「翻訳のガイドライン」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

翻訳のガイドライン」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ここで翻訳するときのガイドライン。
 まああんまりこれにあわせて汲々とする必要はないんで、なんとなーく守れてりゃいや位のつもりで。
 
-なぁに、&bold(){誤訳したって世のDメィニア達がよってたかって直してくれるって!}
+なぁに、&b(){誤訳したって世のDメィニア達がよってたかって直してくれるって!}
 
 くらいの気持ちでGO!
 
 ----------------------
 
 **編集にはメンバー登録が必要です
 面倒でスマンですが、登録をお願いします。
 [[このウィキへの参加申請についてはこちらをご覧ください>http://www29.atwiki.jp/prdj/contributor]]
  
 **基本はD&D3.5eのPHBで
 PFは基本的に3.5eと同じor似た文で構築されてるんで、3.5eの内容と変わっていないようなら3.5eの訳文そのままでもいいやくらいの勢いで。なので、当然訳語も基本は日本語準拠。
 ちなみに[[3.5eSRDはこちら名>http://www.d20srd.org/]]。
 
 **翻訳のレベルとか精度とか
 ぶっちゃけた話、製品にするわけでも金取るわけでもないんで、本文の意味がざっとわかれば「完訳」にこだわる必要はないと思ってます。文章に含まれた英単語を余すところなく訳文に入れるのはすごいエネルギーと語学力が必要なんで、そこまでしなくても「ゲームが遊べればいい」くらいの気分でサクっと訳してくだされば十分かと。
 
 **訳した文は元の英文と入れ替える
 なので、わかるところだけ部分的に訳しても良し。
 むしろわからないところは無理して訳さずそのままに。
 同様に、訳語の定まっていない新単語もそのまま残してOK。
 
 **手を付けてるとこには・、終了した章には●印を
 訳が終了したら、左側のメニューの各項目に”・”印を入れてくだされ。
 (やり方がわかんなかったらご連絡ください)
 
 **wikiの編集方法がわからない
 そういう人はテキスト形式でもワードでもいいので、いしかわまでメールで送りつけてください。こちらで加工します。
 いしかわメルアド u1ro.ishikawa[あっとまーく]gmail.com
 
 **[特例]技能、呪文
 技能・呪文はPRDでは技能ないし呪文1つずつ別のページになってますが、これやると完成後、リスト作ったりって二次利用がすんごいめんどくなるんで、ABC順とかにして編集しようと思います。
 なんで、技能、呪文を訳してくれる剛の者はいしかわまでメールで送って下され。
 いしかわメルアド u1ro.ishikawa[あっとまーく]gmail.com
 
 **[特例]略語
 「訳語・訳文の基本はD&D3.5eのを元にして、なるべく3.5eの文の書き方に近づくよう努力する。」の例外として、「難易度:DC」「ダメージ減少:DR」「呪文抵抗:SR」属性各種(「秩序にして善:LG」)「戦技ボーナス→CMB」「戦技防御値→CMD」は略語表記。詳しい経緯は雑談スレ31-を参照。
 
 **英語ができないという人へ
 実は英語がわかんなくてもできる仕事はいっぱいあるのです。
 表とかリストの平打ちも非常に大切な仕事です。
 あとアイテムの解説文なんかも。
 呪文なんかは以前のまんまなものも結構ありますんで、そのへんのテキストを3.5eから拾ってきてベタウチしてくれるだけでも激しく助かります。
 頼む頼む。
 
 【著作権についてのポリシー】
 PFがD&D3.5版の実質的な続編であることを鑑みて、既存のD&D3.5版と同じ文章については日本語版の文章に準拠、引用しております。
 これは「基本的にゲーム翻訳は、いわゆる“技術書の翻訳形態”に準拠する」「よって、使用時の利便性を考えるに、術語や文章は統一されている必要がある」と言う考えに基づいております。
 よって、ここでの引用は著作権上、問題のない範囲での引用と考えておりますが、引用等の内容について疑義・ご意見のある著作者の方がおられましたらいしかわまでご連絡下さい。
 u1ro.ishikawa[アットマーク]gmail.com