※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「墓所の守り人」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

墓所の守り人」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *部品構造
 
--大部品: 墓所の守人 RD:11 評価値:5
+-大部品: 墓所の守人 RD:12 評価値:6
 --大部品: 火葬場(巫) RD:3 評価値:2
 ---部品: 目的
 ---部品: 役割
 ---部品: 火葬炉
 --大部品: 墓地 RD:2 評価値:1
 ---部品: 墓
 ---部品: 水場
 --大部品: 林 RD:2 評価値:1
 ---部品: 生きた墓標
 ---部品: 散策路
 --大部品: 主義信条 RD:2 評価値:1
 ---部品: 無宗教
 ---部品: 人間愛
 --大部品: 同盟組織 RD:2 評価値:1
 ---部品: 巫お昼寝協会
 ---部品: 巫カウンセリング協会
+--大部品: 所在地 RD:1 評価値:0
+---部品: 盆地
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 目的
 火葬を行う事を目的とした施設。斎場とも呼ばれ、実際に葬儀を行うための斎場が併設されている事もあるが、なくても斎場と呼ばれる事があり、設備には注意が必要。
 
 **部品: 役割
 衛生上の理由として火葬にする事で感染症の蔓延を防ぐ役割があります。また宗教上の規定により火葬を行う場合もあります。
 
 **部品: 火葬炉
 焼却が目的ではなく、遺骨が残るようにしなければいけない。そのため、温度設定と時間が重要になっている。
 
 **部品: 墓
 多くの場合は形は違えど石で出来ている。これは無縁仏であっても同様です。ただし、稀に違う形式の墓標を用いる宗派もあり、それも他の墓に影響がないならば認められる事があります。
 
 **部品: 水場
 お墓やお墓にお供えするお花のための水を用意する場所。川や水道や井戸など地域によって異なるものの、墓地内で水を確保できるようにはなっています。
 
 **部品: 生きた墓標
 死んだ後そこに木を植えて欲しいという宗派の墓標。これもまた墓地ではあるものの、一緒にすると他のお墓に悪影響があるため棲み分けています。
 
 **部品: 散策路
 木の一本一本が墓標であり、それらにお参りに来る人が利用しやすいように道が作られています。それがいつしか散策路になりました。
 
 **部品: 無宗教
 数多の信仰を持つ者を受け入れる場所であるため、信仰を尊重するものの、自身の信仰を持たない。信仰に触れる事が多いにも関わらず信仰を持たずにいられる者が代々長を務めている。
 
 **部品: 人間愛
 定命の存在が運命に抗う姿が好きで、特に無謀な戦いと知ってなお諦めず戦場に向かうような人を愛している。
 そうした人達には助力を与える事もあるが、心を折れてしまえば興味を失う。
 心を折れた人は同盟を組んでいる騎士が生きているのに心が死んでいる人をカウンセリングしているのでそこに連れていっている。
 
 
 **部品: 巫お昼寝協会
 死者と生者という点で異なるものの、お互い眠りを大切にしている事から協力関係を築くことになった。
 毎年寝具を送ってもらっており、代わりに協会員が亡くなったらいつでも受け入れる事を約束している。
 
 **部品: 巫カウンセリング協会
 闇の神を奉じる組織。
 生きている者が死者の領域に来るべきじゃない、生きている間はしっかりと生きているべきだという考えから希望を失い体は生きていても心が死んでいるような人を正しく生きていけるようにする活動をしている。
 そのため、大勢の人が住める住居もあり、隣接した組織でもあることから、お墓ばかりで済む場所がないといって居候している。
 
+
+**部品: 盆地
+太陽都市の南の位置に存在する。都市からの移動も容易であるものの、お盆の墓参り以外の時期は人が少ないため、馬車もわざわざ頼まなければ来てもらえないなど交通の便はよくない。
 
 
 
 *提出書式
 
-  大部品: 墓所の守人 RD:11 評価値:5
+  大部品: 墓所の守人 RD:12 評価値:6
   -大部品: 火葬場(巫) RD:3 評価値:2
   --部品: 目的
   --部品: 役割
   --部品: 火葬炉
   -大部品: 墓地 RD:2 評価値:1
   --部品: 墓
   --部品: 水場
   -大部品: 林 RD:2 評価値:1
   --部品: 生きた墓標
   --部品: 散策路
   -大部品: 主義信条 RD:2 評価値:1
   --部品: 無宗教
   --部品: 人間愛
   -大部品: 同盟組織 RD:2 評価値:1
   --部品: 巫お昼寝協会
   --部品: 巫カウンセリング協会
+  -大部品: 所在地 RD:1 評価値:0
+  --部品: 盆地
   
