アルバム未収録

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルバム未収録曲
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
お父さんとばとみんとんをすると いつも羽が背中にぶつかる
そんな生やさしいものじゃなくて 鉄のような羽があたる

あれはワザとだろうと思う 暴力的な意味じゃなくて
ただなんとなく
僕の背中が豪速の羽を求めているように見えるんだろう

友人とテニスをすると いつもボールが背中にぶつかる
そんな生やさしいものじゃなくて
お母さんがハエを殺そうとすると いつもハエたたきが頭に
そんなに臭いはずはない 今お風呂から出たばかり

あれはワザとだろうと思う 虐待的な意味じゃなくて
ただなんとなく
背中と頭がそういうものを求めているように見えるんだろう

認めない 絶対に認めない
認めない 色んな意味で
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
今 うしろから声をかけないで
自転車 転んでケガをしちゃうよ
体中から 色々なところから
液やら何やら出てきてしまうよ

むしろそれがお望みでしょうか
君は僕を笑うのでしょうか
無様な姿を望むのでしょうか
だったら お望み通りに

ころんだ 大きな音と共に
ころんだ コロリ 死んだように
ころんだ アレ まぶしすぎて
さよなら 僕の小さなプライド

今 前から声をかけないで
すんなり顔を上げられないの
今 目を見て話しかけないで
その目を見返すことなんて無理なの

むしろそれがお望みでしょうか
だけれど できないものは無理

くずんだ 僕のくすんだ目
くすんだ 一日中夜になった
くすんだ アレ まぶしすぎて
さよなら どうか さようなら

ころんだ 大きな音と共に
ころんだ コロリ 死んだように
ころんだ アレ まぶしすぎて
さよなら 僕の小さなプライド
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
ぼくはかばん あの子のかばん
誰もがうらやむ あの子のかばん
毎朝せっせと背負われる
ぼくはかばん あの子のかばん

洋服ほど直接は触れられない
本当はもっと近付きたい
裸エプロンみたいな着こなし
裸かばん いつも夢みてる

あの子の方はやわらかいのだろうか
その二の腕はどうなんだろうか
さわりたい ふにふにされたい
だからもっと夏になって

ぼくはかばん あの子のかばん
誰もがうらやむ あの子のかばん
シャイなgirl あの子のかばん
ぼくはかばん あの子のかばん

夏だからってやめないで
違うかばんにかえないで
冬の厚着じゃもの足りない
裸かばん いつも夢みてる

ぼくらの関係も早1年 そろそろ離れられなくなって
ぼく無しじゃ頭がおかしくなってしまえばいいのに どうしたの
冬になってもぼくはだらりと壁にもたれて引きこもりっきり
誰もがうらやむあの子のかばんは違うかばん

ぼくはごみ
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
女として近付けばよかったなぁ 君には
仲良しさんで終わりかな このまま 君とは
しっぽ振っていればよかったのかなぁ 君には
何もないまま終わりかな このまま 君とは

シールを貼ろう たくさん貼ろう
体中に貼ろう たくさん貼ろう
そうやってキラキラになるの
僕だけではもう 君の目を引けない

君が帰ったあとにこっそり ひみつで
君の使ったコーヒーカップで ひみつで
僕はコーヒーを飲むのです ひみつで
何もないまま終わりかな このまま

胸をはろう たくさんはろう
たくさんはろう たくさんはろう
そうやって過去にするの
僕だらけでもう 悲しくしかなれない
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
いつまでも そうして 表ばかりなんて
嘘もたいがいにして そろそろいいだろう
そうしないのならば 僕が疑うだけ
くるり まわる 蛇口は閉まらない

もう フタさえも閉められない
もう うまく抜け出せもしない
もう フタさえ閉められない
もう フタさえ閉められない

半分まで咲いた あとは全部すてた
そん位が丁度良いんだって思って隠した
500冊の本を廊下に並べて
火をつけて少しずつわかったふりした

もう フタさえ開けられない
もう うまく抜け出せない
もう フタさえたべられない
もう フタさえたべられない

嫌になった この状態がずっと先にまであって
それはそれでキレイだと思っちゃったから
今日はサヨナラしよう
今日はサヨナラ、また会う日まで
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
帰りたいよ 後ろ向きで帰りたいよ
三角のかたち 押してみると同じ風景
大きくなって破裂してゆく君たちを
箱にしまって 宝物にしたいよ

