※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

芝村:/*/


芝村:冬薔薇園の前にいる。

芝村:雪が、ちらついていて寒いね

サターン:「うーむ、この寒さはさすがに西国人には…へっくし!」

サターン:工藤とエノラはどこにいるかわかりますか?

サターン:待ち合わせしていたりとか

イズナ:「厚着して正解だった(ガクブル)」

芝村:向こうから耳あてをつけたエノラガこんにちは?と近づいてきた。

サターン:「こんにちわー。今日はどうもー」

エノラ:「無事生き残ってたみたいで良かったね」

イズナ:「どこんにちは」

サターン:「ああ、最近物騒らしいね」

イズナ:<↑ミスタイプでした、すいませんmm「ど」こんにちは>

サターン:(言いながら工藤が来ていないかあたりを探します)

サターン:#ドンマイ

エノラ:「うん。結構戦死者」

エノラ:「誰かさがしてるの?」

サターン:「あー、工藤さんて人を一緒に呼んだんだけど…」

サターン:(いかん、ちょっと心配になってきた)

イズナ:-辺りを見渡します-

芝村:エノラはポケットの中からだそうとしてたのを慌てて直した。

サターン:「こう、長い金髪の女性。結構美人。
心当たり、ある?」

エノラ:「ないけど、いるといいね。みんなでさがそうか?」

イズナ:「その方がいいな、探すとしよう」

サターン:「すまん。恩に着るよ」

エノラ:「あ、でもちょっとジュース買って来るね。うん。もうすこしまってて」

芝村:エノラは走っていった。自動販売機の陰に隠れてる。

サターン:「どうもなぁ…」(ぽりぽり頬をかいてる)

イズナ:「(ココアがいいなぁ…)」

サターン:猫妖精アイドレス着ているので聞き耳を立ててみます

芝村:がさがさ音がする。

芝村:紙を開いてるね。

芝村:くどーくどー。とかいってる

サターン:(あー、やっぱり)

イズナ:(?)

サターン:とりあえず、待ってる間も周囲に工藤さんの姿がないか探します

芝村:ないね。

芝村:戦死公報がくばられているようだ。

サターン:もらいます<戦死公報

サターン:って、もらえるものなんだろうか。

芝村:エノラが戻ってきた。

芝村:ジュースをサターンに投げた。

芝村:3

芝村:2

イズナ:-サターンの隣で拝見します>戦死公報-

サターン:受け取ります

芝村:工藤

芝村:とアル>イズナ

サターン:「おかえり」

サターン:下の名前もわかりますか?

サターン:あと、戦死した場所。

サターン:>戦死公報

芝村:工藤モモカ レムリア

芝村:とある

サターン:「レムーリア? 最近あった作戦は23日のやつだけだったと思うが…」

サターン:戦死した日時などはわかりますか?<戦死公報

エノラ:「うわー」

エノラ:「あ、あー」

エノラ:「ごめん・・・」

サターン:「いや、謝らなくても…」

サターン:「イズナ、二人で先に薔薇園見て回ってきなよ」

エノラ:「・・・」

芝村:エノラは心配そう

サターン:ジュース缶開けて飲み始めます

イズナ:「…?藩王は1人で無事かね?」

サターン:「心配するなって。まだ本人と決まったわけじゃない」

サターン:「遅れてくるかもしれないからここで待ってる」

サターン:「大丈夫だから早く行けというに」<イズナを蹴ります

イズナ:「ここで、みんなして待つのもいいんじゃ…アダッ;」

サターン:(手で はよいけと促します)

イズナ:-小首を傾げる-「んー、じゃあ行きましょうか?」>エノラ

エノラ:「う、うん・・・」

エノラ:「悪いことしちゃったね・・・」

芝村:エノラは落ち込んでる。

イズナ:「誤報であることを祈るが…」

サターン:では二人と別れた後で戦死者広報を出しているところに問い合わせしたいのですが、
できますでしょうか?

エノラ:「そ、そうだよね?そういうの多いよね!」

芝村:ええ>サターン

サターン:では問い合わせてリストにある工藤モモカについて問い合わせてみます

イズナ:「そうだな、情報が混乱することぐらい、よくある。」

サターン:レムリアというのがどこで、いつの戦闘で戦死したのか、など。

秘書官:「はい宰相府です」

秘書官:「お答えできません」

サターン:「なぜ、でしょうか?」

秘書官:「軍事上の機密です。申し訳ありません」

サターン:「…軍事上の機密以外で、お聞きできることはありますか?」

サターン:「えーと、戦死者広報について、お答えいただけることはどんなことがありますか?」

秘書官:「帝國墓地へどうぞ」

サターン:帝国墓地へ行ってみます

サターン:(一応、周囲警戒しつつ)

芝村:サターンは帝國墓地へいった。

サターン:#うむ、イズナも喋っていいのよ?(汗

エノラ:「あの・・・どうする?」

イズナ:「寒くないかね?」>エノラ

サターン:帝国墓地はどんな感じのところでしょうか?

イズナ:「さてどうしようか…この辺は疎くてね。」

サターン:えーと、周囲の状況など

エノラ:「あの人おいかける?」

イズナ:「…よくよく考えてみれば、藩王に無茶されると困るな;」

エノラ:「・・・・」

芝村:帝國墓地は荒涼としている。

芝村:延々と墓石が続いているよ

イズナ:「尾行するかな?」

サターン:…墓をぐるっと回って工藤の名前がないか探して見ます

芝村:一人、女が立っている

エノラ:「うんっ」

サターン:どんな女性ですか?

