「Auto Semi First」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Auto Semi First」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #ref(DSCF0005.JPG)
 
 |レンズ|First Anastigmat F3.5/7.5cm|
 |シャッター|Wester Model I(B,T,1~1/200s)|
 |露出計|なし(F3.5〜22)|
 |対応フィルム|4.5cm x 6cm|
 |重量・大きさ| x x mm  g|
 |価格|¥291(1942年)|
 |発売|1940年|
 
 戦前の栗林のモデルで初めて距離計と焦点の連動が可能になった。当時はこれを自動焦点と呼んだ。
 Welta Welturのコピー品である。
-戦後初の距離計連動機、ペトリスーパーとほぼ同じ設計である。
+戦後初の距離計連動機、ペトリスーパーにほぼそのまま設計が受け継がれた。
 
 #ref(DSCF0007.JPG)
 #ref(DSCF0013.JPG)