※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「巫女(神聖巫連盟版)」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

巫女(神聖巫連盟版) - (2017/08/19 (土) 11:26:51) のソース

制作者藻女
*部品構造

-大部品: 巫女(神聖巫連盟版) RD:7 評価値:4
--部品: 神託
--部品: 役割
--部品: 奉納
--部品: 必要な能力
--部品: 普段の役割
--部品: お守り知識
--部品: 占い



*部品定義

**部品: 神託
巫女とは神の言葉を伝える存在です。どうやって神の言葉を受け取ったのかについては神と直接対話したり、啓示をうけたり、過去の言い伝えを連綿と受け継いできているなど様々な場合があります。

**部品: 役割
神々への奉仕。神々の住まいである神社を清めたり、神託を行ったり、お祭りを行ったりしている。具体的なやり方については奉仕する神によって、また宗派によっても変わっている。

**部品: 奉納
神楽や歌などを奉納する役目を担っています。どこの神社も年に一度はお祭りをしており、そこで重要な役割を担っています。

**部品: 必要な能力
特別な能力は必須ではないものの、神々の存在を身近に感じる事が出来るものがなっています。そのため、神々と対話できる者であれば巫女として認められる条件は満たしやすいとは言えます。

**部品: 普段の役割
自身の神の神域を清浄にする事です。そのため、掃除が普段の仕事であり、また穢れを祓うという事で悪霊を祓う事を普段の仕事としている巫女もいます。

**部品: お守り知識
護符やお守りを授ける事もあるため、知識も身についています。高物理地域ではご利益とされている内容の説明だけですが、低物理地域ではお守りを授かりに来た人の信仰と求める効果からどれがいいのか、注意点など詳しく説明してもらえます。

**部品: 占い
直接一人一人を個別に占う事をあまりされませんが、おみくじを作り、神域でそれを用いることで占うことができます。個別に占うのではないため限界もありますが、その分気軽に活用されています。



*提出書式

  大部品: 巫女(神聖巫連盟版) RD:7 評価値:4
  -部品: 神託
  -部品: 役割
  -部品: 奉納
  -部品: 必要な能力
  -部品: 普段の役割
  -部品: お守り知識
  -部品: 占い
  
  
  部品: 神託
  巫女とは神の言葉を伝える存在です。どうやって神の言葉を受け取ったのかについては神と直接対話したり、啓示をうけたり、過去の言い伝えを連綿と受け継いできているなど様々な場合があります。
  
  部品: 役割
  神々への奉仕。神々の住まいである神社を清めたり、神託を行ったり、お祭りを行ったりしている。具体的なやり方については奉仕する神によって、また宗派によっても変わっている。
  
  部品: 奉納
  神楽や歌などを奉納する役目を担っています。どこの神社も年に一度はお祭りをしており、そこで重要な役割を担っています。
  
  部品: 必要な能力
  特別な能力は必須ではないものの、神々の存在を身近に感じる事が出来るものがなっています。そのため、神々と対話できる者であれば巫女として認められる条件は満たしやすいとは言えます。
  
  部品: 普段の役割
  自身の神の神域を清浄にする事です。そのため、掃除が普段の仕事であり、また穢れを祓うという事で悪霊を祓う事を普段の仕事としている巫女もいます。
  
  部品: お守り知識
  護符やお守りを授ける事もあるため、知識も身についています。高物理地域ではご利益とされている内容の説明だけですが、低物理地域ではお守りを授かりに来た人の信仰と求める効果からどれがいいのか、注意点など詳しく説明してもらえます。
  
  部品: 占い
  直接一人一人を個別に占う事をあまりされませんが、おみくじを作り、神域でそれを用いることで占うことができます。個別に占うのではないため限界もありますが、その分気軽に活用されています。
  
  


*インポート用定義データ

  [
    {
      "title": "巫女(神聖巫連盟版)",
      "part_type": "group",
      "children": [
        {
          "title": "神託",
          "description": "巫女とは神の言葉を伝える存在です。どうやって神の言葉を受け取ったのかについては神と直接対話したり、啓示をうけたり、過去の言い伝えを連綿と受け継いできているなど様々な場合があります。",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "役割",
          "description": "神々への奉仕。神々の住まいである神社を清めたり、神託を行ったり、お祭りを行ったりしている。具体的なやり方については奉仕する神によって、また宗派によっても変わっている。",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "奉納",
          "description": "神楽や歌などを奉納する役目を担っています。どこの神社も年に一度はお祭りをしており、そこで重要な役割を担っています。",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "必要な能力",
          "description": "特別な能力は必須ではないものの、神々の存在を身近に感じる事が出来るものがなっています。そのため、神々と対話できる者であれば巫女として認められる条件は満たしやすいとは言えます。",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "普段の役割",
          "description": "自身の神の神域を清浄にする事です。そのため、掃除が普段の仕事であり、また穢れを祓うという事で悪霊を祓う事を普段の仕事としている巫女もいます。",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "お守り知識",
          "description": "護符やお守りを授ける事もあるため、知識も身についています。高物理地域ではご利益とされている内容の説明だけですが、低物理地域ではお守りを授かりに来た人の信仰と求める効果からどれがいいのか、注意点など詳しく説明してもらえます。",
          "part_type": "part"
        },
        {
          "title": "占い",
          "description": "直接一人一人を個別に占う事をあまりされませんが、おみくじを作り、神域でそれを用いることで占うことができます。個別に占うのではないため限界もありますが、その分気軽に活用されています。",
          "part_type": "part"
        }
      ],
      "expanded": true
    }
  ]