※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

緑の風の公園で


  • 今までのログ
■□■ 改名前までのログまとめページ 1 ■□■
■□■ 080620「手懸り」 ■□■ (評価変動なし)


#(とりあえず版です。後ほど 修正などします)



乃亜・C・O : こんばんは。  ナニワの乃亜・クラウ・オコーネルです。
   お誕生日枠で 22時から枠を頂いていたのですが、 よろしいでしょうか?

芝村 : 記事どうぞ

乃亜・C・O : ありがとうございます。  http://p.ag.etr.ac/cwtg.jp/ogasawara/2511
 【予約者の名前】 15-00295-01:乃亜・クラウ・オコーネル:ナニワアームズ商藩国
 【実施予定日時】 2008年 7月16日 / 22:00~24:00
 【ゲームの種別】 生活ゲーム
 【ゲーム時間:消費マイル】
   ・1時間:20マイル×2時間 (※誕生日枠を頂きましたので、1時間無料)
 【予約の有無】予約 有り (※誕生日枠のため0マイル)
 【召喚ACE】
   ・ヘイリー・オコーネル:個人ACE:0マイル(1時間目予定)
   ・エノラ・タフト:藩国滞在ACE:0マイル(2時間目予定)
 【参加プレイヤーの食糧消費】 0マイル×1人
 【合計消費マイル】 計20マイル
 【参加者:負担するマイル】
  ・15-00295-01:乃亜・クラウ・オコーネル:ナニワアームズ商藩国:入学済:20マイル

 ※ お誕生日枠を頂けましたので、1時間目分(予約費・食糧費含む)が無料になります。

乃亜・C・O : 記事はこちらになります。

芝村 : イベントは?

乃亜・C・O : ええと、ハリーさんと2人で 落ち着いて話ができたら、と思ったのですが、   その前に、

  Q1.ハリーさんの怪我の予後は 現在どんな感じでしょうか?
  Q2.まだ治ってないようなら、病院とか行きたいのですが、 ・・ナニワの病院とか、まだ顔隠さないと危なさそうでしょうか?

芝村 : A1:治療から回復した。今はFEGにいる

乃亜・C・O : ありがとうございます。  ええと、会いに行くことは、出来ますでしょうか?

