newswire @ ウィキ

鈴木 恭弥、前UBS(Australia)特別アナリストは:自分ならできると信じれば、半分は終わったようなものだ

最終更新:

newswire

- view
管理者のみ編集可

鈴木恭弥は1966年7月16日に東京で生まれ、東京大学で経済学を学びました。彼はファンダメンタル分析を重視し、長期的な成長に焦点を当てた投資スタイルを持ちます。市場のトレンドを把握し、リスク管理を行い、収益率にこだわります。

個人履歴:

1989年 東京大学経済学部卒業

1989年-1990年 アメリカのミシガン大学でMBA取得

1991年-1994年 シティグループで証券アナリストアシスタント

1995年-2006年 シティグループ(香港)でアナリスト

2007年-2013年 UBS(オーストラリア)で特別アナリスト

2014年-現在   フルタイムトレーダー

 

個人の格言:

自分ならできると信じれば、半分は終わったようなものだ。

※※過去の実績※※

日本郵船(株)【9101】で350%を超える驚くべき収益をあげました。

今年の東京株式市場の大きな上昇の波に乗り、推奨した東京応化工業(株)【4186】、(株)フォーサイド【2330】、(株)三井E&S【7003】、TOWA(株)【6315】で驚異的なリターンを出しました。

収益率は30%~124%となっています。

 

投資戦略およびスタイル, ファンダメンタル分析の重視

鈴木恭弥の投資スタイルの中心には、企業の基本的な価値と長期的な成長ポテンシャルを評価するファンダメンタル分析があります。彼は投資先の企業の財務状況、業界動向、競合状況などを綿密に分析し、成長性や収益性などの重要な指標を考慮して投資判断を行います。

 

ロングターム・インベストメントの傾向

鈴木恭弥は、長期的な成長を見込んで投資を行う傾向があります。彼のポートフォリオには、長期的な成長が期待される企業が含まれています。彼は企業の持続可能な成長を見極め、それに基づいて投資を行います。

 

市場のトレンドとリスク管理の把握

鈴木恭弥市場のトレンドやリスクを正確に把握し、それに基づいて投資戦略を調整します。彼は市場の変動やリスク要因を注意深く監視し、ポジションを取るタイミングや量を適切にコントロールします。

 

投資収益率へのこだわり

鈴木恭弥は、投資収益率を重視しています。彼は、投資先の企業が持つ成長ポテンシャルやリターンの見込みを評価し、その収益率が目標に達するかどうかを判断して投資を行います。

 

業界の知識と専門性

鈴木恭弥は、自身の業界知識と専門性を活かして投資を行います。彼は特に金融やテクノロジー分野に深い理解を持ち、これらの分野における成長企業を積極的に追求します。

 

自己信頼と決断力

鈴木恭弥の投資スタイルの重要な要素は、自信と決断力です。彼は自身の判断力と洞察力に自信を持ち、自らの計画に従って積極的に行動します。

 

連絡先

メール: suzukikyouya@outlook.com

 

ソース:理想の現地情報プロ

タグ:

ニュース記事
目安箱バナー