薫桜ノ皇国からカタルやガイオウ王国に見られる、
気功を極める事により世界と己の合一を目指す宗教。

薫桜ノ皇国においては、古代には鉄と武器の精霊や闇の精霊の宗教が広まり、今でもその文化の名のごりは各地にみられるが、現代は流気道もしくは薫桜神道の信者が多数派。
気功による武術や医療と共に広がった。
和を重んじる薫桜ノ皇国の気質を作った大きな要因である。



関連



神話・伝説・宗教に戻る
魔法に戻る

このページをシェアする

メニュー1

メニュー2

更新履歴

取得中です。

ここを編集

おすすめゲーム攻略

注目ゲームニュース

注目ゲームニュースをもっとみる