※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Conv_Q0I3a_Text_jp.xml」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

Conv_Q0I3a_Text_jp.xml - (2008/03/18 (火) 02:23:34) の編集履歴(バックアップ)


皇帝セレンティス17世 おお、戻ったな! おお、戻ったな! おお、戻ったな! おお、戻ったな! はい、陛下。申し上げましたとおり、女王は陛下のお返事を待っておられます。 はい、陛下。申し上げましたとおり、女王は陛下のお返事を待っておられます。 はい、陛下。申し上げましたとおり、女王は陛下のお返事を待っておられます。 はい、陛下。申し上げましたとおり、女王は陛下のお返事を待っておられます。 そうかね。うむ……同盟の君主を長く待たせておくのは得策ではないな。 そうかね。うむ……同盟の君主を長く待たせておくのは得策ではないな。 そうかね。うむ……同盟の君主を長く待たせておくのは得策ではないな。 そうかね。うむ……同盟の君主を長く待たせておくのは得策ではないな。 お返事をいただけましたら、すぐにでも発ちます。 お返事をいただけましたら、すぐにでも発ちます。 お返事をいただけましたら、すぐにでも発ちます。 お返事をいただけましたら、すぐにでも発ちます。 むう…。しかし、まだ事は済んでおらんのだ。いま取り掛かっておるところでな。まだしばらくかかるだろう。王家の書簡などというものは、急いて仕上げられるものではないのだ。そうだろう? そこで、お前を待たせている間にやってもらいたいことがある。南にいるミノタウルスの奴隷商人について聞いたことはあるかね? 奴らのところへ行き、立ち退くよう掛け合って来てはくれぬか。 むう…。しかし、まだ事は済んでおらんのだ。いま取り掛かっておるところでな。まだしばらくかかるだろう。王家の書簡などというものは、急いて仕上げられるものではないのだ。そうだろう? そこで、お前を待たせている間にやってもらいたいことがある。南にいるミノタウルスの奴隷商人について聞いたことはあるかね? 奴らのところへ行き、立ち退くよう掛け合って来てはくれぬか。 むう…。しかし、まだ事は済んでおらんのだ。いま取り掛かっておるところでな。まだしばらくかかるだろう。王家の書簡などというものは、急いて仕上げられるものではないのだ。そうだろう? そこで、お前を待たせている間にやってもらいたいことがある。南にいるミノタウルスの奴隷商人について聞いたことはあるかね? 奴らのところへ行き、立ち退くよう掛け合って来てはくれぬか。 むう…。しかし、まだ事は済んでおらんのだ。いま取り掛かっておるところでな。まだしばらくかかるだろう。王家の書簡などというものは、急いて仕上げられるものではないのだ。そうだろう? そこで、お前を待たせている間にやってもらいたいことがある。南にいるミノタウルスの奴隷商人について聞いたことはあるかね? 奴らのところへ行き、立ち退くよう掛け合って来てはくれぬか。 しかし陛下、陛下の国には強力な軍勢がおありではないですか。彼らに任せることはできないのですか? しかし陛下、陛下の国には強力な軍勢がおありではないですか。彼らに任せることはできないのですか? しかし陛下、陛下の国には強力な軍勢がおありではないですか。彼らに任せることはできないのですか? しかし陛下、陛下の国には強力な軍勢がおありではないですか。彼らに任せることはできないのですか? たしかに、余の軍勢を送ることもできよう。しかし、アガリアの騎士がやってきたとなれば、彼らも迷うことはあるまい。 たしかに、余の軍勢を送ることもできよう。しかし、アガリアの騎士がやってきたとなれば、彼らも迷うことはあるまい。 たしかに、余の軍勢を送ることもできよう。しかし、アガリアの騎士がやってきたとなれば、彼らも迷うことはあるまい。 たしかに、余の軍勢を送ることもできよう。しかし、アガリアの騎士がやってきたとなれば、彼らも迷うことはあるまい。 兵士たちが何に迷うというのです? 兵士たちが何に迷うというのです? 兵士たちが何に迷うというのです? 兵士たちが何に迷うというのです? そう…。一つには、奴隷商人どもが余の国とアガリアの同盟を恐れているということ。そしてもう一つの問題は、地元の衛視や兵隊たちが、奴らからの「贈り物」を受け取っているらしいという点だ。見たところ、お前はそんな物欲とは無縁のようだからな。 そう…。一つには、奴隷商人どもが余の国とアガリアの同盟を恐れているということ。そしてもう一つの問題は、地元の衛視や兵隊たちが、奴らからの「贈り物」を受け取っているらしいという点だ。見たところ、お前はそんな物欲とは無縁のようだからな。 そう…。一つには、奴隷商人どもが余の国とアガリアの同盟を恐れているということ。そしてもう一つの問題は、地元の衛視や兵隊たちが、奴らからの「贈り物」を受け取っているらしいという点だ。見たところ、お前はそんな物欲とは無縁のようだからな。 そう…。一つには、奴隷商人どもが余の国とアガリアの同盟を恐れているということ。そしてもう一つの問題は、地元の衛視や兵隊たちが、奴らからの「贈り物」を受け取っているらしいという点だ。見たところ、お前はそんな物欲とは無縁のようだからな。 金を受け取って、奴隷の取引に目をつぶる者はまことの騎士ではありません。 金を受け取って、奴隷の取引に目をつぶる者はまことの騎士ではありません。 金を受け取って、奴隷の取引に目をつぶる者はまことの騎士ではありません。 金を受け取って、奴隷の取引に目をつぶる者はまことの騎士ではありません。 まさにその通りだ! そしてアガリアの騎士が余の国の岸辺を見回っていると知れば、奴らも二度とそこでは奴隷の取引をしようなどとは考えんようになるだろう。 まさにその通りだ! そしてアガリアの騎士が余の国の岸辺を見回っていると知れば、奴らも二度とそこでは奴隷の取引をしようなどとは考えんようになるだろう。 まさにその通りだ! そしてアガリアの騎士が余の国の岸辺を見回っていると知れば、奴らも二度とそこでは奴隷の取引をしようなどとは考えんようになるだろう。 まさにその通りだ! そしてアガリアの騎士が余の国の岸辺を見回っていると知れば、奴らも二度とそこでは奴隷の取引をしようなどとは考えんようになるだろう。