「コダラー」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

コダラー」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #image(Kodalar.jpg,title=可愛さではベムたんと並ぶかも)
 
 &font(b,i,20,blue){深海に閉ざされしもの}
 
 海外で製作された特撮作品『ウルトラマンG』の最終話・前後編に登場した[[怪獣]]。別名「伝説深海怪獣」。
 身長は62m、体重9万4千t。ずんぐりとした青い巨体で、背中には[[亀>ガメラ]]の甲羅のようなものがあるのが特徴。
 
 劇中においては、地球環境を意のままにしようとする人類の滅亡を望む地球そのものの意思によって深海の底から出現。
 赤潮よりも遥かに強力で、コダラーと共生している藻と共に現れ、オーストラリア近海を酸素の無い死の海へと変えた上に
 漁船などを襲った。
 
 発見された古代のプレート盤によれば数万年の昔にも仲間であるシラリーと共に一度現れた事があるようで、
 当時の人類達の文明を滅ぼした。その他の詳細は[[シラリー]]を参照。
 
 深海の底から人類が回収したそのプレート盤を狙い、海から上陸。倉庫街を破壊して回った。
 海中では水圧がかかっているため比較的スマートで凶悪な面構えであったが、
 陸に上がると上にある画像のようなメタボな体格となり、どこか可愛らしい顔になってしまっている。
 
 だが、そんな愛らしさとは裏腹に発達しすぎた文明を滅ぼす為の怪獣だけあって、凶暴さと非常に強力な能力を併せ持っている。
 その柔軟な身体はあらゆる打撃を無効化し、パルスレーザーや装甲貫通弾はおろか、軍事衛星からのレーザーさえも吸収してしまった。
 また陸上での動きは鈍いものの、格闘戦自体には非常に優れている。
 武器としては目や腕から撃つレーザーや、吸収した敵の光線を増幅して撃ち返す能力を持つ。
 最終話前編では[[ウルトラマングレート]]のバーニング・プラズマを受け止めて撃ち返し、さらにそれをグレートに反射されるものの
 それすら受け止めてさらに増幅して反射することで一度はグレートを完全敗北させた。
 
 最終話後編では宇宙から飛来したシラリーと合流。UMA部隊とグレートを迎え撃ち、激闘を繰り広げる。
 UMA部隊の、古代のプレート盤を追加したパルサー砲を跳ね返すが、その攻撃はプレート盤によって跳ね返され、
 反射ループを続けているうちに増幅したレーザーを反射しきれずに直撃を受けてしまい、消滅した。
 &nicovideo(sm12001282)
 
 名前の元ネタは「百済」であり、製作段階中の名前もクダラだったが、クレームで今のコダラーとなった。
 怪獣デザインは[[バガン]]や[[バトラ]]、[[スペースゴジラ]]といった東宝怪獣を手掛けた吉田穣氏のデザインである。
 
 #region(映像作品以外のコダラー)
 コミックボンボンで連載されていた漫画『ウルトラマン超闘士激伝』では、 
 ゴーデス編にて伝説の破壊神の一体、海魔神コダラーとして対となる存在である天魔神シラリーと共に登場。 
 宇宙創成の時代から存在する、滅びを司る存在で、善も悪もなく宇宙を一度破壊することだけが使命。
 使命を終えた後はシラリーを封印して卵に戻し、逆に自身もシラリーによって封印され卵に戻り、再び眠りにつく。
 宇宙の絶対悪である[[ゴーデス]]が、その力を悪用しようとして復活させたものの、
 破壊衝動しか持ち合わせていないのでゴーデスの命令も聞かずに暴れ回り、 
 同時に復活したシラリーと共に超闘士ウルトラマンやメフィラス四天王と死闘を演じた。 
 最終的には、ウルトラマンパワードの捨て身の思念攻撃で操られたシラリーと同士討ちしたが、 
 死に際に上述の互いが互いを封印して卵に戻す術を使用、至近距離にて使用したため二つの卵が融合しまい
 結果としてシラリーと合体・融合を果たして究極魔神シーダとして復活するという最悪の事体に。  
 合体前よりも更に圧倒的になった強さを見せ付けるも、デルタ・スターに目覚めた超闘士ウルトラマンの一撃を受けて完全消滅した。
 #endregion
 
