※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「大豆畑(神聖巫連盟版)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

大豆畑(神聖巫連盟版)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *部品構造
 
--大部品: 大豆畑(神聖巫連盟版) RD:11 評価値:5
+-大部品: 大豆畑(神聖巫連盟版) RD:12 評価値:6
 --部品: 大豆畑とは
 --部品: 大豆畑の視覚的特徴
 --大部品: 大豆の特徴(神聖) RD:3 評価値:2
 ---部品: 加工品材料としての大豆
 ---部品: 生食用としての大豆
 ---部品: 文化としての大豆
 --大部品: 大豆畑の経営手法(神聖) RD:2 評価値:1
 ---部品: 栄養価の高い食材として
 ---部品: 飼料として
---大部品: 農業技術(神聖巫連盟版) RD:4 評価値:3
+--大部品: 農業技術(神聖巫連盟版) RD:5 評価値:3
 ---部品: 農地の土づくり
 ---部品: 施肥
 ---部品: 作物への水やりの知識
+---部品: 連作に対する知識
 ---部品: 耕作地の休耕
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 大豆畑とは
 大豆畑とは、大豆を栽培する畑である。ここで栽培される大豆は、食用以外に油の材料として加工されるものも存在する。
 
 **部品: 大豆畑の視覚的特徴
 白い花が咲くだけでなく、未成熟な時期には緑色、収穫期には茶色にと、季節によって色彩が変化し、目を楽しませる。
 
 **部品: 加工品材料としての大豆
 大豆は、工程を踏み、加工することで豆乳や醤油、味噌といった食材だけでなく、大豆油の材料にすることもできる。
 
 **部品: 生食用としての大豆
 大豆は、生食にも使われることがある。未成熟な状態で収穫される大豆は「枝豆」と呼ばれ、夏場の酒の肴に供される。
 
 **部品: 文化としての大豆
 大豆は節分の時期に行われる、「豆まき」と呼ばれる風習に用いられることもある。
 これは、邪気を祓い、一年の無病息災を願うものとして行われている。
 
 **部品: 栄養価の高い食材として
 大豆はタンパク源として良質であるだけでなく、その他の栄養分も含まれているため、別名「畑の肉」とも呼ばれる穀物である。
 そのため、体の健康を保つ食材の一つとして打ち出すことで、販路を確保する。
 
 **部品: 飼料として
 大豆の高い栄養価は、牛馬や鶏といった家畜の飼料としての適性も裏打ちしている。
 そのため、飼料用の品種も栽培し、販売することで、販路を確保する。
 
 **部品: 農地の土づくり
 畑や水田などを作るに当たって、作物に適した土壌を作ることで、作物が生育しやすい環境を作る。
 手法としては、石灰を撒いたり、腐葉土や堆肥を耕地に混ぜこむといった手法などが挙げられる。
 
 **部品: 施肥
 作物のより良い生育と、収穫量を増やすため、耕作地に肥料を撒く。
 鶏糞など、栽培する作物に適したものを使用する。
 
 **部品: 作物への水やりの知識
 作物へ水を与えるに当たり、栽培しているものに適した水量を知ることは必要なことである。
 与えすぎない方が良いものもあれば、多めの量を与えた方が生育しやすいものもあるからだ。
+
+**部品: 連作に対する知識
+同じ耕作地で同じ作物を栽培する連作は、土壌環境のバランスを崩すといったことを引き起こすことを知らなくてはならない。
+連作は、栽培する作物への被害の原因となることがあるからだ。
+その為、次の種まきの時期には、別の作物を植えるなどの手法をとることもある。
+
 
 **部品: 耕作地の休耕
-同じ作物を同じ耕作地で栽培することで、土壌内の養分が不足したりするなどして、(栽培する作物にもよるが)作物の生育が悪くなることがある。
-そのため、定期的に作物を栽培しない期間を設けることで、土壌環境の回復を行っている。
+連作による影響を低減するため、定期的に作物などを栽培しない期間を設けたり、
+作物ではない花や草を植えることで、土壌環境の回復を行っている。
 
