「声戟序章」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

声戟序章 - (2007/08/11 (土) 21:42:19) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

+***声戟序章
 
+作者:俺 ◆tKFpP5znIw
+
+
+――人々は未だ知る由(よし)もない。
+
+世界とは創造と想像の産物である。
+過去によって現在はそうぞう(創造/想像)され、今も人は未来をそうぞう(想像/創造)している。
+しかしそのそうぞう(想像)が打ち砕かれてしまえば、そうぞう(創造)とてただ烏有(うゆう)に帰(き)するのみ。
+即ちそれは、世界の「死」。それを成さんとする力が、歴史の裏で密かに繋がれてきた。
+それは杳(よう)として虎視眈々と営為(えいい)の陰に潜み、そして現在、ついに再び牙を剥こうとしていた。
+
+
+――人々は未だ知る由もない。
+
+世界とは破滅と再生の反復である。
+破滅によって歴史は何度も崩壊を迎え、そして再生によって歴史は何度でも堆積を重ねた。
+時を紡ぐ二つの力……破滅のテーゼを謳(うた)う【御厨(みくりや)】、再生のテーマを詠(うた)う【臍】。それは交わることなき永遠の平行線。
+そして、歴史をただ鳥瞰(ちょうかん)する力【うっふんブレス】。歴史にはいつも、三つの力が根ざしていた。
+
+
+
+
+――人々は未だ知る由もない。
+
+
+
+歴史はやがて現在へと、情報と科学が世界を席巻(せっけん)する時代へと至る。
+世界に破滅の温床を今まで認(したた)め続けた【御厨】が、
+世界に再生の福音を今まで齎(もたら)し続けた【臍】が、
+世界に干渉の吐息を今まで暖め続けた【うっふんブレス】が、
+今、まさに動きだそうとしているのである――――。
+
+
+
+
+
+
+声戟(せいげき)、それは世界を辿る物語。
+
+
+
+
+///////////////////////////
+語注
+烏有に帰する・・・無になる。なくなる。
+杳として・・・ 事情などがはっきりしない様子
+営為・・・いとなみ。
+テーゼ・・・命題とかそんなん。
+鳥瞰・・・高い所から広い範囲を見おろすこと。
+席巻・・・はげしい勢いで、自分の勢力範囲をひろげること。
+
+
+【あとがき】
+声劇スレをテーマに書いてみようかと思ったら何故かこうなった