※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Nanomachine



芝村:/*/
ここは、akiharu国だ

守上藤丸:はい。

芝村:不穏な空気が、流れている

守上藤丸:うーん・・・;
Q:それは、こちらに対して、でしょうか?

芝村:暮里は頭をかいている

守上藤丸:苦笑します。

暮里:「akiharu国・・・一筋縄ではいかないようだ」

守上藤丸:「うん。そうだね・・・」

守上藤丸:「久しぶり。元気にしてた?」

暮里:「まあまあだな」

暮里:「まだ生きている」

守上藤丸:「また、そういう事をいう・・・。」

守上藤丸:Q:周りにはどんな感じでしょうか?人とかいますでしょうか?
Q2:暮里はどういう目をしてますでしょうか?

芝村:A:人はいるね。
A2:普通だよ?

暮里:「?」

守上藤丸:#ちょっと安心しました;

守上藤丸:「うーん。すっごい久々にあったから今すごい抱きつきたいんだけど、人目が気になるな。と。」

暮里:「まあ、そうだろうな」

守上藤丸:「サーラ先生のトコに、御礼を言いに行こうと思うんだけど」

守上藤丸:「いい?」

暮里:「・・・ああ」
暮里は武器確認

暮里:「いこう」

守上藤丸:#うわー;

守上藤丸:「ん、もしかして、行ったら迷惑かかる?」

暮里:「誰に?」

守上藤丸:「サーラ先生。・・・君も。」武器を見つつ

守上藤丸:「騒動を起こしたいわけじゃないんだよ。」

暮里:「ナノマシン。おかしくないか」

守上藤丸:「おかしいよ。」

暮里:「用心だ」

暮里:「……最初にいっておくと、俺の腕が鈍ってる可能姓はある」

守上藤丸:「えと。ナノマシンと関係ある?」

暮里:「? 腕?」

守上藤丸:「うん。違う。。。みたいだね」

暮里:「お前さんの方が、変に見えるがね」

暮里:「距離をおいたがいいか?」

守上藤丸:「Σ!? え!?僕!?どっか変!?」

芝村:暮里はうなずいた

守上藤丸:Q:何か変わってるのでしょうか?

芝村:A:いやぜんぜん

守上藤丸:あれー?
首傾げます。
「・・・えーと。ここで時間つぶしてても意味ないか。行こう。戦闘になるならとっとと退散する、という事で!」

暮里:「・・・へいへい」
ついたよ。
サーラの家の前だ。
暮里は身を隠した

守上藤丸:暮里の方を見て、ドアをノックするフリをします
OK?と首傾げます。

芝村:ふるふる

暮里:「いこう」

守上藤丸:下がります・・・・
「うん。」

守上藤丸:Q:サーラ先生の家から離れたのでしょうか?

芝村:暮里は歩きながら口を開いた。
A:ええ

守上藤丸:聞きます。

暮里:「病院をやってないのが、どうもきになる」

守上藤丸:「うん・・・・そうか。そうだね。」
家の周りはどんな雰囲気だったのでしょうか?

守上藤丸:守上も何か感じましたでしょうか?

芝村:いや。気配がないくらいで、なにも・・・

暮里:「どこかで、あの家を遠くから見えないか?」

守上藤丸:「ちょっと待って。」
Q:444さんに連絡は取れるでしょうか?

芝村:A:ええ

守上藤丸:簡単に状況説明して、暮里の言う条件の合うところを教えてもらいます

444:「ああ。そこでしたら、コロッセオがあります。1kmくらい南に」

芝村:暮里はうなずいた。電話を切れ、でハンドサイン

守上藤丸:「ありがとうございます。・・・だって。」
切ります

暮里:「闘技場ね・・・」

守上藤丸:「別のトコ、教えてもらう?」

暮里:「まあ、ダガーマンに連絡しておこう。国を離れよう。たぶん、ここはだめだ」

守上藤丸:「・・・了解。」
r:ダガーマンコール

守上藤丸:「・・・なんだろう。蟷螂さんが冬眠中と言うのもあるんだろうけど・・・」
「・・・寂しい感じがする。」

芝村:遠くからだれかくる

守上藤丸:「あああ。うまくいえないんだけど・・・!」
「?」

守上藤丸:誰でしょう?クーリンか是空さんか別の人か

暮里:「ダガーマンコールに対抗されてるな」

暮里:「俺が時間、稼ぐか。逃げろ」

守上藤丸:「・・・やだよ。」

守上藤丸:Q;クーリンガンでしょうか?

守上藤丸:Q:akiharu国の人でしょうか?

芝村:A:人の良さそうな、国民に見える。

暮里:「・・・」
A:ええ

守上藤丸:Q:電話で宰相府に連絡は入れれますでしょうか?

芝村:A:ええ

暮里:「何考えている?」

守上藤丸:では、ダイヤル回すだけまわします。

芝村:暮里はとめた

暮里:「逃げるぞ」

守上藤丸:「サーラ先生がダメなら、宰相府の方でもナノマシン対策に動いてる人が居るから、連絡取った方がいいかと思って」
従います

暮里:「電話もやられている可能姓が高い。ダガーマンコールも」

守上藤丸:「さっきの444さんも?」

芝村:暮里はうなずいた
暮里は少し笑った。

暮里:「いつもの調子がでてきたな。ぼけぼけだ」

守上藤丸:Σ「うっさい!わるかったねー!」

芝村:暮里は微笑んだ。
走り出した

守上藤丸:「あーもう。」続きます

暮里:「まあ、生き残る可能姓は三割だ。お前が消えたら全速で逃げる」

守上藤丸:「Σ」

守上藤丸:「もー!暮里の意地悪ーーーーっ!!」
Q:今消えた方が暮里の生存率上がりますでしょうか?

芝村:A:うん
だから、お前をさきににがそうとしてたんだよ
もう、手遅れだが

守上藤丸:うう。

守上藤丸:「暮里、絶対しんじゃだめだからね!好きだよっ!!」
ログアウトします・・・・ orz


芝村:/*/


芝村:はい。おつかれさまでした

守上藤丸:お疲れ様でしたー。

芝村:評価は+1+1でした
秘宝館には1,1で依頼できます。

守上藤丸:ありがとうございました・・・
はい。

守上藤丸:すみません、
トルコキキョウの花束を持っているのですが、花びらのお守りから加護までを一気に取る事で
暮里を助けられますでしょうか?

芝村:いや。まにあわない

守上藤丸:うー。

芝村:はい。では解散しましょう。おつかれさまでした!

守上藤丸: ナイフのお守りの特殊とか、あとバレンタインの加護とかおねがいしますー!!!

芝村:ああい
















最終更新:2010年02月20日 02:47