※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Dynamix難易度詐称まとめ」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

Dynamix難易度詐称まとめ - (2016/03/13 (日) 18:33:50) の編集履歴(バックアップ)




レベル詐称逆詐称個人差譜面について

  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」について記述しています。
  • 特に顕著なものは太字で表記しています。
  • 基準はフルコンボ難易度です。スコア難の譜面については別途記載してください。

HARD

-Lv9

  • 詐称
    • Lv8 Wonderful Days
      • 独特のリズムである上に、それが左右に降ってくるので正確な認識がかなり困難。しかも後半難で粘着がしづらい。
      • 人によってはLv10にも匹敵しうる地雷譜面。

    • Lv9 島風
      • PIANOパックの一番上の曲のことである。日本語表記で「島風」となるらしい。
      • ラストのスライドノートがとにかく無反応を誘発させる。特に4つ階段の1つ目・3つ目が通常ノートになった階段はかなり顕著。
      • 配置自体は素直なので、間隔の広いスライドは押して取った方がやりやすいかもしれない。Lv10下位相当。

  • 逆詐称
    • Lv8 Forget Me Not
      • リズムも判定も極めて素直であり、このゲーム特有の混フレも殆ど見られない。
      • HARD初フルコンボ、初理論値にオススメ。この譜面で自信をつけよう。

Lv10

  • HARD譜面における現状の最高難易度。
  • 中には下位のMEGA譜面に匹敵するほどの高難易度譜面もある。

  • 逆詐称

  • 上位
    • Lv10 Goldelius
      • 混フレ、乱打、左右、スライドなど色々な要素が詰まった譜面。
      • 多重ホールドが来てからが本番。踏み外しやすいスライド階段、かなり忙しい左右振り回しが襲ってくる。
      • しかし何と言っても練習になる上、楽しさを感じやすい良譜面。Lv11下位程度はあるが、詰めてみる価値はある。

    • Lv10 Gallium Arsenide
      • 1回目のサビまでは、露骨な休憩・間引きのある良心的な譜面。
      • しかしブレイクから豹変。MEGAとは配置の違うスライド階段を抜けると、容赦ない16分乱打が続く。
      • 乱打地帯はMEGA譜面と違い、スライドを除けば全て交互に押せるがそれでも難しい。Lv11相当。


  • 最上位

MEGA

Lv11

  • 詐称
    • Lv11 Yotta
      • 超危険!! 開幕の下・右を使った混フレがあまりにも凶悪。
      • リズム難、かつ小ノートによって接続難易度が異様に高くなっている。
      • そこを繋いでも、直後に無反応・押し忘れを誘発しやすいスライド+ホールド配置が待っている。
      • どう見てもLv11の譜面ではない。最低でもLv13上位、苦手な場合は最難関にもなりうる。