クリア・ブルードラゴン

クリア・ブルードラゴン

パラメータ

属性 HP 305-323
クラス ☆☆☆☆ 攻撃 59-62
種族 ドラゴン 素早さ 55-58
EX(ボタン連打) トランスペアレントブルーブレス→オルモストトランスペアレントブルーブレス
入手方法 ブルードラゴン(Lv1~10)+海竜ストリームドラゴン(Lv1~10)
ホワイト・ブルードラゴン(Lv1~10)+海竜ストリームドラゴン(Lv1~10)
CPU対戦時アイテム ブルーソウル(レア)

初期コマンド

★★ ★★★ ★★★★
1 ミス ミス オプティカルカモフラージュ オプティカルカモフラージュ
2 アイスブレス アクアブレス アイスブレス アクアブレス
3 アイスブレス アクアブレス アクアブレス アイスブレス
4 アイスブレス アクアブレス アイスブレス アクアブレス
5 ★→★★ ★★→★★★ ★★★→★★★★ クリアアイスブレス
6 クリアアイスブレス クリアアクアブレス クリアアイスブレス クリアアクアブレス

覚える技

  • 単体選択攻撃
    • こうげき
    • こうげき!
  • ランダム攻撃
  • 全体攻撃
    • アイスブレス
    • アクアブレス
    • クリアアイスブレス
    • クリアアクアブレス
  • 防御
    • オプティカルカモフラージュ
  • 回復
  • 強化
  • 召喚
  • 異常
  • EX増減
  • コマンドパワー増減
    • ためる
    • ★→★★
    • ★★→★★★
    • ★★★→★★★★
  • 技変化
  • 無効
    • ミス

(BOSS)クリア・ブルードラゴン 出現条件

  1. ☆クラス合計 10~

クラスチェンジ派生

解説

海竜ストリームドラゴンとの合体で、水属性の技を使えるようになったブルードラゴン
そのままでは白色だが、【オプティカルカモフラージュ】を使うと、見事にその名に相応しい姿になる。

性能はグランブルー・ドラゴンと比べると体力や火力で劣る分、素早さが高めになっている。
専用の【クリアアイスブレス】の威力はグランブルー・ドラゴンの【ダイヤモンドダストの息】に劣るため、差別化するならば水属性の【クリアアクアブレス】を使おう。
また、【クリアアクアブレス】に特化させるか【クリアアイスブレス】を混載するかは好みで調整しよう。

  • 【アクアブレス】【クリアアクアブレス】は水属性の全体ブレス攻撃。
    • 【クリアアクアブレス】は海竜ストリームドラゴンから受け継いだ形となるが、こちらの種族はドラゴン族。
      水属性攻撃が使える数少ない属性ドラゴンと言うアイデンティティーを持つ事ができる。
    • 余談だが、レヴィの超EX・レヴィアの通常EXも【アクアブレス】である。
      あちらの【アクアブレス】には沈黙状態付与の効果があるが、クリア・ブルードラゴンが覚える【アクアブレス】に追加効果は無い。
      ラヴァ・レッドドラゴンの【灼熱のいき】に続きなんとも紛らわしい。
  • 【アイスブレス】【クリアアイスブレス】は氷属性の全体ブレス攻撃。
    • 前述のようにグランブルー・ドラゴンの【ダイヤモンドダストの息】には劣る。
    • 氷属性攻撃を使う属性ドラゴン自体が既に飽和状態なので、使用する場合は【クリアアクアブレス】を混載したクリア・ブルードラゴン独自の構成を目指す場合に限った方が良いだろう。
  • 【オプティカルカモフラージュ】も海竜ストリームドラゴンから受け継いでいる。
    この技は1ターンの間だけ単体攻撃の対象にならなくなると言う効果がある。
    • 以下のように不便な点が多く、自分の行動を1ターン分棄てたも同然となりやすいため、採用しない方が無難である。
      • 効果は発動ターンのみ
      • 発動したターンは攻撃行動を取れない
      • 味方がいればそちらに攻撃が向かう
      • 発動中の単体指定技は味方のサポートでも受けられない
      • 全体攻撃はかわせない
      • 神竜クズリュウの【みそぎはらえのいき】には掃われてしまう
    • 【七十二変化の術】で使用しても効果があり、透明の斉天大聖ソンゴクウ牛魔王を見る事ができる。
  • EX技はランダムな相手1体へ氷属性ブレス攻撃を行い、自身を【オプティカルカモフラージュ】状態にする技。
    ラヴァ・レッドドラゴンのEX程ではないが結構ダメージにムラがある。
    • この技があるおかげで、コマンドから【オプティカルカモフラージュ】を消しても同じ効果が使え、しかもコマンドから使うよりも有効利用できるようになっている。
      技の【オプティカルカモフラージュ】では「何もせず消えるだけ」だが、攻撃しながらとなれば竜騎兵レオンのEXのように利用できる。
    • 超EXでは技の威力がアップするだけで、【オプティカルカモフラージュ】状態の継続は1ターンと変わらない。
      威力の変化も元から不安定な威力なので、あまり実感しにくいかもしれない。
    • 超EX名は20文字で、これは全モンスターの技の中で最長の文字数である。

初期配置は冗談のようにブレスに特化しているが、【こうげき(!)】も習得は可能である。
反面【たいあたり】系を覚えないので、風邪状態の影響が大きくなりがち。

アクア・アイスの各ブレス系は、技の文字数が同じで文字の造形もやや似ているため、紛らわしさがある。
普段見間違える程度なら良いが、コマンド提案フェイズに見間違えて却下してしまったと言う事にはならないように注意しよう。

コマンドサンプル(1止め型)

★★ ★★★ ★★★★
1 ミス (省略)
2 アイスブレス
3 アイスブレス
4 アイスブレス
5 クリアアイスブレス
6 クリアアイスブレス

4リールを【クリアアクアブレス】で埋められるほどのキャパの持ち主なので1リールだけでも戦える。
その1リールはなんと移動埋め可能。コストの関係上第4章以降で登場のモンスターでは貴重な移動埋め可能なモンスターなのだ。
要検証 ではあるがアクア系ブレスでも同じとができるなら両方使って敵に合わせて使う、なんてことも。