※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「公王の友人」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

公王の友人」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 |BGCOLOR(#F08080):番号|KD07017|
 |BGCOLOR(#F08080):名前|公王の友人|
 |BGCOLOR(#F08080):読み|こうおうのゆうじん|
 |BGCOLOR(#F08080):Lv|2|
 |BGCOLOR(#F08080):スター||
 |BGCOLOR(#F08080):種別|ストラテジー|
 |>|&bold(){&color(#F08080){【大好きよ……スパーク……】}}&br()○赤の味方を1枚選び、ターンの終わりまで、BPを+3000。&br()○自分の山札の上から5枚のカードを捨札に置く。味方を1枚選び、ターンの終わりまで、そうして捨札に置かれたカードの★1つにつき、SPを+500。|
 |BGCOLOR(#F08080):ブロック|角川書店|
 |BGCOLOR(#F08080):作品|新ロードス島戦記|
 |BGCOLOR(#F08080):レアリティ|C|
 
 出た当初は、★★カードも☆カードも存在していなかったためほとんど使われていなかった。
 ウィニーで使われるSPパンプカードでは[[夢]]付きの[[ブラマンシュ商会]]が有名だったが、★★と☆カードが収録されてからは2キルまで狙えるSPパンプストラテジーとして多少知名度が上がり、使われることも少し増えた。
-BPパンプとSPパンプの対象は別でもいい点が使いやすい。
+BPパンプとSPパンプの対象は別でもいい点が使いやすく、ウィニー以外でも活躍の機会はつくれるだろう。SPパンプは対象制限されていないところも良い。
 
 ・2キルには最初の5枚に[[ゲマ]]と2ターン目までに2枚のこのカード、デッキトップから10枚の中に★を大量に入るデッキ構成と運が必要。2キルは難しくても3、4キルくらいを目安に戦っていくと良いだろう。
 
 ・先行を取り2キルできる流れまで行くと、相手は妨害がほとんど不可能(BPもパンプするので[[焼きそば喫茶『どんぐり』]]では防げない)。
 
-・先行2キル対処としては、[[毒島冴子(FJ11026)]]と[[毒島冴子の本質]]をトラップから破棄。コストを[[佐倉美咲]]で[[毒島冴子(FJ11026)]]を出し、[[佐倉美咲]]の除去能力を[[ゲマ]]に撃つと防げる。一応、2キル成功確率より対処成功する確率のほうが若干高め。
+・先行2キル対処法は次の通り。[[毒島冴子(FJ11026)]]と[[毒島冴子の本質]]をトラップから破棄。コストを[[佐倉美咲]]で[[毒島冴子(FJ11026)]]を出し、[[佐倉美咲]]の除去能力を[[ゲマ]]に撃つと防げる。一応、2キル成功確率より対処成功する確率のほうが若干高め。
+
+・[[無限ドロー]]に[[赤]]を組み込むかたちでのこのカードの採用も面白いかもしれない。[[フォルテ・シュトーレン]]型や[[根性]]型などのほかに、この[[奥城いろり]]操作型([[宮藤芳佳]]を含む★だらけデッキを作り撃つ型)ワンショットもアリかもしれない。