PETRI V6

「PETRI V6」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

PETRI V6」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #image(http://www52.atwiki.jp/petri?cmd=upload&act=open&pageid=23&file=DSCN2510.JPG)
 |レンズマウント|ブリーチロック 自動絞り|
 |シャッター|一軸不回転フォーカルプレーンB・1/2~1/500|
 |重量・大きさ|143x95x88.5 870g(55mmF2付き)|
 |価格|¥23,800(55mmF2付き)、¥30,000(55mmF1.8付き)|
 |発売|1965年2月(同年6月とする資料もあり)|
 
 フォーカルプレーン式シャッターの一眼レフでありながら、当時のレンズシャッター式中級機に匹敵するような驚異的な低価格で知られる。
 
 -[[V6F2の発売を知らせる当時のカメラ新報>https://img.atwikiimg.com/www52.atwiki.jp/petri/attach/299/1666/img186.jpg]]
+55mmF2はF1.8の口径を内部のリングで制限したものなので、戦略的な低価格だったと思われる。
 
 V3までのデザインを一新し、シンクロ接点のX・FP切り替えが省略された。
 構造的には、V2~V3と略同じ。
 
 なお、貼り皮の形状やロゴの字体、使用ねじ(マイナス/プラス)やシャッターダイヤル指標等々、様々な箇所にバリエーションがみられ、最初期のモデルと最後期のモデルとでは、一見別機種かと思うくらいの変化がある。
 [[ペトリV6・V6Ⅱ形態分類表]]
 
 11万4000番台のV6 最初期モデル。パターン化されているシボ革、シャッターダイヤルのデザイン等に特徴がある。
 #ref(V6-11万台.JPG)
 
 
 11万7000番台のV6 最初期モデルに似るが、シャッターダイヤルのデザインが変更されるなどの変化がある。また、ネームプレートが前面向かって右に取り付けられた。
 #ref(IMG_0010.JPG)
 
 
 22万番台のV6 シャッターダイヤル1/15の文字の大型化、シボ革変更などの変化がある。また、トップカバーのロゴ書体がやや小さいものに改められた。
 #ref(V6(22万番台).jpg)
 
 
 33万番台のV6 巻上げレバー飾りねじのデザイン変更、外装ネジのプラス化,ネジ位置変更などの変化がある。また、トップカバーのロゴ書体が太くどっしりしたものになった。
 #ref(V6(33万番台).jpg)
 
 
 35万番台のV6 巻上げレバーにプラスチックの指当てがつき、飾りねじのデザインが変更された。
 #ref(V6(35万番台).jpg)
 
 
 36万番台のV6 トップカバーのロゴが黒抜き文字となった。
 #ref(V6(36万番).jpg)
 
 
 OEM機として海外に輸出され、RevueからRevue V6として販売されていた。
 #image(RevueV6.jpg)
 写真提供:トプ・ガバチョ様