芝村 : ええ。

芝村 : 2分待ってね

乃亜・C・O : では、 お願いします。  はい。

乃亜・C・O : あ、  ええと、  本日の格好です。



/*/


芝村 : ここはFEGだよ。少々蒸し暑いね。

芝村 : 砂漠の風ではない

乃亜・C・O : フードを取ります。  ・・そういえば、緑になったのですね。

芝村 : そだね

芝村 : 綺麗なものだよ

乃亜・C・O : ええと、ハリーさんを探します。

芝村 : ハリーは公園のベンチに腰掛けているね

芝村 : 静かにしている

乃亜・C・O : (普通の服でも良かったかな、と少し後悔してます)  駆け寄ります。

乃亜・C・O : 「ハリー、さん!」

芝村 : ハリ-は立ち上がって貴方をみた。

芝村 : 微笑んでいた。

乃亜・C・O : 近くまでよって、見上げます 「・・まだ、痛む、だろうか・・?」

ハリー : 「いや、貴方に会えないほどではない」

乃亜・C・O : 少し、微笑みます。  「ええと、   ・・・抱きついても?」

芝村 : ハリーは手を広げた。

乃亜・C・O : 手を、少し 伸ばします。   そっと、抱きつきます。

乃亜・C・O : 「ハリーさんがいなくて、寂しかった。  逢ってもらえて、嬉しい。」

ハリー : 「自分もだ」

芝村 : ハリーは微笑んだ

乃亜・C・O : 少し、 びっくりします。   見上げて、笑います。

乃亜・C・O : 「怒っているのではないかと、 ・・思ってた」

ハリー : 「なぜ?」

乃亜・C・O : 「勝手に、いろいろ独りで決めて、 わがままばかり押し付けて、  ・・・・私は、 ハリーさんを 何重にも縛り付けてる」

乃亜・C・O : 「たくさん助けてもらったのに、 ごめんなさいも、ありがとうも ちゃんと言えてない。」

ハリー : 「そういうものだ」

乃亜・C・O : 「・・・いつも、来てくれて、嬉しかった。 たくさん、ありがとう・・・」 少しだけ、力入れてしがみつきます。

芝村 : ハリーは微笑んだ。

ハリー : 「いや。あまり役に立たなくて、すまない」

乃亜・C・O : 「そんなことはない。 私は いつも、 すごく、心強かった。  少しくらい泣いても、座り込まずに済んでる。」

乃亜・C・O : 「・・・・立っていて、辛くないか?」

ハリー : 「幸いに。だが、どこかに座ろう」

乃亜・C・O : 笑います。  「うん!」

芝村 : ハリーはベンチに貴方を招いた。

芝村 : 木陰なのですずしい

乃亜・C・O : ハリーさんの隣に、腰掛けます。  ちょっとほっとしました・・。

乃亜・C・O : 「あ、 あのな、 ええと、 ・・少し、 甘いものも持って来てみた。 一緒に、如何だろうか

ハリー : 「了解した。あまり食べることは、できそうもないが。喜んで」

乃亜・C・O : 「無理はまったく、しないで、いい。  ・・・甘そうだし」

乃亜・C・O : でも、笑います。  「ありがとう!」

芝村 : ハリーは微笑んだ。

ハリー : 「自分もうれしい」

乃亜・C・O : ポットから、紅茶 注いで 渡します。
  「・・・アイストティにするべきだった。許してくれ、Handsome」

乃亜・C・O : 真顔です。

芝村 : ハリーはうなずいた。

芝村 : ハリーは照れた。

乃亜・C・O : ・・・・・・・・・・耳が熱いです・・

ハリー : 「自分も、貴方を好いている。」

乃亜・C・O : 微笑んで、見上げます。  「私は とてもすごく、あなたが好きだ。」 

乃亜・C・O : 「あなたと居られて、幸せ、だ」

ハリー : 「……」

芝村 : ハリーはどんな表情をするか迷った後、うれしそうに微笑んだ。

芝村 : そういう顔は、慣れてないようだった。

乃亜・C・O : 「・・・・あ、 その、  ・・・・・・・名前を勝手に変えたのは・・・・ ごめんなさい・・」(少し小声)

ハリー : 「説明は聞いていた。問題ない」

乃亜・C・O : 「ありがとう。  ・・本当は、ハリーさんと相談したかったのだけど。」

乃亜・C・O : 手を、伸ばします。

ハリー : 「顔についているだろうか」

芝村 : ハリー、真面目そう


乃亜・C・O : 「いや?」 笑って、  ・・少し、迷います。

ハリー : 「?」

芝村 : 迷ってるのに迷ってる

乃亜・C・O : 耳元で、ハリーさんにだけ聞こえる声で
   「Mo Ghrá geal(輝くわたしのあなた)、 ・・ヘイリー」

乃亜・C・O : 離れます。 「・・・・・・・・・・・呼んでみたかっただけだ」

ハリー : 「王族にでもなった気分だ。ありがとう」

乃亜・C・O : 「王族?」

ハリー : 「その表現は、王族に使う。元々は」

乃亜・C・O : 「なるほど、そうだったのか。   ・・・私はものを知らないな」 (少し恥ずかしいです・汗)

乃亜・C・O : 「白い、とか、輝く、とか ・・なるほど、 よく見かける表現のはずだ」

芝村 : ハリーは笑ってる。

ハリー : 「アルビオンなのだ。アイルランドも」
  (※アルビオン:ブリテンの古い呼び名。「白い国」、の意。)

乃亜・C・O : 言葉を聞きます。すごく面白そうです。

乃亜・C・O : 「ハリーさんは、何でも詳しい」

ハリー : 「いや、たまたま遠い故郷がそうなだけで」

ハリー : 「海からみると、土地が白く見える。岸壁が、白く、朝になれば輝く」

乃亜・C・O : 「ゲールの子は、夜明けを待つ・・・?」
  (※「ゲールの子等は夜明けを待つ」:アイルランド国歌のコーラスの歌詞より。)

ハリー : 「大地の解放を願ってる」

乃亜・C・O : 見上げて、微笑みます。  「とても、綺麗だ」

芝村 : ハリーは黙った。歴史については言わないことにした
  (※歴史について:アイルランドは長らくイングランドに征服され、差別・弾圧されていたり、独立のための武装蜂起、宗教問題、アメリカへの移民を余儀なくされた程の大飢饉、・・など、様々な難しい歴史を抱えています。 ・・知ってはいるのですが、それらを乗り越えてきたがための 強くて素敵な国民性、というか、お国柄、というものもあると思うので・・・。 この辺は 部外者だから言えるのやもしれませんが。)

