捕した。

 警視庁によると、公害防止のために制定された同条例で悪臭に関して個人を立件するのは初めて。星野容疑者は「中野区長から受けた悪臭発生行為の停止命令を無視したのは間違いない」と容疑を認めている。

 調べでは、星野容疑者は2004年4月ごろから、自宅の庭などで排せつ物や残飯を煮詰めて庭先に埋めたり、洗面器に放置するようになり、今年6月2日、同条例に基づき中野区長から撤去命令を受けたにもかかわらず、悪臭を発生させる行為を継続させた疑い。
2006年07月10日12時19分

NHK


これに先立ち、星野和男容疑者は2006/6/29に
家宅捜索を受けていたとNHKが報道していたらしいです。

執筆時時点で既にソースは消失。

自宅庭にごみ放置 悪臭で捜索

捜索を受けているのは、東京・中野区の57歳の男の自宅です。警視庁の調べによりますと、男は2年ほど前から自宅の庭に残飯などのごみや汚物を放置して悪臭を発生させたとして、住民の健康を守るための東京都の環境確保条例違反の疑いが持たれています。近くの住民や商店街を訪れる客から悪臭がひどいという苦情が相次ぎ、中野区が条例に基づいて悪臭が出ないよう求める命令を出しましたが改善されなかったため、警視庁に告発していました。

警視庁は、29日の捜索でごみなどが放置されている状況を調べるとともに、男からも詳しく事情を聴くことにしています。NHKの取材に対してこの男は25日、「魚などを毎日庭の鍋で煮ているが、自分の敷地内で何をしても、とやかくいわれるものではない。悪臭が出ているとも思わない」と話していました。

6月29日16時10分

上記の文章は以下より引用させていただきました。
http://a-odagiri.seesaa.net/article/20026164.html
小隊長日記~日々是鍛練ナリ。 / http://a-odagiri.seesaa.net/

6/29当時、せっかくの期待の続報が入ったのに
このニュースを見逃した事については大変申し訳ありません。
Web上にソースが残してくれた
「小隊長日記~日々是鍛練ナリ。」の管理人を務める隊長さんには
この場をお借りして厚く御礼を申し上げます。



名前:
コメント:
  • うんこ男死ね。悪だお前わ -- ダボが (2011-02-27 02:47:01)
最終更新:2011年02月27日 02:47