「博士の愛した数式」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

博士の愛した数式」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <h1>博士の愛した数式</h1>
 <table border="1" cellpadding="3" align="left"><tr><th>目次</th>
 </tr><tr><td>
 <ol><li><a href="#a">あらすじ</a></li>
-<li style="list-style:none;"><br /></li>
 <li><a href="#t">登場人物</a></li>
-<li style="list-style:none;"><br /></li>
 <li><a href="#s">著者について</a></li>
-<li style="list-style:none;"><br /></li>
 <li><a href="#etc">その他</a></li>
 </ol></td>
 </tr></table><p><br /><br /><br /><br />
 出版:新潮社 著者:小川洋子<br />
 発行日:平成17年12月1日 金額:459円(税込み)<br />
 読売文学賞、第1回本屋大賞受賞作品。</p>
 <h2><a name="a">あらすじ</a></h2>
 <p>「僕の記憶は80分しかもたない」<br />
 博士の背広の袖には、そう古びたメモが留められていた。<br />
 博士にとって私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。<br />
 数字が博士の言葉だった。<br />
 やがて、私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きや歓びに満ちたものに変わった。 悲しくて暖かい愛の物語。<br /><br /><br /></p>
 <h2><a name="t">登場人物</a></h2>
 <ul><li>博士<br />
  記憶が80分しかもたない老人。老婦人の義弟。<br />
  数学と野球のタイガースが大好き。</li>
 <li>私<br />
  博士の下へやってきた新しい家政婦。</li>
 <li>ルート<br />
  私の息子で10歳。頭のてっぺんがルート記号のように平らだからルート。</li>
 <li>老婦人<br />
  上品な身なりの痩せた老婦人。<br />
  あけぼの家政婦紹介組合を通して博士の世話を私に頼んだ人。</li>
 </ul><br /><h2><a name="s">著者 小川洋子について</a></h2>
 <p>1962年、岡山県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。<br />
 '88年「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞受賞。<br />
 '91年「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞<br />
 主な著者に「冷めない紅茶」「やさしい訴え」「ホテル・アイリス」「沈黙博物館」<br />
 「アンネ・フランクの記憶」「貴婦人Aの蘇生」「偶然の祝福」「薬指の標本」などがある。<br />
 2004年「博士の愛した数式」で読売文学賞、本屋大賞を受賞。<br />
 翻訳された作品も多く、海外での評価も高い。<br /><br /></p>
 <h2><a name="etc">その他</a></h2>
 <p>2006年1月に映画化しロードショー。<br /><br /></p>