「タイプ一覧」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

タイプ一覧」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ※試行錯誤中・・・
 
 ***生体・物体に影響を与える能力
 
 -身体能力操作
 
 -加工修復 
 
 -治癒\治療
 
 -死者蘇生
 
 ***念を使用する技・能力
 
 -念弾 
 念をエネルギー弾に変えて放つ技全般を指す。
 純粋な破壊・攻撃だけでない使い方も多いが、球状等のある程度固定した形状を維持した念の塊を駆使する能力。
 
 -念放射 
 念を術者の体の一部や全身から放つ技全般を指す。
 念弾とは違い、大量のオーラを広範囲に飛ばす力が多い。
 
 -念打撃
 念を込めた体術を骨幹とする能力全般を指す。
 
 -念刃
 念を刃状に変える技全般を指す。
 
 -念空間 
 
 -瞬間移動
 
 ***強化の手順・段階・種類
 
 -接触強化
 手の平や指先などで触れるなどして直接オーラを注ぎ込み、対象を強化する能力全般を指す。
 念の高等技能である「周」の応用や延長線上の能力で、オーラによる単純な強化である場合が多い。
 
 -遠隔強化
 
 -単純強化
 体の各部位や物体に念を込めて攻撃力や防御力を強化する能力全般を指す。
 制約が少なく単純、ゆえに強化度合いも低く抑えられている場合が多い。
 
 -自己強化(ドービング型)
 薬などを服用する事で一時的に自身を強化する念能力全般を指す。
 副作用のある能力がほとんどで、強化の度合いが副作用の大きさに比例する事も多い。
 
 -自己強化(ブースト型)
 「○○をすればするほど」といったような、なんらかの条件を遵守する事で自身を強化する念能力全般を指す。
 強化が行動に由来するため、失敗時のリスクが高いほど強化の度合いも大きくなる傾向がある。
 
 -自己強化(コンディション型)
 自らなんらかのリスクを負う事で、自身を強化する念能力全般を指す。
 ドーピング型とは逆で先にリスクが発生するため、リスクと強化の度合いのバランスが難しい。
 
 -自己強化(テリトリー型)
 
 -性能強化
 
 ***変化の状態・レベル
 
 -形状変化 
 
 -性質変化 
 
 -機能変化
 
 -物質変化 
 
 -現象変化 
 
 -生体変化
 
 ***操作の手順・状態・レベル
 
 -直接操作 
 手で触れるなどして、対象に直接念を送り込む形で操るような能力全般を指す。
 術者の意のまま、と言ったような精密な動作が出来る場合が多い。
 
 -範囲操作 
 定められた領域や範囲内に入っている対象を、自動的に選択して操るような能力全般を指す。
 制限時間があったり、領域外に抜けられると解除されたりする場合が多い。
 
 -遠隔操作
 
 -生体操作
 
 -精神操作
 
 -機械操作
 
 -物理操作
 
 -形状操作
 
 -精密操作
 
 -自動操縦
 
 -追尾\追跡
 
 ***具現化物生成の種類・レベル
 
 -物質生成
 
 -物品生成(念道具)
 
 -物品生成(薬品食品)
 
 -物品生成(複製)
 
 -建築物生成
 
 -武具生成(刀剣)
 
 -武具生成(鈍器)
 
 -武具生成(防具)
 
 -武具生成(銃器)
 
 -武具生成(念兵器)
 
 -生体生成(念獣)
 
 -生体生成(人型)
 
 -生体生成(微生物)
 
 -生体生成(念植物)
 
 -生体生成(身体部位)
 
 -現象生成
 
 ***念に働きかける技・能力
 
 -念干渉
 
 -念吸収
 
 -念能力増強
 
 -除念
 
 -強制絶
 
 ***説明不可能な現象・超能力
 
 -能力開花
 
 -時空操作 
 
 -未来予知 
 
 -変身\変形
 
 ***属性
 
 -炎\熱 
 
 -氷\冷気 
 
 -電気 
 
 -風\空気 
 
 -水\液体
 
 -爆発\衝撃波
 
 -磁力\重力 
 
 -音波\電波 
 
 -地震\振動
 
 -光
 
 -酸\毒物 
 
 -菌\ウイルス
 
 ***念の効果
 
 -防御\回避 
 
 -鎧\装甲
 
 -透過\貫通
 
 -透明\隠匿 
 
 -幻視\幻覚 
 
 -飛行\浮遊
 
 -探知\情報取得
 
 -情報伝達
 
 -自己投影
 
 -感染
+
+-略奪
 
 -無差別攻撃
 
 ***用途\使用条件
 
 -銃器使用 
 
 -刀剣使用
 
 -機器使用
 
 -食品\薬品使用
 
 -夜間限定
 
 -昼間限定
 
 -雨天限定
 
 -屋内限定
 
 -屋外限定
 
 -植物
 
 -動物
 
 -ランダム効果
 
 -能力共有
 
 -条件強制
 
 -収納\運搬 
 
 -神字
 
 -死後発動