※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Slackwareのパッケージ管理」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Slackwareのパッケージ管理」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 slackpkgを使用したパッケージのインストール、アップデート、アンインストールを説明します。
 #contents
 
 **ミラーサイトの設定
  追加されたりや更新されたパッケージリストを公式のリポジトリから取得するためには、ミラーサイトを設定しなければいけません。
  ミラーサイトの設定は/etc/slackpkg/mirrorsで行います。
  ファイルの編集方法について>[[Vimの使い方]]を参考にしてください
 
  日本のミラーサイトはmirrorsファイルの JAPAN (JP)以下にいくつか記載されています。
  いくつかを調べて自分に一番近いサーバを選択するのが良いと思います。
  リストの中からサーバを選んだらその行のコメント(#の部分)を消すことによって設定されます。
 
 **slackpkgを使う
 -ミラーサイトからパッケージリストのの更新を行う
  # slackpkg update
 
 -アップグレードされたパッケージをインストール
  # slackpkg upgrade-all
 
 -新しく追加されたパッケージをインストール
  # slackpkg install-new
 
 -パッケージの検索
  # slackpkg serach <検索するパッケージ名>
 
 -パッケージのインストール
  # slackpkg install <インストールするパッケージ名>
 
 -パッケージのアンインストール
  # slackpkg remove <アンインストールするパッケージ名>
 
 -パッケージの再インストール
  # slackpkg reinstall <パッケージ名>
 
 **pkgtoolを使う
  # pkgtoolを実行した時の画面
 視覚的に選択することができます。
 #image (pkgtool.png)
 
 |Current|カレントディレクトリにあるパッケージを見つけて、対話形式でインストールします。|
 |Other|パッケージのあるディレクトリを入力して、パッケージを対話形式でインストールします。|
 |Floppy|フロッピーにあるパッケージを見つけて、対話形式でインストールします。|
 |Remove|インストールしたパッケージのうち、アンインストールするパッケージを選択できます。|
 |View|インストールしたパッケージを見ることができます。|
 |Setup|システムの設定を行います。[[インストール方法]]の雑多な設定と同じです。|
 |Exit|pkgtoolを終了します。|
 
 以下コマンドラインによる管理
 ※ <package名>.tgz は  <package名>.txz かもしれません
 
 -パッケージのインストール
 -パッケージをシステムにインストールします。
  # installpkg <パッケージ名>.tgz
 
 -システムから指定されたパッケージをアンインストールします。
  # removepkg <パッケージ名>
 
 -同一の名前のパッケージがすでにインストールされており、それの新しいバージョンをインストールする場合
  # upgradepkg <パッケージ名>.tgz
 -ただし、更新するパッケージの名前が異なっている場合
  # upgradepkg <古いパッケージ名 >%<新しいパッケージ名>
 
 -新しいSlackwareパッケージを作成する場合
  # makepkg
- >パッケージの作り方を書く
 
+packageの作り方
+(※ここでは仮にhoge.tgzというパッケージを作る。)
+
+0.作業用ディレクトリに移動する。
+  $cd <作業用ディレクトリ>
+
+1.ソースコードをそのプロジェクトのサイトからダウンロードする。
+  $wget <ソースコードの置いてあるサイトのリンク> # hoge-0.1.3.tar.gz 
+
+2.ソースコードを展開する。
+  $tar zxvf hoge-0.1.3.tar.gz
+
+3.展開先に移動する。
+  $cd hoge-0.1.3
+
+4.READEMEをよく読み指示に従いコンパイルを行う。(ここでは一般的なmakeを用いた方法を説明する)
+
+4.1.Makefileを生成する。
+ $./configure --prefix=<インストール先>
+
+4.2.コンパイルする。
+  $make -j<使っているCPUのコア数> # -j<使っているCPUのコア数> はコンパイルを並列処理してくれるオプションです。
+
+5.パッケージ作成用ディレクトリを作成する。
+  $mkdir /tmp/hoge-0.1.3
+
+6.パッケージ作成用ディレクトリにインストールする。
+ $make DESTDIR=/tmp/hoge-0.1.3 install
+
+7.パッケージ作成用ディレクトリに移動する(管理者権限が必要?)
+ $sudo -i
+  #cd /tmp/hoge-0.1.3
+
+8.パッケージの作成(gzip形式の.tgzか、xz形式の.txzかはお好みで)
+ #makepkg ../hoge-0.1.3.tgz
+ #exit
+ 
+以上で完成です。
+
+備考
+slackwareのいいところは自分でビルドしたものを簡単にパッケージ化して簡単に管理できることです。
+Ubuntuなどのdebやrpmは上記の作業に加えいちいち依存関係を詳細に書いたコードを書かなくてはいけません。
+その点、slackwareは自分が依存関係を把握してさえいれば、コンパイルと圧縮だけで管理できるのでよいですね。
+
+追記
+./configure コマンドの代わりにCmakeを用いるソースコードもありますが、同様に
+$mkdir build && cd build  #ビルド用ディレクトリの作成
+$cmake .. -DCMAKE_INSTALL_PREFIX= <インストール先>
+$make
+とすればコンパイルできます。
+
+注意
+大抵のこの方法でインストールできますが、大規模なソフト(chromiumやFirefox、その他セキュリティソフト)は
+コンパイル方法が特殊な場合が多いのできちんとREADMEやプロジェクトのサイトの説明を読んでください)
+
+>svnの使い方をどなたかお願いします。
+ 
 **その他のパッケージ管理
 
 |名前|説明|
 |slept-get (Gslept)||
 |sbopkg||
 **参考
 http://slackware.com/config/packages.php