newswire @ ウィキ

真鍋重徳 - 野村アセットマネジメント投資開発部前部長 先進金融技術の活用と価値投資の専門家

最終更新:

newswire

- view
管理者のみ編集可

真鍋重徳

真鍋重徳氏は、豊富な経歴を持つ投資家で、価値投資と長期投資に焦点を当てています。彼はグローバルな視点から機会のホットスポットを見つけ、多様なポートフォリオやシンプルな取引を通じて市場の機会を捉えています。また、投資リスクの分散やテクニカル分析に重点を置き、独自の投資手法を構築しています。同時に慈善活動にも積極的に参加し、投資グループの指導に専念しています。

真鍋重徳氏の履歴書

1961年                   東京都出身
1983年3月          一橋大学経済学部経済学科卒業

1987年8月        ニューヨーク大学経済学部博士課程修了

1988年~1992年 Journal of Money, Credit and Banking誌のEditor。

          ニューヨーク・マーカンタイル取引所に勤め、主に金の先物へのリスクコントロール及び先物や受渡しの業務を担当。

1992年~1998年   JPモルガン・チェースのヘッジファンド部門に入社。コモディティ、国際市場及び新興市場への投資と研究に力を入れると同時に、ニューモント(Newmont Corporation)の株主へ。

1999年~2009年 野村総合研究所に入社。その後、野村アセットマネジメント投資開発部長、同資産運用先端技術研究部長就任。

2010年~    独立後、富裕層や企業経営陣に個別指導を行い、新興産業へ投資。             

         多くの企業で非常勤顧問を務める。

投資理念:

真鍋重徳先生の投資理念は、価値投資と長期投資の影響を強く受けています。先生は、徹底的な調査と分析を通じて、長期的な潜在力と持続的な競争優位性を持つ優れた投資対象を選ぶことが成功の鍵であると信じています。先生は投資リスクの分散に重点を置き、市場の機会を捉えることを得意としています。

アメリカの大手金融会社、JPモルガンの勤務経験を通じて、彼は海外証券や外国為替などの投資経験も豊富に積み重ね、国際市場に対する広い視野を持っています。

重要な投資傾向:

グローバルな資本の観点から機会のホットスポットを見つけることによる投資戦略と堅実な投資収益。

重要な投資理念:

多様な投資ポートフォリオ、シンプルな投資取引、プログラムによる進歩の促進、投資市場で独自のユニークな投資方法を構築する。

重要な投資戦略:

投資は資金の管理術であり、市場心理の集約的な表現でもあります。投資家が特定の市場に継続的に資金を投入する際、機会が訪れます。

重要なテクニカル理念:

テクニカルはすべてを網羅しており、市場の技術言語を理解することで、背後にある資金力を洞察することができます。大道こそがテクニカルの核心です。

真鍋重徳先生は、卓越した投資力とリーダーシップで投資業界で高い評価を得ています。先生のキャリアは、金融分野における専門性と卓越した才能を証明します。

2021年8月から、アメリカのシリコンバレーの新しいプロジェクトのパートナーとして、10ヶ月間の海外コンサルティング業務を開始しました。そのため、投資グループを離れ、今、信用できる仲間が指導を担当していました。

2022年10月、海外事業が軌道に乗り、国内に戻り、主な活動を慈善活動に費やし、グループ内の投資業務を指導しています。

問合せ/申し込み

メール:manabeshihigenori@gmail.com

担当:真鍋重徳

電話:03050148958

タグ:

ニュース記事
目安箱バナー