「Gガンダム cross in mugen ~ぼくらの非想天則~」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Gガンダム cross in mugen ~ぼくらの非想天則~」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &nicovideo(sm8525599)
 
 &color(red){&bold(){&italic(){&sizex(5){「非想天則?&nbsp(br,2)————なんだそれは?」}}}}
 &color(dodgerblue){&bold(){&italic(){&sizex(5){「————巨大ロボットさ&nbsp(br,2)ランカーたちが————出始めた頃と同時期に、&nbsp(br,2)あちこちで————発見されたんだよ」}}}}
 
 **あらすじ
 妖怪達が住む世界、幻想郷。
 そこでは先日の異変から、「ランカー」と呼ばれる恐竜のような巨大生物が現れるようになっていた。
 時同じくして、幻想郷各地で巨大ロボットが発掘、発見される。
 幻想郷の住人はこの巨大ロボットを「非想天則」と呼び、これにを操縦してランカーと戦っていた。
 
 そんなある日、「ドモン・カッシュ」という青年が幻想郷に迷い込む。
 彼はガンダムという巨大ロボットを操っていたが、幻想郷にやってきた際に愛機とはぐれてしまったらしい。
 果たして非想天則の中にドモンの愛機はあるのだろうか。
 
 ランカーが出現するようになった理由は?
 非想天則が発見されるようになったのは何故?
 そして、ドモンはどうして幻想入りしたのか?
 
 **解説
 原作準拠でシリアスだった前作『[[悪魔城ドラキュラ ~cross in mugen~]]』からうって変わり、
 今回は原作準拠?系・シリアル動画となっている。全4話予定。
 時系列は前作より後となっているが、ストーリーは独立しているので前作未見でも問題なく楽しめる。
 
 ストーリー動画では珍しく、中に人が乗って操る巨大ロボットによる戦闘がメインとなっている。
 そのうえAIなどの関係で大会動画でもあまり見られないものばかりで、
 カットインの追加など、戦闘キャラクターには色々と手が加えられているのが特徴。
 その結果、突っ込みどころが多すぎる作品に仕上がっている。
 登場人物たちは真剣かつ真面目に行動しているのに、視聴者にはギャグのように見えるのも、ある意味Gガンらしいかもしれない。
 
