※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「登場人物の末路:予想」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

登場人物の末路:予想」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 リロイ:新たに覚醒した『ロキを宿す者』と戦い、消滅。
 ラグナロク:相棒を失い、また眠りに就く。
 レナ:マナを失い、自殺。
 フェンリル:ガルムと相討ち。
 ジェイス:リロイに敗北して死亡、だが顔には安堵が浮かんでいた
 テーゼ:リロイやカルテイルなどの足を引っ張りながらしぶとく生き残り、読者の反感を買う。
 イレーヌ:宇宙空間に飛ばされて帰ってこれなくなる。
      そのうちイレーヌは考えるのを止めた。
 カイル:革命成功、後に教団解散になり無意味に
 ベネディクト:ヴァーリ(ルーファス)と和解し仲良く暮らす
 ランディ:自らが覚醒させたもう一人の『ロキ』に、殺害される。
      ロキの圧倒的な『力』に満足し、狂気の哄笑を上げながら死を迎えた。
 エルナ:ランディの卑劣な施術により体内に宿していた『ロキ』が覚醒。ロキに精神をのっとられる。
     ランディ殺害後、リロイと最後の死闘を演じることとなる。
 ザント:イレーヌの役に立てないということを思い知らされる事態に遭遇し
      絶望しながら無残に死ぬ。
 メーヴェ:人間を守るために身を賭し、死ぬ。そして伝説として語り継がれる。
 アズサ:リロイの子を宿す。教育ママに。
 リゼル:シェフ兼画家となる。
 カルテイル:息子の奪還に成功。フリージアに看取られ、彼の地へ。
 カルテイルの息子:生還して、新たなる希望に。後に、リロイのラグナロクの継承者となる。
 リュヴィール:エッダの幻影に抱かれながら死亡。
 アングルボザ:ロキに殺される。
 トゥーゲント:リロイに勝つも、リロイを庇いシュタールに殺される。
 ラスター:リロイに掘られるも、リロイを慕い愛人となる。
 シュタール:檻に完全に閉じ込められる。
 ベストラ:リロイの子を見守る。
 バルドル:ルーファスに捕まり、公開処刑。
 スキート:株で成功し悠々自適な生活を送りながら福祉活動をはじめる
 
-ヤスケン:長年コンビニのバイトをするがいつまでたっても実習生扱いでブチキレ
+yskn:超長編あとがきを現在執筆中
+tasa:いつまで待っても口絵の依頼がこないので大阪を去り故郷の広島でysknの復活を待つ