芝村:/*/

芝村:エノラとイズナはサターンの後方200mにいる

芝村:背の高い金髪の女性だ。黒服を着ている。

サターン:「…工藤さん?」

ミチコ:「残念。はずれよ?」

イズナ:-ひそ「誰だあれは?」ひそ-

サターン:「…はずれで残念なのかありがたいのか、微妙ですね。
どうしてこんなところに?」

エノラ:「恋人かなあ」

サターン:(護身用に銃持ってきたかなぁと考えます)

ミチコ:「ちょっと取引をね」

サターン:「取引、ね」

イズナ:「暗殺なら不味いぞ;」

サターン:「どういう取引なのか、うかがっても?」

イズナ:-突撃体勢で待機-

ミチコ:「エースを何人か倒したい」

ミチコ:「そのためには味方が欲しい」

サターン:「なるほど。見返りは工藤百華の命ってところかな?」

サターン:「断る、と言ったら?」

イズナ:「エノラ、走れるか?」

サターン:今、ログアウトを行うことは可能ですか?

イズナ:「万一になったら突撃する。キミは逃げなさい」

エノラ:「うん」

芝村:出来ない。ロックされてる>サターン

エノラ:「武器は?」

サターン:やっぱりかー。希望号持ってくればよかった

イズナ:「武器は無くてもいい、盾になれば、藩王は逃げれるはずだ…」

イズナ:護身用で銃とか持ってきてますか?

サターン:「反応がないなぁ。交渉も出来んなら取引は成立しないと思うんだけど?」

芝村:エノラは銃を渡した。

ミチコ:「断れないと思ってる」

イズナ:-への字口-「キミが危なくなるだろう?」

エノラ:「私は逃げるんでしょ?」

サターン:「ひとつだけ、確認したい。工藤がレムーリアで死んだのはなんでだ」

イズナ:「向こうで待ち伏せをくらうかもしれんよ」

イズナ:↑向こうで=エノラの逃げる先で

ミチコ:「ああ。それね。嘘」

ミチコ:「大切なお客様として、お茶を飲んでいただいてるわ」

エノラ:「じゃ、隠れてる。どうするの?」

サターン:「なるほど。まったくセプらしくて反吐が出る」

ミチコ:「元エースといえば、うらみもあるのではなくて?」

イズナ:「どうするかな、生身で護衛なんてやったことないな-震えつつ苦笑い-」

サターン:「なんでうらむ必要がある。俺の腕が悪かった以上終わり、それ以上の理由がない」

ミチコ:「そう。残念ね」

イズナ:(銃を向けながら登場といくか…?)

芝村:ミチコはボタンを見せた。無線式の

エノラ:「んー。殺す気はなさそうね」

サターン:「イズナ!いけ!」

イズナ:<ダッシュ>

サターン:(言いながら自分もタックルしてボタン奪おうとします)

イズナ:-サターンを援護、威嚇射撃-

芝村:難しいぞ難易19

芝村:作戦修正で4あるとしようか。

芝村:15 敏捷か筋力だ

サターン:超無理だ(汗
敏捷はえーと、イズナにホープと強化新型ホープのエノラと居る&守るの補正がついて8

サターン:サターンと合わせて10.た、足りない(汗

サターン:は、白兵戦の補正は使えませんか?

芝村:いいよ>白兵補正

サターン:あああ、そして着てるアイドレスのデータ間違えた OTL
猫妖精+パイロット+名パイロット+吏族なのでサターンが5です…OTL

芝村:無謀だったな・・・・

イズナ:イズナが犠牲を取る、という手段をとるとどうなりますか?

サターン:猫士の白兵戦補正が入っても6.
イズナの8と合わせても9です…

芝村:ミチコはボタンを押すと、残念。

芝村:といって去った。

芝村:おいつけもしない。

芝村:難易変動はないよ>イズナ

イズナ:「…無念」

サターン:宰相府に連絡して非常線を張ってもらいます

サターン:あと、旅行社に連絡して工藤の安否についての確認などできませんか?

サターン:「くそ、ヘマをした。希望号さえ持ってきていれば…!」(地面を殴りつける

芝村:工藤の安否は知れない。

イズナ:(エノラは無事か…?)


芝村:/*/


芝村:エノラは無事だね。

芝村:はい。お疲れ様でした。

サターン:ぬぐぉぉぉぉ

サターン:OTL

イズナ:お疲れ様です

サターン:お疲れ様でした…

イズナ:サターン泣かないで~><

サターン:自分の安全ばかり気にしてました。視ね、俺

サターン:うぐぐ、工藤の安否については函ゲームとかならわかったりしませんでしょうか?

サターン:あるいは小笠原ゲーム再度やって探す等は可能ですか?

芝村:そうね。

芝村:エースゲームコールしてもいい

サターン:わかりました。エースゲームコールで、お願いします…
って、お願いここで出してよかったのでしょうか?

サターン:(なんかもー。 ぐるぐるしてます…すいません)

芝村:ははは。もちろんさ

サターン:わかりました。お願いいたします…ちくしょうセプめ…

サターン:あ、ちなみに今回評価値変動はなかったのでしょうか?

芝村:エノラからの評価は+1+1でした

芝村:(MAXは2・2です)
最終更新:2008年02月27日 16:14