「ホハフ2003・2004」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ホハフ2003・2004」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
-<h1 style="text-align:center;"> </h1>
+<h1 style="text-align:center;"><a href="https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/qtrain/attach/464/474/s_IMG_4269.JPG">
+<img alt="" src="https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/qtrain/attach/464/474/s_IMG_4269.JPG" style="width:800px;height:600px;" /></a></h1>
+<h1 style="text-align:center;"><a href="https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/qtrain/attach/464/475/s_IMG_4276.JPG">
+<img alt="" src="https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/qtrain/attach/464/475/s_IMG_4276.JPG" style="width:800px;height:600px;" /></a></h1>
 <h1 style="text-align:center;"><strong><font size="4">ホハフ2003・ホハフ2004(片上鉄道ホハフ2000形客車) <br />
  岡山県久米郡美咲町吉ヶ原394-2 柵原ふれあい鉱山公園(<a href="https://www.google.co.jp/maps/place/%E6%9F%B5%E5%8E%9F%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E9%89%B1%E5%B1%B1%E5%85%AC%E5%9C%92/@34.9434286,134.082361,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xfc44e1674cc982e!8m2!3d34.9434286!4d134.082361" target="_blank">MAP</a></font></strong><font size="4"><strong>)</strong></font></h1>
 <hr /><p style="text-align:center;"><br />
 写真提供 刑事長:撮影 2017/11/26<br />
 最新の情報提供 刑事長:情報更新 2017/12/03</p>
 <hr /><p> </p>
 <table border="2" cellpadding="1" cellspacing="1" style="height:250px;width:700px;"><tbody><tr><td style="text-align:center;"><span style="font-size:16px;"><strong>現在の状況</strong></span></td>
 <td>
 <p>動態保存 毎月第一土曜日に片上鉄道保存会による展示運転が行われており、1日会員券(300円)の購入で乗車できる。</p>
 <p>(撮影時は美咲町主催の「ぽっぽまつり」が開かれていて特別運転が行われていた)</p>
 </td>
 </tr><tr><td style="text-align:center;"><strong><span style="font-size:16px;">管理者</span></strong></td>
 <td>美咲町、片上鉄道保存会(線路・車両の整備)</td>
 </tr><tr><td style="text-align:center;"><span style="font-size:16px;"><strong>協力募集</strong></span></td>
 <td>毎月第4日曜日に1日会員として線路・車両の整備等に参加できる</td>
 </tr></tbody></table><p>
  1950年ナニワ工機(現アルナ車両)製。戦災で廃車となった国鉄車両の台枠や台車を再用しており、17メートル級木造客車であった22000系客車の台枠を切り継いで製作されたとされている。国鉄61系客車(22000系客車の台枠等を利用して鋼体化した車両)に似た車体を持つが、デッキ部がオープン構造になっており、また車内は通学輸送に対処すべくセミクロスシートになっている。朝の通学輸送を中心に廃線まで使用。1991年の廃線後は柵原駅跡で保管され、柵原ふれあい鉱山公園の開設のために1997年、DD13-551に牽引され旧吉ヶ原駅へ移動。</p>
 <p> </p>
 <p> </p>