   
   部品: 目的
   火葬を行う事を目的とした施設。斎場とも呼ばれ、実際に葬儀を行うための斎場が併設されている事もあるが、なくても斎場と呼ばれる事があり、設備には注意が必要。
   
   部品: 役割
   衛生上の理由として火葬にする事で感染症の蔓延を防ぐ役割があります。また宗教上の規定により火葬を行う場合もあります。
   
   部品: 火葬炉
   焼却が目的ではなく、遺骨が残るようにしなければいけない。そのため、温度設定と時間が重要になっている。
   
   部品: 墓
   多くの場合は形は違えど石で出来ている。これは無縁仏であっても同様です。ただし、稀に違う形式の墓標を用いる宗派もあり、それも他の墓に影響がないならば認められる事があります。
   
   部品: 水場
   お墓やお墓にお供えするお花のための水を用意する場所。川や水道や井戸など地域によって異なるものの、墓地内で水を確保できるようにはなっています。
   
   部品: 生きた墓標
   死んだ後そこに木を植えて欲しいという宗派の墓標。これもまた墓地ではあるものの、一緒にすると他のお墓に悪影響があるため棲み分けています。
   
   部品: 散策路
   木の一本一本が墓標であり、それらにお参りに来る人が利用しやすいように道が作られています。それがいつしか散策路になりました。
   
   部品: 無宗教
   数多の信仰を持つ者を受け入れる場所であるため、信仰を尊重するものの、自身の信仰を持たない。信仰に触れる事が多いにも関わらず信仰を持たずにいられる者が代々長を務めている。
   
   部品: 人間愛
   定命の存在が運命に抗う姿が好きで、特に無謀な戦いと知ってなお諦めず戦場に向かうような人を愛している。
   そうした人達には助力を与える事もあるが、心を折れてしまえば興味を失う。
   心を折れた人は同盟を組んでいる騎士が生きているのに心が死んでいる人をカウンセリングしているのでそこに連れていっている。
   
   
   部品: 巫お昼寝協会
   死者と生者という点で異なるものの、お互い眠りを大切にしている事から協力関係を築くことになった。
   毎年寝具を送ってもらっており、代わりに協会員が亡くなったらいつでも受け入れる事を約束している。
   
   部品: 巫カウンセリング協会
   闇の神を奉じる組織。
   生きている者が死者の領域に来るべきじゃない、生きている間はしっかりと生きているべきだという考えから希望を失い体は生きていても心が死んでいるような人を正しく生きていけるようにする活動をしている。
   そのため、大勢の人が住める住居もあり、隣接した組織でもあることから、お墓ばかりで済む場所がないといって居候している。
   
