海竜

海竜

ドラゴンの中で主に海中に棲息するものが所属する種族。
ゲーム中での扱いはドラゴン族と大差ないものの、初出のタツドン系・レヴィ系はタマゴを経ないため、作りやすいと言う特徴があった。
所属する全てのモンスターが水属性かつ、限定モンスター以外は水属性技を覚えるため、土属性に対して有利に立ち回りやすい。
この種族のためか、ドラゴン族には水属性攻撃を使用する者が極少数となっている。

しかし、「海中に棲息するドラゴン」と言う条件から、モンスターを作成する事が難しいのか、所属するモンスターは非常に少ない。
第1章の次に海竜族が登場したのは、なんと二年後の新1章、そしてその次が出たのは更に一年後の新5章と言うだけあり、
進化系を省けば僅か4系統、限定モンスターを加えてもやっと5系統と、植物族以下の少なさとなっている。
性能自体は決して低いわけではないのだが、モンスターごとに所々で不足気味な部分が散見し、オレカバトルで最も不遇な種族との呼び声も高い。
同じコナミの某カードゲームの海竜族と酷似した不遇の歴史を辿っており、コナミは何も学んでないとも指摘される。


カードNo. 属性 クラス 種族 モンスター名 入手条件
OB01-003 ☆    海竜 タツドン 対/B
OB01-042 ☆☆   海竜 レヴィ
OB01-043 ☆☆☆  海竜 レヴィア
OB01-044 ☆☆☆☆ 海竜 レヴィアタン
OB01-059 ☆☆☆☆ 海竜 魔海王タツドン
OB01-066 海竜 海竜のしずく 対/B
OB01-067 ☆☆ 海竜 リムゴン
OB01-068 ☆☆☆ 海竜 トリムゴン
OB01-069 ☆☆☆☆ 海竜 海竜ストリームドラゴン
OB05-075 海竜 深海タマゴ
OB05-076 ☆☆ 海竜 サーペン
OB05-077 ☆☆☆ 海竜 シーサーペント
OB05-078 ☆☆☆☆ 海竜 魔海竜シーサーペント
OBSP-006 ☆☆☆☆ 海竜 鋏竜ザリガリオン 対(特殊条件あり)