※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「翠星石短編41」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

翠星石短編41 - (2009/08/13 (木) 20:35:13) の編集履歴(バックアップ)


とある海岸で我々は、奇跡のインタビューに成功した。


相手は、釣り名人である翠星石氏。

「チビ苺。こいつは、文字通り雑魚ですぅ。
仕掛けや場所は関係なく、ただエサを付けていれば食いついてくるですよ」

不敵な笑みを浮かべながら海を見つめる翠星石氏。
その釣りに関する情熱が伺える一コマである。

「ま、この翠星石にかかれば、真紅だって余裕で釣り上げる事が出来るですぅ」

海のギャングと呼ばれる真紅ですら釣り上げると豪語する翠星石氏。

「簡単な事ですよ。エサに『くんくん人形』を用意すれば良いですぅ。
問題があるとすれば……
このエサでも雛苺がかかる時があるですよ。
慎重に様子を見て……引きが強いなら、真紅で間違いないですぅ!」

もはや、彼女に釣れない生物はいないのではないか。
そう考えた我々の前で、翠星石氏は不意に表情を曇らせた。 

「いや……流石の翠星石でも……水銀燈だけは釣れなかったですぅ……」

意外な告白に目を丸くした我々に、翠星石氏は少しはにかみながら続けた。

「水銀燈を釣るには、エサに『めぐ』が必要なんですよ。
で、めぐを釣るエサは水銀燈しかなくて……
こればっかりは、お手上げですぅ」


翠星石氏によって明かされた最難関の存在。

それを胸に我々は、蒼星石氏に釣り上げられた翠星石氏へのインタビューを終えた。



【大物は】【水銀燈】