音の鳴る方はいつも 誰もいない空き地の木の陰
白い犬がほえているように思っていたのは僕のほうで
本当にほえ続けているのは 誰なのかな

ひどいにおいだ 何かがどこかに座ってる
からむ指をふりほどけず くり返すばかりで
煙を吐いた 嘘も吐いた 砂も掃いた
キレイにならない どうやっても

音のある方はいつも 何にもない青い布のなか
青白い僕がほえてるように思っていたのは僕のほうで
本当にほえ続けているのは 誰なのかな
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
ポッて開いた壁 なぐりつけて
穴を開いて また閉じた
キャッて鳴いた女の子
かわいくて悔しかった

さあ まわろう 左耳の声で
さあ まわろう 踊らされてるように
さあ まわろう 左耳の声は
いち、に、さん かきまわしてる

いつもそうだった 仕方ないよ
結局そのくり返し
悲しいなぁ どーってことないよ
くるり さらり どーろどろ

さあ まわろう 左耳の声で
さあ まわろう 踊らされてるように
さあ まわろう 左耳の声は
いち、に、さん かきまわしてる?
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞:キルヒホッフ 作曲:山田鰆
だって それはブラインド
きっと あれは流れ星
だって それはフェイバリット
きっと それは毎日だ

お腹減ったな 昨日夕飯

わからない すべて忘れ そんな日でも日曜日
さぁ 缶蹴りをしようよ でも外に出たくない

あんた ちょっとどきなさい
まって もうちょい時間を
もっと 叫んで大きく
とって それをとってよ

グライダー 空 そしてカエルとぶ
ヘビ、ハトにウサギたち
みんなねむる ずっと ずっと
もうやだ チャリに乗って東に向かうんだ
バイバイ
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞:岩清水、山田鰆 作曲:山田鰆
どうか消えないで みんなひとりになってしまう
いつか消えて 超えてしまって 思うだけで、もう嫌だな
あぁ、なんでかな 未来に過去を重ねて 悲しいふりして
あぁ、どうしよう 空を眺めてみても、何も見えなくて

でもね、嘘じゃないの
でもね、何もできなくて
でもね、どうにかしたくて
でもね、どうにもできなくて

あなたの隣にいたくて、触れたくて、ずっと、ずっと
必死に思って、届けたくて、でもね

でもね、届けたくて
でもね、わからなくて
でもね、愛していて
でもね、遠すぎてね
でもね、届きそうでね
でもね、愛して欲しくて

僕は、くずぶってばかりでね
僕は、遠すぎてね
僕は、届けたくて
僕は、僕は、僕は

あーあ、なんかきれいだな
あーあ、なんかできないかな
あーあ、なんか思い出してさ
湿って、こぼして、ぬぐいきれそうにないなぁ
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
新聞で偶然彼女の死を知った友人が電話で僕にそれをおしえてくれた
友人は電話口で新聞の一段記事をゆっくりと読み上げた

平凡な記事だ

「誰とでも寝る名前のしらない女の子がいた」
それが彼女の名前だ

彼女の名前は忘れてしまった
今となっては彼女の名前なんてどうでもいい
僕は彼女の名前を忘れてしまった

それだけのことなのだ

「誰とでも寝る名前の知らない女の子がいた」
それが彼女の名前だ
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
けむったい らんらん星人
まるっこい カクカク四角に
終わっちゃった わたし 昨日
きらきら お外のひかりに
困ってんの 勝手にひとりで
走ってんの わたしのまわり

育ってんだ

きみときみのうしろにわたし
フラダンス ゆらり 帰りたい 明日まで
猫と犬とキツネとわたし
だまし合い 勝ったら おあいこね 仲良くね

右手 人差し指バター
不可解な終わり方 上手に
あかい雲 のぼり降りしてる
たのしくない おもしろくもない
砂場でひとり乗り かなしい?
不安定な追いかけっこ ねえ

