「09007」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

09007」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-|写真|RIGHT:&image(https://img.atwikiimg.com/www8.atwiki.jp/sangaku/attach/175/305/09007illust.jpg,width=800)[[和算の館>http://www.wasan.jp/totigi/bannaji1.html]]&BR()[[群馬県和算研究会>http://www.ene1.me.gunma-u.ac.jp/wasanken/sangak-corner/banna.htm]]|
+|写真|[[和算の館>http://www.wasan.jp/totigi/bannaji1.html]]&BR()[[群馬県和算研究会>http://www.ene1.me.gunma-u.ac.jp/wasanken/sangak-corner/banna.htm]]|
 |復元想像図|CENTER:NO IMAGES|
 // 
 |奉納年|嘉永元年(1848)3月|
 |掲額者|増田善右衛門元幸門人|
 |緒元|縦90cm ×横180cm|
 |問題数|3|
 |奉納先住所|栃木県足利市家富町2220|
 |奉納先名称|鑁阿寺 一切経蔵|
 |別保管住所||
 |別保管名称||
 |文化財指定||
 |拝観時注意事項||
 
 ||CENTER:図|CENTER:額文|CENTER:注|CENTER:現代文等|
 |||(和歌が一首書かれている)|||
 |||最上流数者&BR()増田善右衛門&BR()元幸|||
 |問1||今有太極内陰陽之二個容共積七千一百一十寸歩只云小方&BR()面(ヨリ)大方面多事四歩問小方面幾何|||
 |答1||答 小方面一十三寸&BR()大方面一十七寸|||
 |術1||術曰立天元一為小方円 A 再自乗之為小方積得 B 寄位&BR()列小方面加入於為大方面 C 再自乗之為大方積 D 加小&BR()方積為共積 E 寄左列共積与寄左相消得開方式 F 立方&BR()開之得小方面推前術得大方面合問|||
 |問2||今有天地乾坤十二支之十六箇容事外径三十二寸積八百〇四坪&BR()二分四厘九毛六糸十六箇径及人径問幾何|||
 |答2||答曰人径一寸|||
 |術2||術曰置積以定率除〇十六段除得積五乗方式合問|||
 |問3||今有如図五行五箇積和八十五歩三分二厘五毛方面径寸各等方&BR()積従四個積不及事三十九歩六分七厘五毛問各面径|||
 |答3||答面径五寸|||
 |術3||術曰立天元一為等面寸 G 自之為面径冪 H 以五之為五&BR()段面径冪寄左 K 別列五箇積以加又云員為方面五段相消寄&BR()左 L 得開方式 M 合問|||
 |||補助門人次第不同|||
 |||門人名多数 略|||
 |||嘉永紀元蘢集戊申春月吉日&BR()元幸男&BR()同苗芳三郎元春拝書|||
 
 額文は「栃木の算額」による。A~Mの箇所には算木による数値が記載されている。
 
 #comment()