「アヌビス二刀流ポルナレフ」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

アヌビス二刀流ポルナレフ - (2010/02/16 (火) 01:10:19) のソース

#image(anuporuporu.gif,title=絶っ~~~~~~~~~~対に負けんのだァァァァァァーーーっ!!)
**&color(darkred){&bold(){「これにはッ!勝てるかなッ!!承太郎ッ!!」}}
#image(AnuPoru.gif,title=もし原作で剣が折られてなかったらもっとリーチが長かったろうに・・・)
**&color(darkred){&bold(){「『シルバーチャリオッツ』プラス『アヌビス神』二刀流ッ!」}}

『[[ジョジョの奇妙な冒険 ~未来への遺産~>ジョジョの奇妙な冒険]]』に登場する、[[アヌビス神>チャカ]]が[[ジャン=ピエール・ポルナレフ]]に憑いた状態。
海外では「&bold(){Black Polnareff}」という名称で呼ばれている。
[[ポルナレフ>ジャン=ピエール・ポルナレフ]]自身の[[スタンド>スタンド使い]]「シルバーチャリオッツ」のエペとアヌビス神の刀が加わった二刀流で、
原作ではアヌビス神の技や力を「憶える」能力により、あの最強スタンド「スタープラチナ」を持つ[[承太郎>空条承太郎]]を危うい所まで追い詰めた。
ちなみに、刀身が途中で折れているのはアヌビス神に操られた[[床屋の主人>カーン]]との戦闘時に、承太郎がスタープラチナで真剣白刃取りして折ったためである。

----
**ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険』でのアヌポル
#image(BlackPolnareff_pl1.gif,title=狂気すら感じる・・。)
しかし3部ゲーでその強さは無く、弱キャラと言われている。理由の一つとして[[タンデム>タンデムアタック]]を持たないという点。
それと手数がやたら少なく、相手にスタンドモードで待たれると辛い。おまけにアドバンシングガードとの相性もとにかく悪い。
[[彼>邪悪の化身ディオ]]や[[彼>ホル・ホース]]、或いは[[彼>花京院典明]]のように[[EXキャラクター]]よりも通常のポルナレフの方が強かったりするのはご愛嬌(詳しくは[[こちらの項>各ゲームのキャラの強さ/CAPCOM1]]にて)。
だが、それは周りが強すぎるだけであり、アヌポル自身はかなりの高性能。もし''普通のゲームに出ていれば上位には入れるレベル''である。

いい点を挙げると、範囲や判定が強いジャンプ強。判定が強くヒット確認が容易で、スキも少ないしゃがみ強。
高速の[[中段]]・下段の[[二択>択一攻撃]]が迫れ(ただし1、2段目問わずアドバンシングガード>小パンで[[反確]]だが)、連続技の主となる『鬼連撃』。
範囲が広く対空や連続技に使え、強以外ならガードされてもスキが少ない『達人二刀流』。
上中下段全てを取れ、[[チャカ]]や[[カーン]]同様に一度覚えた技は、全ての技で[[ガードキャンセル]]可能になる超高性能当身『憶えたッ!』。
無敵が長く、対空・連続技など汎用性が高いアヌポル版「アーマーテイクオフ」『ダメ押しと言うやつだッ!』(ウッシウッシ!)。
入力完成~発生直後まで完全無敵で、奇襲・反撃・連続技・対空などに使え、威力も高い『絶対に負けんのだッ!』等。

通常技・ゲージ技共に優秀なものが多く、[[コンボ]]も割と簡単かつ火力も高いため、[[タンデム>タンデムアタック]]を使いこなせない人にはお勧めできるキャラ。
また、多段ヒット技をコンボに組み込めるためゲージ回収率が非常に高い。1コンボで1.5ゲージは溜められる。
実際攻め手は強く、&color(red){ノーゲージの火力だけなら承太郎にも匹敵する}。
しかし、ワンパターンでラッシュ能力が低くゲージ技は[[ぶっぱ]]用。それがアヌビス二刀流ポルナレフなのだ。

参考動画
&nicovideo(sm589574)
&nicovideo(sm589555)