まくってんだ

きみのまえとうしろでわたし
前のめり ころり お願いよ 明日まで
猫が犬でキツネがわたし
わかんない どうしよう できるかな できるかなあ?
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
さぁさぁ みんなどこへ行く
さぁさぁ わたしはどこへ行く
おいてけぼりで舌を巻くようだ ここじゃ
キツエンしても溢れてる
右を向いても向けてないような気がしてた
誰も教えてはくれない

何で言っちゃったのかな
ヒミツの言葉 ヒミツの合図
全部 知らないふりで
何で言っちゃったのかな
ヒミツの言葉 ヒミツの合図
さよなら合図 みどりのアイツ、だよ
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞:山田鰆 作曲:山田鰆、とん・ぶり
お久しぶりのこんにちは また日が暮れるさようなら
お会いしたまま影送り 真っ黒ペダル 二段跳び
コントロールが効きません 誰の話も聞きません
煙とばして待ちぼうけ 鬼さんこちら どちら様?

またね 指のようになりたいと思ってたけど
またね どうやらここで諦める決意をしなきゃ
またね 小さな手足 ノートに裏を書いておくよ
またね わたし 思い出して まだ泣くの?って訊いてほしい

またね 嘘のように舌を出して下向くよ
またね どうやらここで諦める決意をしなきゃ
またね 飲み下した結末にはしたくない
またね わたし たった1人で 影を迎えに行くから
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
はなればなれになったら忘れます
その位が良いなぁ、ってずっと
一体あと何人“あなた”を作るの
純情ぶってまた腰ふんのか

全く まぁまぁ バカらしい
逃げきり勝負 逆走娼婦

逆から読んだら しんぶんし
表に返すと こいごころ
ヒマ潰しにもなりません
浸る相手をお間違えのようです、よ

気分が済んだら忘れます
その位で良いなぁ、ってずっと
コピーくり返し ガタゴト パタリ
純情ぶってまた愛ですか

全く まぁまぁ バカらしい
逃げきり勝負 逆走娼婦

逆から読んだら まぐまぐま
表に返すと あいしてる
ヒマ潰しにもなりません
何をしたいか ハッキリどうぞ

逆から読んだら しんぶんし
表に返すと こいごころ
ヒマ潰しにもなりません
浸る相手をお間違えのようです、よ

さぁ ごゆっくりどうぞ
僕は黙っていますので
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
透明ボトル 半透明優子
遠めに見る 違反と言う子

どうして どうして
右向いた 左向いた 真ん中へ落ちた
おきざりのワナの中 空中作戦 タイプA

明朝のダイブみたいに
だまされたまま 雨でいたいな
触る頬 その目的は
気付かないふり 5mm方眼紙

高速道路 わき見走行
光速進行 違反でどうこう

どうして どうして
袋あけた もれだした 毎日のように知っていた
書き溜めた白紙の“し” 夢のタンギス

髪結いの少女みたいに
掴んで放す 歯車の町
愛 生きる 意味
知られないまま
6の顔だけ夕食にする
いや、して
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
作詞作曲:山田鰆
こんな夜に聴きたくなる ちょっと首ひねって聴きたくなる
このまま朝を迎えられたらなぁ… なんて言ってる
手の平の上で転がってみる 墜落現場で転がってみる
知らない朝を迎えられたらなぁ… 通りすがる

ゆえに「。」で会話をする
夢に まるで 追われているようで
前に 前に ずっと前に切り取った
目の上のたんこぶだけ 信じてる

こんな夜に聴きたくなる ワン、ツー、ステップで聴きたくなる
このまま朝を迎えられたらなぁ… なんて思ってる
振り返る前に聴きたくなる 本当の嘘を聴きたくなる
いつかの朝は迎えたくないから

こんな夜に聴きたくなる ちょっと首ひねって聴きたくなる
このまま朝を迎えられたらなぁ… なんて言ってる
わからないフリしてだましてみる ごめんなさいだけ繰り返して
穴だらけ 得点付けてランキング ラジオの時間
最終更新:2012年08月16日 00:57
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル