QMetaEnum

「QMetaEnum」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

QMetaEnum」の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

**QMetaEnum 列挙型のメタデータを表すクラスです。 **メソッド bool QMetaEnum::isFlag() const この列挙型がフラグとして使用されている場合はtrue、そうでない場合はfalseを返します。 bool QMetaEnum::isValid() const この列挙型が有効(名前を持っている)場合はtrue、そうでない場合はfalseを返します。 const char * QMetaEnum::key(int index) const 指定したインデックスのキーを取得します。 そのようなキーが存在しない場合は0を返します。 int QMetaEnum::keyCount() const キーの数を返します。 int QMetaEnum::keyToValue(const char * key, bool * ok = 0) const 指定したキーに対応する整数値を返します。 そのようなキーが存在しない場合は-1を返し、ok にfalseを設定します。 int QMetaEnum::keysToValue(const char * keys, bool * ok = 0) const 指定した複数のキーに対応する整数値を返します。 そのようなキーが存在しない場合は-1を返し、ok にfalseを設定します。 複数のキーは"|"で区切って指定します。 const char * QMetaEnum::name() const スコープを除いた列挙型の名前を返します。 例 Qt::AlignmentFlag は AlignmentFlag が名前になります。 const char * QMetaEnum::scope() const 列挙型のスコープを返します。 例 Qt::AlignmentFlag は Qt がスコープになります。 int QMetaEnum::value(int index) const 指定したインデックスの値を返します。 そのような値が存在しない場合は-1を返します。 const char * QMetaEnum::valueToKey(int value) const 指定した値に対応するキーを返します。 そのような値が定義されていない場合は0を返します。 QByteArray QMetaEnum::valueToKeys(int value) const 指定した複数の値に対応するキーを返します。

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: