重竜ベヒモス

重竜ベヒモス

パラメータ

属性 HP 343-363
クラス ☆☆☆☆ 攻撃 51-54
種族 ドラゴン 素早さ 8-9
EX(ボタン連打) 地割れ→大地割れ
入手方法 ベヒモス(Lv10)でクラスチェンジ
CPU対戦時アイテム ケモノの毛
ふわふわの毛(レア)

初期コマンド

★★ ★★★ ★★★★
1 (ベヒモス(Lv10)から継承) ミス
2 ミス
3 あばれまわり
4 あばれまわり
5 あばれまわり
6 あばれまわり

覚える技

  • 単体攻撃
    • こうげき
    • とっしん
  • ランダム攻撃
    • おしつぶし
    • あばれまわり
  • 全体攻撃
  • 防御
  • 回復
  • 強化
  • 召喚
  • 異常
  • EX増減
  • コマンドパワー増減
    • ためる
    • ★→★★
    • ★★→★★★
    • ★★★→★★★★
  • 技変化
  • 無効
    • ミス

(BOSS)重竜ベヒモス 出現条件

  1. ☆クラス合計 10~

クラスチェンジ派生

解説

序章「勇者の旅立ち」に登場したクラス4・土属性・ドラゴン・無性別モンスター

動くだけで大地を轟かせる重竜。
その巨体故鈍重だが、HPはロボ参式に並び、序章時点ではトップクラスの高さを誇る。
土属性のモンスターやドラゴン系2体とチームを組むとHPが+10され、打たれ強さに更に磨きがかかる。

拡散攻撃が多く、相手が複数だと火力にムラが出る。
他のアタッカー系モンスターでカバーしてやりたいところ。
反面ボス戦ではHPの高さもあって結構活躍してくれるだろう。

EX技は土属性の物理攻撃で、これも拡散技。
下位では7ヒット、上位では8ヒットもしてしまうので、一瞬で相手のEXゲージが貯まってしまう事に要注意。
使うのであれば相手のEXゲージがほぼ最大となったタイミングを狙って使おう。

序章しか解禁されていなかった頃には、複数回攻撃が一体に集中するとダメージが合算した量となり、
EXゲージはヒット数ではなくヒットしたモンスターの頭数しか上昇しない仕様だった。
しかし、第1章以降では仕様変更でヒットした回数だけEXゲージが上昇するようになり、使いにくいモンスターになってしまった。
EXで仕留めきれない→返しのEXで倒されると言う事も大いにありえるため注意。

なお、使い辛くなってしまったが、ダメージの量には変化が無い。
土属性攻撃である【あばれまわり】によるダメージは、風属性の一体に集中すればおよそ200ダメージに上る。
これは初期のドラゴン中トップクラスの威力であり、対(BOSS)シルバードラゴンでは必須のモンスターだった。
しかし、現在では強力なドラゴンが増え、そういったお役目も任される事はないだろう。

第6章において、ベヒモスのもう一つの進化分岐猛毒竜ベヒモスが登場した。
ステータスおよびコマンドの全てにおいて上位互換となっているので、拘りが無い限りは向こうを使った方が良いだろう。

重く大きく、その姿は重戦車、あるいは山岳。
気が優しくて力持ち、を期待するが、現実はそうとも限らない。
その巨体でおしつぶされたら影よりもぺしゃんこだ。
ベヒモスの脇腹のちょっと上の方にふわふわの毛が生えるという
噂があるが、ふわふわの毛なんて生えないという一派もいる。
(オレコマンド紹介文より)

他メディアにおいて

漫画「モンスター烈伝 オレカバトル」での「ファイヤVS神風寺スラッシュ」において神風寺スラッシュが使用。
ファイヤの銀竜のタマゴのEX技【よぶ】によって、ケツアルライジイもろとも倒された。
また、「岩鉄VS魔王サッカーラ」において岩鉄が使用。
岩鉄のケロゴン(黄)を助けたいという思いから、猛毒竜ベヒモスに進化した。
しかし、ゲーム中において重竜ベヒモスからでは猛毒竜ベヒモスに進化できない。

由来

ベヒモスの由来を参照。

コマンドサンプル

★★ ★★★ ★★★★
1 ★→★★ ためる ★★★→★★★★ (任意)
2 ★→★★ ★★→★★★ ★★★→★★★★
3 ★→★★ ★★→★★★ ★★★→★★★★
4 ★→★★ ★★→★★★ ★★★→★★★★
5 ★→★★ ★★→★★★ ★★★→★★★★
6 ★→★★orとっしんorおしつぶしorあばれまわり ★★→★★★ ★★★→★★★★

意外に重竜もキャパシティが凄まじく、ほぼほぼコマンドが埋まり切る。
猛毒竜ベヒモスでは3リールに穴ができるが、こちらは2リールに穴ができる。
4リールについても【とっしん】【おしつぶし】【あばれまわり】から好きな技で埋める事ができる。
どれを選んでも結局は劣化猛毒竜ベヒモスだが、基本は【とっしん】埋めの単体アタッカーにするべきだろう。

面白い事に、【とっしん】【おしつぶし】【あばれまわり】は全て同コスト。
そして【おしつぶし】と【あばれまわり】は4ヒット・土属性・物理攻撃で、威力倍率も同じ、つまり名前以外は全く変わらない技となっている。
別モンスターの同名技では差異が出るかもしれないが、少なくとも重竜では同じなのである。
拡散攻撃型として育てるのであれば【おしつぶし】と【あばれまわり】を混在させておいても特に問題はない。

ちなみに上記3つは【★★★→★★★★】より重いので3止めは非推奨。