+  
+  部品: 盆地
+  太陽都市の南の位置に存在する。都市からの移動も容易であるものの、お盆の墓参り以外の時期は人が少ないため、馬車もわざわざ頼まなければ来てもらえないなど交通の便はよくない。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "id": 77340,
       "title": "墓所の守人",
       "description": null,
       "part_type": "group",
       "created_at": "2017-08-26 13:51:43.730326",
       "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.730326",
       "children": [
         {
           "id": 77341,
           "title": "火葬場(巫)",
           "description": null,
           "part_type": "group",
-          "created_at": "2017-08-26 13:51:43.734067",
-          "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.734067",
           "children": [
             {
               "id": 77342,
               "title": "目的",
               "description": "火葬を行う事を目的とした施設。斎場とも呼ばれ、実際に葬儀を行うための斎場が併設されている事もあるが、なくても斎場と呼ばれる事があり、設備には注意が必要。",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:43.735271",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.735271",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             },
             {
               "id": 77343,
               "title": "役割",
               "description": "衛生上の理由として火葬にする事で感染症の蔓延を防ぐ役割があります。また宗教上の規定により火葬を行う場合もあります。",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:43.75896",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.75896",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             },
             {
               "id": 77344,
               "title": "火葬炉",
               "description": "焼却が目的ではなく、遺骨が残るようにしなければいけない。そのため、温度設定と時間が重要になっている。",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:43.778903",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.778903",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             }
           ],
           "character": {
             "id": 594,
             "name": "藻女"
-          },
-          "expanded": true
+          }
         },
         {
           "id": 77345,
           "title": "墓地",
           "description": null,
           "part_type": "group",
-          "created_at": "2017-08-26 13:51:43.819039",
-          "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.819039",
           "children": [
             {
               "id": 77346,
               "title": "墓",
               "description": "多くの場合は形は違えど石で出来ている。これは無縁仏であっても同様です。ただし、稀に違う形式の墓標を用いる宗派もあり、それも他の墓に影響がないならば認められる事があります。",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:43.82013",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.82013",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             },
             {
               "id": 77347,
               "title": "水場",
               "description": "お墓やお墓にお供えするお花のための水を用意する場所。川や水道や井戸など地域によって異なるものの、墓地内で水を確保できるようにはなっています。",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:43.838577",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.838577",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             }
           ],
           "character": {
             "id": 594,
             "name": "藻女"
-          },
-          "expanded": true
+          }
         },
         {
           "id": 77348,
           "title": "林",
           "description": null,
           "part_type": "group",
-          "created_at": "2017-08-26 13:51:43.873607",
-          "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.873607",
           "children": [
             {
               "id": 77349,
               "title": "生きた墓標",
               "description": "死んだ後そこに木を植えて欲しいという宗派の墓標。これもまた墓地ではあるものの、一緒にすると他のお墓に悪影響があるため棲み分けています。",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:43.874952",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.874952",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             },
             {
               "id": 77350,
               "title": "散策路",
               "description": "木の一本一本が墓標であり、それらにお参りに来る人が利用しやすいように道が作られています。それがいつしか散策路になりました。",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:43.893428",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.893428",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             }
           ],
           "character": {
             "id": 594,
             "name": "藻女"
-          },
-          "expanded": true
+          }
         },
         {
           "id": 77351,
           "title": "主義信条",
           "description": null,
           "part_type": "group",
-          "created_at": "2017-08-26 13:51:43.930516",
-          "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.930516",
           "children": [
             {
               "id": 77352,
               "title": "無宗教",
               "description": "数多の信仰を持つ者を受け入れる場所であるため、信仰を尊重するものの、自身の信仰を持たない。信仰に触れる事が多いにも関わらず信仰を持たずにいられる者が代々長を務めている。",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:43.931535",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.931535",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             },
             {
               "id": 77353,
               "title": "人間愛",
               "description": "定命の存在が運命に抗う姿が好きで、特に無謀な戦いと知ってなお諦めず戦場に向かうような人を愛している。\nそうした人達には助力を与える事もあるが、心を折れてしまえば興味を失う。\n心を折れた人は同盟を組んでいる騎士が生きているのに心が死んでいる人をカウンセリングしているのでそこに連れていっている。\n",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:43.949605",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:43.949605",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             }
           ],
           "character": {
             "id": 594,
             "name": "藻女"
-          },
-          "expanded": true
+          }
         },
         {
           "id": 77354,
           "title": "同盟組織",
           "description": null,
           "part_type": "group",
-          "created_at": "2017-08-26 13:51:44.00355",
-          "updated_at": "2017-08-26 13:51:44.00355",
           "children": [
             {
               "id": 77355,
               "title": "巫お昼寝協会",
               "description": "死者と生者という点で異なるものの、お互い眠りを大切にしている事から協力関係を築くことになった。\n毎年寝具を送ってもらっており、代わりに協会員が亡くなったらいつでも受け入れる事を約束している。",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:44.0056",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:44.0056",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             },
             {
               "id": 77356,
               "title": "巫カウンセリング協会",
               "description": "闇の神を奉じる組織。\n生きている者が死者の領域に来るべきじゃない、生きている間はしっかりと生きているべきだという考えから希望を失い体は生きていても心が死んでいるような人を正しく生きていけるようにする活動をしている。\nそのため、大勢の人が住める住居もあり、隣接した組織でもあることから、お墓ばかりで済む場所がないといって居候している。\n",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-08-26 13:51:44.025071",
-              "updated_at": "2017-08-26 13:51:44.025071",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 594,
                 "name": "藻女"
               }
             }
           ],
           "character": {
             "id": 594,
             "name": "藻女"
-          },
-          "expanded": true
+          }
+        },
+        {
+          "id": 82006,
+          "title": "所在地",
+          "description": null,
+          "part_type": "group",
+          "children": [
+            {
+              "id": 82007,
+              "title": "盆地",
+              "description": "太陽都市の南の位置に存在する。都市からの移動も容易であるものの、お盆の墓参り以外の時期は人が少ないため、馬車もわざわざ頼まなければ来てもらえないなど交通の便はよくない。",
+              "part_type": "part",
+              "children": [],
+              "character": {
+                "id": 594,
+                "name": "藻女"
+              }
+            }
+          ],
+          "character": {
+            "id": 594,
+            "name": "藻女"
+          }
         }
       ],
       "character": {
         "id": 594,
         "name": "藻女"
       },
       "expanded": true
     }
   ]