「岩嵜翔」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

岩嵜翔」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 岩嵜翔
 
 背番号17 投手 右投右打
 
 -本来は「岩&bold(){嵜} (崎の字は山かんむりに立・可)」であるが一部メディアでは「岩崎」と記載される。
 -2007年のドラフトにて、翔さん(公)を外したホークスと由規(燕)を外した中日が競合。その結果、高校生ドラフト1位で市立船橋高校からホークスに入団。
 -スタイルから[[斉藤和巳]]2世を期待されるも、力投型かコントロール型に進むのが良いのか、たかせん住民の中でも意見が分かれる。とはいえ、期待されているのも事実である。
 -MAX150km/h台の速球やスライダー、フォーク、カーブやチェンジアップが武器。
 -NPB史上初の&bold(){ファーム日本選手権で2度MVPに輝いた選手}でもある。
 
 -入団一年目は二軍で12試合を投げて5勝2敗。防御率1.93と安定感ある成績を残し、一軍登板へ。結果は3回3失点だったが、ホークスでは[[寺原>寺原隼人]]以来&bold(){6年ぶり}の高卒ルーキー一軍登板となった。この年、ファーム日本一決定戦に先発登板すると、優勝投手となりMVPも受賞した。
 -2010年オフ、[[ばっさん>大場翔太]](と[[倉野コーチ>倉野信次]])と一緒にウィンタリーグへ派遣。成績を残さなければ即帰国という条件下、「向こうで太ってくれたらいいな」くらいのたかせん民の期待の中、覚えたてのツーシームを活かし、なんと最多勝投手や週間MVP&右投手ベストナインを記録!ばっさんと共にオールスターにも選ばれ、地元新聞紙には&bold(){「マウンド上の寿司職人」}という、ツッコミが追いつかない紹介を受ける。倉野コーチの体重と髪型がボリュームアップする中、岩嵜自体は体重が増え、そして戻った。&italic(){おお、もう…。}あまりの活躍ぶりに、カグアス側から「プレーオフもぜひ出場してくれ」と持ちかけられ、本人も行けるならと乗り気だったが、おとなのじじょうで叶わず。
 
 -こうしたオフの活躍から迎えた2011年、紆余曲折ありながらも&bold(){10回目の先発登板で初勝利}を手にすると、ヒロインで男泣き。&bold(){「いずれはホークスのエースと呼ばれるような投手になりたい」}と発言して、たかせん民を沸かせた。
 -交流戦では、燕のエース館山と対決。勢いに乗っていた燕打線相手になんとか力を出し切り、雨で5回終了になるも初完投をマーク。先発陣の充実もあり登板間隔が半月~一ヵ月と空く中、交流戦後の楽天戦では初完封。それも、&bold(){奪った三振が0個}という大変珍しい形(1995年の日ハム・グロス以来16年ぶり)での完封劇である。
 -2011年オフには[[アッキー>秋山幸二]]の口添えで、ダルの自主トレに帯同。しかしその後、球速を求めるようになり[[細川>細川亨]]には「良さが消えた」とダメ出しをくらう。
 
 -2012年は一時ローテ落ちとの報道もあったが最終的には開幕ローテ入り。同郷の同期・唐川と何度か千葉対決が勃発も、唐川なんて打てる気せーへん打線のムエンゴが続いたりする中、自身のメンタルにも響き、昨年得意とした球団からも慣れかずるずる点を取られるように。
 -シーズン中盤から中継ぎを経験。&bold(){150km超えのストレート、140kmのフォーク、迫力のあるワインドアップ}と[[どこかで聞いたような>斉藤和巳]]姿に一部住民が頭痛や記憶障害を訴えた。ちなみにコーチとしてこの人が岩嵜に一部指導したのは事実である。
 -「中継ぎ岩嵜は癒し」「先発岩嵜と中継ぎ岩嵜は別人」などと住民に安定感を褒められるも、今後先発に戻れるかはこの人の頑張り次第である。まだまだ若いので頑張れ!
 -期待を背負って、2013年1月に背番号が「21」に変更。[[和田>和田毅]]にも「お前なら『21』を着けてもいい。大丈夫」と太鼓判を押された。千賀「」
 -どっこい、2015年オフに和田のホークス復帰が決まると、「21」を返す形となった。岩嵜「」新背番号は「17」。和田から背番号を奪い返すような活躍を期待したい。
 
 
 **エピソード
 
 -新聞などで「甘いマスク」や「端整な顔立ち」などと書かれる通り、若鷹の&bold(){イケメン枠}である。
+-出身が市立船橋ということもあり、それにちなみ&bold(){ふなっしーの「ふなふなふなっしー♪」}を登場曲に使ったことも。
 -財布と縁があるらしく、契約金では両親におそろいの財布をプレゼントしたというエピソードや、初勝利前日には財布をなくしてブルーだったというエピソードが挙げられている(なお、初勝利記念に[[森福>森福允彦]]に財布をプレゼントしてもらったとのこと)。
 -ビールかけでは、&bold(){白鳥のかぶり物}で登場。
 -大舞台に縁があるのか、2008年のファーム日本選手権、2011年のリーグ優勝決定試合、アジアシリーズの決勝戦(※[[せっつん>攝津正]]の肩の違和感のため代役登板)、2014、2015年のファーム日本選手権のいずれにも先発登板している。ちなみに先発したファーム日本選手権では2度勝ち投手となり、史上初めて2回MVPに選ばれている。
 -なかなか強気な一面もあり、2011年8月16日鷲戦ヒロインでは「[[細川さん>細川亨]]に『ボールがヘロヘロしてるぞ』と言われて、ちょっとイラッとしました」や[[杉内>杉内俊哉]]FAに対して&bold(){「(杉内さんには)残って欲しいが、出て行くならチャンス」}などといった言葉を残している。
 -2012年新春特番では、([[細川>細川亨]]に「でかいこと言え」と言わされたのだがが)「2012年は沢村賞獲ります」宣言。いずれ・・・ね。
 -森福とは仲が良いようで、V旅行先で「せっかくだから」と色違いのアロハシャツを購入。エピソードを聞いた[[山田>山田大樹]]に「彼女か」と突っ込まれる。
 -ちなみに[[山田>山田大樹]]とツイッターで絡むことも時々あり、2012年初勝利の日には「[[ちょめ>森福允彦]]さんに繋ぎまくりましょう(^^)」「やっぱりちょめさんに「投げさせてください」って言われるくらい完投しまくりましょう(^^)」などと言っていた。
 -Twitterのアイコンは[[細川>細川亨]]とのツーショット。攝津「」