 なお、第3話はIKEMENを使用することにより、通常のMUGENでは不可能な演出を行うことに成功している。
 
 **登場キャラクター
 #region
 **登場人物
 物語の都合上、基本的に生身のままでは非戦闘である。
 ***主要人物
 -ドモン・カッシュ
 -[[河城にとり]]
 ***山、並びに里の関係者
 -[[レイセン]]
 -[[上白沢慧音]]
 -[[洩矢諏訪子]]
 -[[東風谷早苗]]
 -[[八坂神奈子]]
 -[[射命丸文]]
 -[[伊吹萃香]]
 ***紅魔館
 -[[レミリア・スカーレット]]
 -[[十六夜咲夜]]
 -[[パチュリー・ノーレッジ]]
 -[[紅美鈴]]
 -[[小悪魔]]
 ***永遠亭
 -[[八意永琳]]
 -[[蓬莱山輝夜]]
 -[[鈴仙・優曇華院・イナバ]]
 -[[八雲紫]]
 ***その他
 -[[森近霖之助]]
 --香霖堂で非想天則の発掘、発見の指揮を執っているらしい。次回予告も担当。
 -[[DIO]]
 --前作において城主の力は失うも魔神の力は残し、逃げた先の幻想郷の制圧を始めようとする。アバン担当?
 -[[電光戦車]]
 --にとりの移動手段として登場。意思を持つような描写や台詞は無く、ただの乗り物のようだ。
 ***ランカー
 恐竜のような姿をした巨大生物。
 再生能力が非常に高く、非想天則の大火力を用いないと倒しきることはできない。
 ランカーの元ネタは『[[ゼノ>シタン・ウヅキ]][[ギアス>エメラダ]]』というスクウェアのゲーム。
 -[[ディアブロ]]
 -[[タロン]]
 -[[ラプトル]]
 ***非想天則
 幻想郷のあちこちで発見された巨大ロボット。発見後に動かせるように河童達がメンテナンスを行っているらしい。
 -[[GUNGUL>ガンダム]]
 --愛機を失ったドモンに当てられた非想天則。にとりの手によりドモン用にチューニングされている。
 -[[GUNCANNON>ガンキャノン]]
 --早苗と神奈子が操縦。神奈子の通力で通常の三倍以上に強化されているらしい。
 -メカパチュリー
 --非想天則を参考にパチュリーが錬金術を用いて製作したもの。その為、厳密には非想天則ではない。
 -[[SENKOUSHA>先行者]]
 --美鈴が操縦。元々は竜を模した非想天則だったのだが、パチュリーが研究の為に分解した結果、元に戻せなくなった。
 -&link(ZAKU [S]){ザクII}
 --レミリアが搭乗していた紅の非想天則。DG細胞に感染しており、ランカー以上の驚異的な再生能力を持つ。
 -DOM
 --黒いかもしれない三月精が操縦。異変の影響を受けやすい妖精が凶悪化、非想天則を操り手がつけられなくなっている。
 -[[ゴリアテ>上海人形]]
 --[[アリス・マーガトロイド]]が操る巨大人形。人間と比べれば充分に巨大だが、それでも非想天則の半分ほどの大きさしかない。
 -[[GUNDAM ROSE>ガンダムローズ]]
 --同じくアリス・マーガトロイドが操縦。人形型ビットを駆使して戦う。
 -[[NEW MECHAGODZIRA>メカゴジラ]]
 --[[霊烏路空]]が操縦。地霊殿の理想を掲げるために地上へ向かう。
 -[[GUNDAM MAXTER>ガンダムマックスター]]
 --[[星熊勇儀]]が操縦。空を止めることに成功する。
--[[BALL>先行量産型ボール]]
+-[[BALL>ボール]]
 --[[人里の住人達>女性市民]]が操縦する小型の非想天則。神奈子は20機近くの非想天則に加護を与えており、ランカー相手ならば充分に戦える。
 -[[Z'GOK>ズゴック]]
 --[[チルノ]]が操縦。彼女は異変の影響を受けていないようだ。
 -[[BIG ZAM>ビグ・ザム]]
 --[[妖精>大妖精]]達が操縦する非想天則。巨大なものは単機でも相当の能力を持ち、集団ならば鬼でも敵わない。
 #endregion
 **関連動画
 [[悪魔城ドラキュラ ~cross in mugen~]]
 **コメント
 - DIOがいきなりネタキャラになってるw  -- 名無しさん  (2009-11-07 23:32:19)
 - 面白かったので第2話を待って作ってみました。ドモン機の表記をどうしようか迷った結果、非想天則はディスプレイネームを表記してみました。パチュリー機はパチュリー自身が「メカパチュリー」と呼んでいたのでこの表記で。  -- 名無しさん  (2009-11-07 23:36:17)
 - ちょっとドモンの口調の再現が足りてないけど、転がし方はイイカンジ。  -- 名無しさん  (2009-11-08 01:58:17)
 - このぶんだと霖之助最終話しか出番ないでは・・・  -- 名無しさん  (2009-11-08 02:01:13)
 - シモンがグフにでも乗って来そう…いやないか  -- 名無しさん  (2009-11-08 18:27:26)
 - 第3話きた &br()失踪かと思ったらそんな事はなかったぜ &br()次回も期待!  -- 名無しさん  (2010-03-16 21:19:37)
 - 物語はいきなり佳境に入ったが、登場キャラクターの項目はどういう風に追記すればいいんだろう。  -- 名無しさん  (2010-03-16 23:37:24)
 - 霊夢の乗ったデビルガンダム…最強すぎる…  -- 名無しさん  (2010-03-17 01:50:34)
 #comment
 
 ----