※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「vsハクメン」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

vsハクメン」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *最重要事項
 ・スピードがなく、遠距離攻撃もないため落ち着いていればノエルらしい戦いに持ち込みやすいはず。
-・近づかれてからの中下段二択は結構きつい。要所で逃げるように立ち回ってそのような場面にならないようにしよう。
+・近づかれてからの&bold(){中下段二択は結構きつい}。要所で逃げるように立ち回ってそのような場面にならないようにしよう。
 ・ハクメンは地上機動力が低いので、我慢比べをしていると空中ダッシュJCから攻めることが多い。待って6A対空するのがかなり通りやすい。
-・万が一捕まると、ゲージ次第でその火力は致死レベルに達する。相手のゲージを良く見て、バーストするべきかどうかチェック。
+・万が一捕まると、ゲージ次第でその火力は致死レベルに達する上に1HITごとのダメージがかなり重い。相手のゲージと自分のHPを良く見て、バーストするべきかどうかチェック。
 
 *立ち回りの注意点
-・お互いあまり攻め込みたくないので我慢比べになりやすいと思う。オプティックを撒くなどして、相手から攻めさせよう。5B先端牽制も有効。
-・多分低空ダッシュJCから攻めてくると思う。6A対空で捌けばいい。ただし当身、椿には注意。
+・お互いあまり攻め込みたくないので我慢比べになりやすいと思う。オプティックを撒くなどして(使いすぎると反撃されるので適度に)、相手から攻めさせよう。5B先端牽制も有効。
+・多分低空ダッシュJCから攻めてくると思う。6A対空で捌けばいい。ただし先端当てのJC、当身、椿には注意。先端JCについてはそういう当て方の出来る立ち位置から離れて立ち回る。
 ・6A警戒させておいて、当身多用するようになったら空投げ対空が刺さる。
 ・待っても良いけど、ただ待っているだけでは相手のゲージが貯まっていく。隙を見つけたら攻め込むことも考慮。
 ・空中から行くなら対空6Aを警戒するために空中行動回数を残したりJDを混ぜていこう。地上からならダッシュ6Cおすすめ。発生早いから発生勝ちしやすい。
 ・リーチ・判定の強さ的にハクメン3Cが割と厄介。ぎりぎりの距離で避けてターン取ったり、2Dですかすなどして相手にプレッシャーを与えよう。
+・立ち回る際に上記の&bold(){3Cや5Cが当たらないギリギリの間合いをキープ}すると、相手が攻め込もうとしたときに発生勝ちしやすい。この間合いで飛んだらJA、地上からなら5Bが刺さりやすいはず。
 ・当身とかあるけど、使う技をばらけさせていれば易々と使われることもあんまりないし、使われてもすかせたり。しかも当身スルーすれば隙大きいのでチャンス。
 
 *攻勢時の注意
 ・当身だけ注意して基本に忠実に5A固めから崩しへ。
 ・投げ間合いが広いため、密着より少し遠目の間合い、つまり2A2Bなど小技で攻撃する間合いで投げという選択肢があるキャラ。投げ暴れとかも出来る。
+・回転受身>リバサ蓮華には注意。蓮華の発生は相当早い。
 
 *防勢時の注意
 ・地上ガトリングには直ガ6C割り込みがかなりできる。(詳細情報提供お願いします)
 ・相手2Bが当たらない位置でなら立ちガ、近い時は中段意識しながらの屈ガで。
 ・先端低空椿とか普通に見えません。必要経費。
 ・JC>下段を見せられてからだとJC>椿やJC>残鉄まで中段として機能する。
 ・正直上記の状況に持っていかれると、その後の火力も含めて辛すぎるので、立ち回りでこの状況にならないようにしよう。
 
 *その他・ネタ
 ・上手い人に2Dを立ち回りで使うと、見てから当身余裕でした。