※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

葉崎」の検索結果
31葉崎京夜SS」 から 次の単語がハイライトされています :


小笠原SS 黄金の髪の美しい人


 いくらか昔の話になる。
 それはまだ、葉崎京夜がただの希望に過ぎなかった頃の話。
 世界を救うために送り込まれた、ひとつの異分子であった頃の話。

「この戦いが終わっても、貴女は戦い続けるのですね」
 TAGAMIの髪に手を触れて、京夜の介入する義体がそのように訊ねた。無理だということがわかっていても、この言葉を、あるいは感触を――そのままに伝え、感じることができればどれだけいいだろうかと考えながら。
 黄金の髪の人は、ゆっくりとひとつだけうなずいた。
 迷いのない、ずっとそれが当たり前だったとでも言うような、そんな顔だった。
「私も連れて行って欲しい」
 京夜はそう伝えた。
「危険も困難も限りないでしょうが、だからどうした。私は、貴女の力になりたい」
 偽りのない、まっすぐな京夜の想いだった。もしも彼女が望むのなら、自分はたとえそれがゲームでなくとも、本当の苦しみや痛みだったとしても、何も恐れることはないのだと。
 TAGAMIはその黄金の髪で、表情を隠しただけだった。
 沈黙。
 ――アラートが鳴り響いたのは、そのときだった。
「こんな時に!」
 叫ぶ京夜に、TAGAMIはひとつ頷いてみせる。
 わかっている――それがこの場所での、自分の役割のはずだ。
 揺れる艦内を第二ハンガーデッキまで走る。希望号のフライトチェックを二秒で終え、今は雑念を振り払い、戦うべき海を頭の中に思い描く。

 士翼号に搭乗したTAGAMIから、いつものように『よろしくお願いします』と意識化した声が聞こえてきた。
 それが彼女の声を聞いた最後のことになる。
 その戦闘から、ついに彼女は戻らなかった。

       *

 光の雪が降っている。
 終末の風景の中、再開した黄金の髪の人は、やはり悲しげに微笑んでいた。
 京夜は強く手を握り締め、かつてと違い自分の声で、自分の言葉と想いを口にする。
「私が弱かったからだ」
 痛みが蘇ってきて、京夜は爪を手のひらに食い込ませることで心の代償とした。
 弱かったから。大切な人ひとりすら守れないほどに、弱かったから。
 ――強くなろうと、決めた。
『あの時の私は恨んではいない』
 TAGAMIの思考が伝わってくる。とても暖かく、それでいてやはり悲しげな。ゆっくりとうなずき、微笑み、京夜を見て、
『貴方はここにいる』
 京夜はその瞳を見つめ返した。
「ええ、だから、私はここにいる」
 自分はあの時から、少しは強くなれただろうか、と京夜は考える。
 ただこの人に再会するためだけに、苦労を惜しまず、歯を食いしばってここまで来た。そして再会できた彼女を、自分は今度こそ守れるのか。
 その命だけでなく、彼女を悲しませるもの、その全てから。
 ひときわ大きな風が吹いた。光の雪が、仄かなる精霊たちが、巻き上がり、空を舞っていく。TAGAMIの髪がなびいて、黄金の軌跡を京夜の網膜に残した。まるで精霊の光を受けたようなその輝き。
 決意はその一瞬についた。
「この戦いが終わったら、」
 それは、あの時の言葉だ。
 あの時、ついに答えを得ることのできなかった――今はもう残滓としてたゆたっているだけの、後悔にも似た、烙印のようなその記憶。
 言葉にとどめを刺してしまわなかったのは、きっと、この瞬間のためであるはずだ。
 京夜は息を吸い込む。言わなければならない。言うんだ。もう一度、
 言え。
「貴女についていってもいいですか?」
 ……その時の彼女の表情を、京夜ははっきりと覚えている。
 今までになく嬉しそうで、今までになく悲しそうな、どこか、ありえないものを夢見ている幼い少女のような。
 そんな瞳で京夜を見つめて、彼女は答えた。

『もし本当に、そんなことが、出来れば』

       *

 出来るはずだ、と京夜はそう思う。
 根拠などなかった。けれど――
 あの時、できないと決めていたのなら、今ここに自分はいないはずだから。
 だから、自分はあの黄金の髪の美しい人のためなら、なんでも出来るはずだった。
 根拠などなく。
 ただ想いのみがあり。
 それが自分をここまで押し上げたのならば、きっと、これからも。
 おそらくはそれが――想いを口にすることの価値であるはずだ。


黄金の髪の美しい人――了



作品への一言コメント

感想などをお寄せ下さい。(名前の入力は無しでも可能です)

名前:
コメント:




counter: -
yesterday: -