「現地への観光旅行」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

現地への観光旅行 - (2013/06/08 (土) 19:39:03) の編集履歴(バックアップ)



 ようこそ「海のまほろば」対馬へ!
 対馬市非公認キャンペーンガール、恵海(めぐみ)ちゃんです。

 「現地への視察旅行」では怖い話をしたので観光で楽しみましょう。韓国人観光客に負けないくらい、現地でお金を落としてください。対馬は海・山の雄大な大自然、悠久の歴史遺産などが豊富にあります。
 まぁ、対馬市観光物産協会の公式サイトを見たほうが詳しく載っていますがざっと説明します。

龍良(たてら)山の縄文杉

  対馬の龍良山は、天道信仰(山岳信仰+太陽信仰のようなもので、対馬独自のもの)の聖地として立ち入りが禁じられ、 原始の照葉樹林として、国の天然記念物に指定されています。 屋久島だけではありません!!スダジイ・イスノキなどが他の地域では 見ることのできない巨大な姿を見せています。

烏帽子岳展望台から見る浅茅湾

 360度をぐるりと見渡せる展望台。そこから見える浅茅湾は、幾重にも連なる山々、海に浮かぶ大小無数の島々、リアス式海岸の波静かな海などその眺望は雄大です。 詳しくは管理人の対馬旅行ブログをご参照のこと。

日露友好の丘

 1905年(明治38年)5月27~28日。日露戦争末期の日本海海戦にて、日本の連合艦隊はロシアのバルチック艦隊を殲滅しました。
 撃沈されたウラジミル・モノマフ号の水兵143名は、4隻のボートに分乗し、現在の上対馬町西泊殿崎に上陸しました。戦況を見守る傍ら農作業をしていた農婦は、命からがら逃げ延びてきたこの水兵達を水の湧き出す泉へ案内し、夜は西泊の民家へ分宿させるなど、手厚く持て成しました。
 明治44年、地元有志らによってこの地に記念碑が建てられました。題字の恩海義喬(めぐみのうみ、ぎはたかし)は、この話を聞き心を動かされた東郷平八郎連合艦隊司令長官の書によるものです。

八丁郭(はっちょうかく)

 不思議な名前ですね。対馬にかつて存在した天道信仰の祠のある聖地です(厳原町・浅藻(あざも)地区)。かつて「オソロシドコロ」と島民から畏れられたパワースポットです。 対馬 島ブログ様より引用

和多都美(わだつみ)神社

 10世紀の「延喜式」にも記録があり、遠く神話の時代を偲ばせる神秘的な雰囲気を漂わせています。・・・ただ、絵馬の落書きはひどい。 詳しくは管理人の対馬旅行ブログをご参照のこと。


金田城跡(かねたのきあと)

 天智2年(663)日本・百済連合軍は白村江の戦いで唐・新羅連合軍に敗れました。その後の侵略に備えるため朝廷が築城した山城です。

マリンレジャー

 リアス式海岸を巡るシーカヤック、および釣り・ダイビングも人気です。

トレッキング・バードウォッチング

 対馬は山深く沢山のトレッキングコースがありますが、特に霊峰・白嶽は大人気です。もちろんバードウォッチングも楽しめます。太古の昔半島と陸続きであったが離れたため、日本本土とも半島とも違う生態系があります。

ツシマヤマネコ

 大陸と陸続きだった氷河期の生き残り、ツシマヤマネコ。推定生息数は約100頭ほどで国天然記念物・絶滅危惧IA類(CR)に指定されました。対馬野生生物保護センターでは、ツシマヤマネコが一般公開されており、身近に見ることができます。

対馬砲台史跡

 日清戦争前~第二次大戦中にかけて対馬には31か所もの砲台が建設され、要塞となりました。今でも史跡が残っており、往時をしのばせることができます。
 金田城跡といい、あらためて対馬が国防上の要衝地かを浮き彫りにする史跡です。
 対馬砲台案内パンフ(PDF)


他にもあります

 とにかく対馬は広く山深い島です。自然と歴史遺産はたくさんあります。

便利な観光地図

 対馬観光地図に載せましたが、
 対馬市観光物産協会制作の地図がとても便利です。ぜひご利用ください。

より大きな地図で 対馬観光地マップ を表示

パックツアーのご案内

 観光各社の販売する対馬旅行パックツアーをご紹介します。



 お願い:実際に旅行された方は、自由掲示板へ報告していただけると助かります!!

申し訳ありませんが、link_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。
←このページへのアクセス履歴を公開します。通算アクセス数とリンク元です。
合計: - (2013.04.17以降)+4(2013.04.16以前の外部リンクからのアクセスのみカウント)
今日: -
昨日: -

 このページにご賛同くださった方は、↓twitter、Facebook等で拡散いただけるとありがたいです!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。