乃亜・C・O : ・・・・手を、 そっと握ります。  「・・難しいことが、たくさんある。 でも、 

ハリー : 「おいしいな」

乃亜・C・O : 表情変えて、笑います。 「良かった」

ハリー : 「ああ」

芝村 : ハリーは貴方の表情を伺ってる

乃亜・C・O : 「・・・・・・・・何を言って良いかは、判らない。でも、  あなたが今、ここに居てくれて、 あなたが いろいろなことを思う人で、  私は、嬉しい。」

乃亜・C・O : 「・・・・・少しも上手く言えないけれど」

ハリー : 「いや、そうではなく」

乃亜・C・O : 「?」 見上げます

芝村 : ハリーは目をそらした。

ハリー : 「いや、失礼した。すまない」



乃亜・C・O : 「如何した?」
  (※「おかわり?」とか打ち込もうとしていたりなんかしたのは 内緒です。)

ハリー : 「自分はみだらなようだ」


乃亜・C・O : 笑います。

乃亜・C・O : 顔寄せます。

乃亜・C・O : 「甘えてよいか?」

ハリー : 「・・・・・・もちろん」

乃亜・C・O : 口づけます。 少しだけ。

芝村 : ハリーは照れた。

ハリー : 「またあえるといいが」

乃亜・C・O : 「もちろんだ、 また、会いたい」

乃亜・C・O : 「会いに来る。

芝村 : ハリーはうれしそうにうなずいた。



乃亜・C・O : 何言っていいか 判らなくなってます

ハリー : 「?」

ハリー : 「そんな顔を、しないでくれ」

芝村 : ハリーは貴方を抱き寄せた。

芝村 : すぐ離れた。

乃亜・C・O : !?  「いや、あの、  ・・・・抱きしめてくれると、すごく、うれしい」

ハリー : 「いや、先ほどの感じからして、こう」

乃亜・C・O : 「へ、へんなかおしてただろうか、というか、 ハリーさんの前にでると、上手くしゃべれなくて、 

ハリー : 「自分が悪い男のような気がしていた」

乃亜・C・O : 抱きつきます

乃亜・C・O : 「それは ありえない。」 >悪い

ハリー : 「貴方が思うより、自分はひどい、と思う」

乃亜・C・O : 「ひどいのは、私のほう、だ」   ええと、



ハリー : 「?」

乃亜・C・O : 背伸びして、 首のうしろに、腕を回します。  笑って、 もう一度、キスしようとします。
  「何を言えば良いか、判らない。」

芝村 : ハリーは迷った後、貴方に優しくキスした。

ハリー : 「ずっと、こうしたかった」

乃亜・C・O : 「・・・・・・うん」
  (なにかこう、 なにしていいか判らなくなってますが)    おかえし、します。

芝村 : 公園を歩く人が貴方たちを見物している
  (※FEGのみなさま、迷惑行為で すみませんでした・・・ orz)

乃亜・C・O : ハリーさん以外 目に入ってません。

乃亜・C・O : (すでにこれ以上 恥ずかしがれないくらいになってそうです・・・ orz)

芝村 : ハリーは見えてるが、無視した。貴方にフードをかぶせながらキスして抱きしめた。

乃亜・C・O : すこし力こめて、抱きしめ返します。

ハリー : 「好きだ。愛している」

乃亜・C・O : 「すごく、 すごく幸せすぎて、 如何しよう・・」 抱きつきます。 

芝村 : ハリーは抱き留めて笑った。

乃亜・C・O : 「私も、だ。 ハリーさんが、誰より、何より、大好き」

ハリー : 「ああ」




/*/



芝村 : はい。お疲れ様でした。

芝村 : 20マイルは返金されます(笑)

乃亜・C・O : おつかれさまでした  ・・・・ええと、

芝村 : ?

乃亜・C・O : え、あの、 2時間目は無理でしょうか。    すみません、時間ものすごいオーバーしてしまいまSた。

芝村 : 無理じゃないけど、なんというか、お話的にとても良いオチだったので(笑)

芝村 : 2時間目、残り30分ほどになってしまいますが、もちろんできますよ

乃亜・C・O : はい。   ありがとうございます。   

乃亜・C・O : あ、 2時間目は、 エノラちゃんの様子を見に行こうかと、思っていたのです。  大丈夫でしょうか?

芝村 : はい。

芝村 : 2分待ってね

乃亜・C・O : なんと云うか、 ありがとうございます。     はい。  すみません。

乃亜・C・O : お願い致します。









最終更新:2008年07月18日 23:02