 
 
 *提出書式
 
-  大部品: 大豆畑(神聖巫連盟版) RD:11 評価値:5
+  大部品: 大豆畑(神聖巫連盟版) RD:12 評価値:6
   -部品: 大豆畑とは
   -部品: 大豆畑の視覚的特徴
   -大部品: 大豆の特徴(神聖) RD:3 評価値:2
   --部品: 加工品材料としての大豆
   --部品: 生食用としての大豆
   --部品: 文化としての大豆
   -大部品: 大豆畑の経営手法(神聖) RD:2 評価値:1
   --部品: 栄養価の高い食材として
   --部品: 飼料として
-  -大部品: 農業技術(神聖巫連盟版) RD:4 評価値:3
+  -大部品: 農業技術(神聖巫連盟版) RD:5 評価値:3
   --部品: 農地の土づくり
   --部品: 施肥
   --部品: 作物への水やりの知識
+  --部品: 連作に対する知識
   --部品: 耕作地の休耕
   
   
   部品: 大豆畑とは
   大豆畑とは、大豆を栽培する畑である。ここで栽培される大豆は、食用以外に油の材料として加工されるものも存在する。
   
   部品: 大豆畑の視覚的特徴
   白い花が咲くだけでなく、未成熟な時期には緑色、収穫期には茶色にと、季節によって色彩が変化し、目を楽しませる。
   
   部品: 加工品材料としての大豆
   大豆は、工程を踏み、加工することで豆乳や醤油、味噌といった食材だけでなく、大豆油の材料にすることもできる。
   
   部品: 生食用としての大豆
   大豆は、生食にも使われることがある。未成熟な状態で収穫される大豆は「枝豆」と呼ばれ、夏場の酒の肴に供される。
   
   部品: 文化としての大豆
   大豆は節分の時期に行われる、「豆まき」と呼ばれる風習に用いられることもある。
   これは、邪気を祓い、一年の無病息災を願うものとして行われている。
   
   部品: 栄養価の高い食材として
   大豆はタンパク源として良質であるだけでなく、その他の栄養分も含まれているため、別名「畑の肉」とも呼ばれる穀物である。
   そのため、体の健康を保つ食材の一つとして打ち出すことで、販路を確保する。
   
   部品: 飼料として
   大豆の高い栄養価は、牛馬や鶏といった家畜の飼料としての適性も裏打ちしている。
   そのため、飼料用の品種も栽培し、販売することで、販路を確保する。
   
   部品: 農地の土づくり
   畑や水田などを作るに当たって、作物に適した土壌を作ることで、作物が生育しやすい環境を作る。
   手法としては、石灰を撒いたり、腐葉土や堆肥を耕地に混ぜこむといった手法などが挙げられる。
   
   部品: 施肥
   作物のより良い生育と、収穫量を増やすため、耕作地に肥料を撒く。
   鶏糞など、栽培する作物に適したものを使用する。
   
   部品: 作物への水やりの知識
   作物へ水を与えるに当たり、栽培しているものに適した水量を知ることは必要なことである。
   与えすぎない方が良いものもあれば、多めの量を与えた方が生育しやすいものもあるからだ。
+  
+  部品: 連作に対する知識
+  同じ耕作地で同じ作物を栽培する連作は、土壌環境のバランスを崩すといったことを引き起こすことを知らなくてはならない。
+  連作は、栽培する作物への被害の原因となることがあるからだ。
+  その為、次の種まきの時期には、別の作物を植えるなどの手法をとることもある。
+  
   