#image(AnuPoru_win1.gif,title=二人の達人スタンドの二刀流にかなうか!)
**&color(darkred){&bold(){「とっておきのダメ押しというやつだッ!」}}
----
**MUGENでのアヌポル
MUGENでは悪咲3号氏の一体のみ存在する。現在、某所で代理公開中。
[[AI]]は1%氏のものが存在。[[AIレベルが細かく存在し>レベル制AI]]、時間経過や「憶えたぞ」の成立によりAIレベルが上昇していき、
最終的には敵の全ての攻撃を[[超反応]]でカウンターしてくるようになるという原作を再現した特性がある。
ちなみにレベルの段階は、なんと''999999''にも及ぶ。残り1ドットの体力から怒涛の猛反撃を仕掛ける姿は、
アヌビス神を代表するセリフ「''絶対に負けんのだっ!!''」を地で行くかのようである。
またMUGENということで、全てのキャラにアドバンシングガードがあるわけではないため、
下段と中段に派生できてガードされても不利にならない『鬼連斬』による固め・崩しが強力。

&nicovideo(sm1625823)

ニコMUGEN初期から極めて強力なAIが存在し、多くのトーナメントに顔を出している。
現在でこそ[[正気の方>ジャン=ピエール・ポルナレフ]]に席を譲ることが多いが、作品別トナメのJOJO枠を担うことも多い。

#image(AnuPoru_win2.gif,title=m9(^Д^)プギャー )
**&color(darkred){&bold(){「やったッ!勝ったッ!仕留めたッ!」}}

***出場大会
[[MUGEN∞動画改作トーナメント]]
[[共通点のあるキャラ同士でタッグトーナメント2>>http://www.nicovideo.jp/watch/sm3247615]]
[[もっと評価されるべきトーナメント]]
[[mugen 作品別トナメ fighting festival>>http://www.nicovideo.jp/watch/sm3519353]]
[[第3回同人キャラ混合タッグ選手権]]
[[はい、二人組み作ってトーナメント]]
[[ゲージMAXタッグトーナメント【ゲジマユ2】]]
[[ゲージMAXシングルトーナメント【Finalゲジマユ】]]
[[第2回 MUGEN 作品別Ultimateトーナメント]]
[[ふたりはプリキュア!トーナメント]]
[[MUGEN 大将だらけのチームトーナメント【早苗さん杯】]]
[[Mugen-闘神大会【エロゲ】]]
[[MUGEN 作品別味方殺しタッグチームバトル]]
[[No.1ヘアースタイル決定戦]]
[[【MUGEN】Gルガ以上ボスハルク未満チームトーナメント]]
[[【MUGEN】タタリフェスティバルッ!!]]
[[【MUGEN】タッグレース MUGEN・バトル・ラン]]
[[【MUGEN】デミトリによる珍しい男女タッグでリーグ戦]]
[[【MUGEN】ノリと勢いではじめた男女タッグトーナメント]]
[[【MUGEN】大貧民+成長ランセレバトル【格差社会】]]
[[第3期いつかの敵は今日の相棒大会]]
[[【MUGEN】自重しない無調整トーナメント【強クラス】]]
[[【MUGEN】高性能作品別成長トーナメント]]
[[【超過激】MUGEN作品別トーナメント【超危険】]]
[[あの日の俺に会いに行く mugen懐古厨大会]]
[[サクッと終わらない作品別トーナメント]]
[[サムライ+αトーナメント]]
[[スタンダードチームバトルトーナメント]]
[[ネタかリアルか?作品別本気80%トーナメント]]
[[作品別凶キャラチームトーナメント~エイプリルフール杯~]]
[[新生ベストパートナー発掘トーナメント]]
[[暗黒MUGEN会]]
[[第2回成長トーナメント]]
[[高性能チームトーナメント【最終鬼畜全部大将】]]
[[アンノーン主催FINALバトルロワイアル]]
[[格差社会を生き抜け!ランセレ成長バトル]]
[[HP引継ぎトーナメント]]

***出演ストーリー
[[MUGEN STORIES INFINITY]]
[[イングリッドの愉しい学園生活]]
[[デッドマンズ]]([[紅丸>二階堂紅丸]])
[[はい、○人組作って運動会]]
[[ブランドー一家]]
└[[新約ブランドー一家]]
[[世紀末救世主ジャギ伝説>>http://www.nicovideo.jp/mylist/16374488]]

***その他
[[MUGEN∞動画番外篇]]
[[うろ覚えストⅡ]]