 ----
 **MUGENにおけるコダラー
 #image(ulra-kodalar.gif)
 MUGENでは、ウルトラ怪獣でお馴染みの這い寄る混沌氏がシラリーに続いて2008年12月6日に公開した。
 移植元は海外版SFCともいうべき『SNES』のソフトとして発売された『[[ウルトラマングレート>ウルトラマン(ゲーム)]]』のゲームである。
 シラリーといえばコダラーと対になった存在だけに、予想・期待していたファンも多かっただろう。
 そうした原作の対になったイメージゆえにか、[[AI]]にはシラリーとのタッグ時専用の記述があり、攻撃力と防御力が上昇する。
 
 主な攻撃方法は二種類の光線による[[弾幕]]。通常版は斜め下に撃ちそのまま地面に沿って画面端まで飛び、
 対空版は正面と斜め上に撃つ。
 対空版も一応正面に向かって飛ぶのだが、相手がしゃがむどころか立っていてもあまり当たらないために実質対空専用。
 なお、通常版の光線にはアーマー殺しの性質でもあるのか、飛び立つ前にハメられればシラリーを倒すことさえごく稀にある。
 
 また、原作同様に敵の飛び道具を受け止め、そのまま撃ち返すカウンター技も存在。
 このカウンター技は飛び道具だけでなく、打撃攻撃にも対応。その場合は相手を掴んで頭突きを食らわせて吹っ飛ばす。
 ちなみに飛び道具を三回ずつ跳ね返し続けると、二段階まで性能が強化され、
 最終的にガードをしようが普通に食らおうが、即死級のダメージを与えられるようになる。
 2010年10月17日の更新ではこのカウンターに対空版が追加され、シラリーが相手でも少しは善戦できるようになった。
 まあ善戦できても中々勝てないのだが。
 
 AIがこの技を的確に使ってくるため、飛び道具主体の怪獣に対する相性が非常に良く、
 [[ジェロニモン]]やk氏改変版[[ゴジラ]](1P)、k氏改変版[[キングギドラ]](1P)の強力な飛び道具を
 受け止めて無効化し、増幅しての跳ね返しで倒してしまうことも多い。
 
 逆に、飛び道具を持っていない[[ゴモラ]]のような怪獣には、この技が使えないのでビームを交えての殴り合いになる。
 カウンターの頭突きは打撃にも使えるのだが、威力が低めなので一撃とはいかない、
 しかし間合いが開いた所に的確にビームを使用し、体力を削り、
 最終的には体力自動回復などのおかげで長期戦にも強いので勝つことが多い。
 だが、高火力の必殺技を連続で受けたり、津波を必殺技の無敵で回避されたりで、負けることもたまにある。
 アーマー持ちだが投げ技は効くので、強力な投げ技も有効である。
 
 このように、怪獣の中でも強い部類で、相性により有利に戦える相手も多いが、勝っても1ラウンド取られたりと、
 シラリーやゼットンのように相手に圧勝して不敗というわけでもないという微妙な強さを誇る。
 とはいえ前述した飛び道具カウンターが非常に強力なので金カラー[[レオパルドン]]や[[アイリス]]等、
 ゼットンやシラリーが倒せない、または苦戦するキャラを苦もなく撃破したりするので侮れない。
 また、一方的な勝負にはなりにくいので、強さのランクが同じ位で弱すぎない相手と戦わせてみると、面白い勝負が見れるかもしれない。
-|その飛び道具キラーとでも言うべき特性を発揮すると…(10;35から)&nicovideo(sm14144075)|
+|その飛び道具キラーとでも言うべき特性を発揮すると…(10;35から)&nicovideo(sm14144075)||そしてこの動画でも飛び道具キラーで・・・&nicovideo(sm21130969)|
 
 ***出場大会
 #list_by_tagsearch_cache([大会],[コダラー],sort=hiduke,100)
 -[[唯一神「エンテイ」とタッグで216匹の狂キャラ>>http://nico.ms/sm11049817]]
 #co(){
 ''更新停止中''
 #list_by_tagsearch_cache([更新停止中大会],[コダラー],sort=hiduke,100)
 ''凍結''
 #list_by_tagsearch_cache([凍結大会],[コダラー],sort=hiduke,100)
 }
 ***出演ストーリー
 [[サザンクロス街伝>>http://www.nicovideo.jp/mylist/16760195]](第1話に玄爺役として登場)
 [[わたしたちのすわこさま]](コダラーの姿での初戦闘はその13)
 ***その他
 [[ブリジットと遊撃の旅>ブリジットで世紀末に挑戦]](part122)
 [[ワラキア_ex布教動画]](Part107)
 
 ----
 //タグ管理用スペース(タグを変更した時は内容をこちらにコピペ上書きしてください。)
 //怪獣,亀,|円谷|,水生生物,地球意思,反射攻撃,青色
 &hiduke(1991/01/24)