   部品: 耕作地の休耕
-  同じ作物を同じ耕作地で栽培することで、土壌内の養分が不足したりするなどして、(栽培する作物にもよるが)作物の生育が悪くなることがある。
-  そのため、定期的に作物を栽培しない期間を設けることで、土壌環境の回復を行っている。
+  連作による影響を低減するため、定期的に作物などを栽培しない期間を設けたり、
+  作物ではない花や草を植えることで、土壌環境の回復を行っている。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "id": 97510,
       "title": "大豆畑(神聖巫連盟版)",
       "description": null,
       "part_type": "group",
       "created_at": "2017-09-07 09:31:20.626131",
       "updated_at": "2017-09-07 09:31:20.626131",
       "children": [
         {
           "id": 97501,
           "title": "大豆畑とは",
           "description": "大豆畑とは、大豆を栽培する畑である。ここで栽培される大豆は、食用以外に油の材料として加工されるものも存在する。",
           "part_type": "part",
           "created_at": "2017-09-07 09:31:18.612443",
           "updated_at": "2017-09-07 09:31:18.612443",
           "children": [],
           "character": {
             "id": 1977,
             "name": "犬村葉雪"
           },
           "localID": 1
         },
         {
           "id": 97502,
           "title": "大豆畑の視覚的特徴",
           "description": "白い花が咲くだけでなく、未成熟な時期には緑色、収穫期には茶色にと、季節によって色彩が変化し、目を楽しませる。",
           "part_type": "part",
           "created_at": "2017-09-07 09:31:18.704939",
           "updated_at": "2017-09-07 09:31:18.704939",
           "children": [],
           "character": {
             "id": 1977,
             "name": "犬村葉雪"
           },
           "localID": 2
         },
         {
           "id": 97506,
           "title": "大豆の特徴(神聖)",
           "description": null,
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-09-07 09:31:18.756673",
           "updated_at": "2017-09-07 09:31:18.756673",
           "children": [
             {
               "id": 97503,
               "title": "加工品材料としての大豆",
               "description": "大豆は、工程を踏み、加工することで豆乳や醤油、味噌といった食材だけでなく、大豆油の材料にすることもできる。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 09:31:18.713636",
               "updated_at": "2017-09-07 09:31:18.713636",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1977,
                 "name": "犬村葉雪"
               },
               "localID": 4
             },
             {
               "id": 97504,
               "title": "生食用としての大豆",
               "description": "大豆は、生食にも使われることがある。未成熟な状態で収穫される大豆は「枝豆」と呼ばれ、夏場の酒の肴に供される。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 09:31:18.721165",
               "updated_at": "2017-09-07 09:31:18.721165",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1977,
                 "name": "犬村葉雪"
               },
               "localID": 5
             },
             {
               "id": 97505,
               "title": "文化としての大豆",
               "description": "大豆は節分の時期に行われる、「豆まき」と呼ばれる風習に用いられることもある。\nこれは、邪気を祓い、一年の無病息災を願うものとして行われている。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 09:31:18.72669",
               "updated_at": "2017-09-07 09:31:18.72669",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1977,
                 "name": "犬村葉雪"
               },
               "localID": 6
             }
           ],
           "character": {
             "id": 1977,
             "name": "犬村葉雪"
           },
           "expanded": true,
           "localID": 3
         },
         {
           "id": 97509,
           "title": "大豆畑の経営手法(神聖)",
           "description": null,
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-09-07 09:31:20.457162",
           "updated_at": "2017-09-07 09:31:20.457162",
           "children": [
             {
               "id": 97507,
               "title": "栄養価の高い食材として",
               "description": "大豆はタンパク源として良質であるだけでなく、その他の栄養分も含まれているため、別名「畑の肉」とも呼ばれる穀物である。\nそのため、体の健康を保つ食材の一つとして打ち出すことで、販路を確保する。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 09:31:20.446614",
               "updated_at": "2017-09-07 09:31:20.446614",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1977,
                 "name": "犬村葉雪"
               },
               "localID": 8
             },
             {
               "id": 97508,
