※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「47」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

47 - (2016/02/02 (火) 00:06:20) の編集履歴(バックアップ)


470 植物学

 

光合成

 

年輪

英語では「growth ring」と言う、樹木の幹を切った断面などに見られる 
同心円状の模様に形成される成長輪のことを一般に何というでしょう。
15/03/29「弥生賞

 

APG体系

 

花言葉

誕生花

 

アロエ

俗に「医者いらず」と呼ばれて古くから薬に用いられてきた植物で、
古代エジプトでミイラを作るときにも利用されたものは何でしょう?
05.12.13「混合」◆kdRNbYEGAc

 

クチナシ

種子が熟しても果実が口を開かないということから
その名が付いたと言われ、
栗きんとんの色付けなどに使われる植物は何でしょう?
05.12.26「初心者」◆kdRNbYEGAc

 

サクラソウ科

シクラメン

・サクラソウ科シクラメン属に属する多年草(1年や2年で枯れること無く よく生き残れる草)の球根植物。
・大和言端(ヤマトことば)では「カガリビバナ(篝火花)」と呼ばれる。
 「カガリビバナ(篝火花)」の他には、「ブタノマンジュウ(豚の饅頭)」という和名をも持っている。
・地中海地方が原産の草花であって、ハート形をした柄の長い葉には白斑があり、花茎を伸ばし花をつける。
 シクラメンは元々地中海沿岸、ギリシャからチュニジアにかけて原種が自生している。 
・日本には明治時代に伝わった。日本での本格的な栽培は、岐阜県恵那市の伊藤孝重の手により始まった。
・「死」「苦」との語呂合わせ、花の赤色は血をイメージするなど、病院への見舞いにこの花や鉢植えを持っていく事は
 縁起が悪い組み合わせとされている(鉢植えは「植え」が「飢え」、「根付く」が転じて「寝付く」となる語呂合わせのため)。

 

「5ヒントクイズ」 [16/01/14「B2」]

ヒント① : 原産 : 地中海沿岸
ヒント② : 日本での本格的な栽培は、岐阜県の“伊藤孝重”氏から
ヒント③ : 別名 : 「ブタノマンジュウ(豚の饅頭)」「カガリビバナ(篝火花)」 [08/02/04「初」◆Ukpl/d3W6Q]
ヒント④ : お見舞いに鉢植えを持っていくのは縁起が悪い。
ヒント⑤ : 布施明の代表曲『○○○○○のかほり』

93/01/17「A25」#0899

 

バラ科

 

果物として食されることの多い「モモ」は【 何 】科モモ属の植物でしょう。
16/01/30「節分特別

 

 

柊、ヒイラギ、ひいらぎ

木偏に「春」と書く植物は「つばき」、
木偏に「夏」と書く植物は「えのき」ですが、
木偏に「冬」と書くモクセイ科の植物は【 何 】でしょう。
(漢字では不正解とします、仮名でお答え下さい。)
16/02/03「節分特別

 

 

Ans. スプリング・エフェメラル
直訳すると「春の儚い物」「春の短い命」となり、「春の妖精」という別名もある
“春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす一連の草花の総称”
を指す言葉は「スプリング・【 何 】」でしょう。
16/01/30「立春特別

 

プランター(planter)

“【 ○○○○○ 】は装飾用の草花を植えたり活けるための鉢や箱の事。” 
“日本で「 ○○○○○ 」と呼ぶ場合、プラスティックを使用した長方形のものが一般的”
16/01/16「ウィキペディア杯