               "title": "飼料として",
               "description": "大豆の高い栄養価は、牛馬や鶏といった家畜の飼料としての適性も裏打ちしている。\nそのため、飼料用の品種も栽培し、販売することで、販路を確保する。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 09:31:20.451612",
               "updated_at": "2017-09-07 09:31:20.451612",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1977,
                 "name": "犬村葉雪"
               },
               "localID": 9
             }
           ],
           "character": {
             "id": 1977,
             "name": "犬村葉雪"
           },
           "expanded": true,
           "localID": 7
         },
         {
           "id": 97299,
           "title": "農業技術(神聖巫連盟版)",
           "description": null,
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-09-07 01:21:39.380076",
           "updated_at": "2017-09-07 01:21:39.380076",
           "children": [
             {
               "id": 97295,
               "title": "農地の土づくり",
               "description": "畑や水田などを作るに当たって、作物に適した土壌を作ることで、作物が生育しやすい環境を作る。\n手法としては、石灰を撒いたり、腐葉土や堆肥を耕地に混ぜこむといった手法などが挙げられる。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 01:21:39.293106",
               "updated_at": "2017-09-07 01:21:39.293106",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1977,
                 "name": "犬村葉雪"
               },
               "localID": 11
             },
             {
               "id": 97296,
               "title": "施肥",
               "description": "作物のより良い生育と、収穫量を増やすため、耕作地に肥料を撒く。\n鶏糞など、栽培する作物に適したものを使用する。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 01:21:39.341139",
               "updated_at": "2017-09-07 01:21:39.341139",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1977,
                 "name": "犬村葉雪"
               },
               "localID": 12
             },
             {
               "id": 97297,
               "title": "作物への水やりの知識",
               "description": "作物へ水を与えるに当たり、栽培しているものに適した水量を知ることは必要なことである。\n与えすぎない方が良いものもあれば、多めの量を与えた方が生育しやすいものもあるからだ。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 01:21:39.348271",
               "updated_at": "2017-09-07 01:21:39.348271",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1977,
                 "name": "犬村葉雪"
               },
               "localID": 13
             },
             {
-              "id": 97298,
-              "title": "耕作地の休耕",
-              "description": "同じ作物を同じ耕作地で栽培することで、土壌内の養分が不足したりするなどして、(栽培する作物にもよるが)作物の生育が悪くなることがある。\nそのため、定期的に作物を栽培しない期間を設けることで、土壌環境の回復を行っている。",
+              "id": 97517,
+              "title": "連作に対する知識",
+              "description": "同じ耕作地で同じ作物を栽培する連作は、土壌環境のバランスを崩すといったことを引き起こすことを知らなくてはならない。\n連作は、栽培する作物への被害の原因となることがあるからだ。\nその為、次の種まきの時期には、別の作物を植えるなどの手法をとることもある。\n",
               "part_type": "part",
-              "created_at": "2017-09-07 01:21:39.356715",
-              "updated_at": "2017-09-07 01:21:39.356715",
+              "created_at": "2017-09-07 10:20:04.823711",
+              "updated_at": "2017-09-07 10:20:04.823711",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1977,
                 "name": "犬村葉雪"
               },
               "localID": 14
+            },
+            {
+              "id": 97518,
+              "title": "耕作地の休耕",
+              "description": "連作による影響を低減するため、定期的に作物などを栽培しない期間を設けたり、\n作物ではない花や草を植えることで、土壌環境の回復を行っている。",
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-09-07 10:20:04.907718",
+              "updated_at": "2017-09-07 10:20:04.907718",
+              "children": [],
+              "character": {
+                "id": 1977,
+                "name": "犬村葉雪"
+              },
+              "localID": 15
             }
           ],
           "character": {
             "id": 1977,
             "name": "犬村葉雪"
           },
           "expanded": true,
           "localID": 10
         }
       ],
       "character": {
         "id": 1977,
         "name": "犬村葉雪"
       },
       "expanded": true,
       "localID": 0
     }
   ]