「niigata Linux 2.0 on Movable Type 4」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

niigata Linux 2.0 on Movable Type 4」(2007/12/23 (日) 10:58:43) の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

**ブラウザの文字コード誤認識  html に <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" /> が入っているのに、ブラウザが EUC とご認識した。 ***http.cofig の修正 /etc/httpd/conf/httpd.conf を[[こちら>http://tech.bayashi.net/pdmemo/chara2.html]]と[[こちら>http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/apache03_01.jsp]]のページを参考にしながら修正。  最終的には AddDefaultCharset をコメントアウトしたことが効いた模様。 **ディレクトリのパーミッション設定  cgi の入っているディレクトリのパーミッションで owner 以外が書き込み可能になっていると、apache の error_log (/var/log/httpd/error_log)ログに Premature end of script headers: mt-check.cgi のメッセージが残る。 ***たどり着いたのは、 [[apache のドキュメントから>http://httpd.apache.org/docs/2.0/ja/howto/cgi.html#page-header]] > apachectl -V | less で suexec の場所を探し、 > /usr/sbin/suexec -V で suexec のログを探し( -D AP_LOG_EXEC="/var/log/httpd/suexec.log") 、 ログから > directory is writable by others のメッセージを見つけて。 追記 Six Apart のドキュメント([[このページ>http://www.movabletype.jp/documentation/linux.html]]の一番下)に記述があるが、どのディレクトリ・ファイルの権限を700 にすればよいかわからない。不親切。 **mt-static ディレクトリの設定 cgi-bin/mt/mt.cgi を開くと 'mt-static' が見つからない、設定しろと表示されそこから先に進めない。設定するが「無い」といわれる。url を直接ブラウザに打ち込んでやるとちゃんと出てくる。何度やっても同じ、web で調べても情報がないので public_html/cgi-bin/mt/mt-config.cgi の StaticWebPath を直接書き換えた。  再度 cgi-bin/mt/mt.cgi を開くと CGIPAth がナンタラとエラーが出たのでこれも mt-config.cgi を直接書き換えた。 **mt-static ディレクトリの設定 2 cgi-bin/mt/mt.cgi を開くと top page は表示されるが 「'mt-static' が見つからない、StaticFilePath を設定しろ」との警告が画面中段に表示される。[[Six Apart のページ>http://movabletype.jp/documentation/appendices/config-directives/staticfilepath.html]] を見て public_html/cgi-bin/mt/mt-config.cgi の StaticFilePath を設定。  再度 cgi-bin/mt/mt.cgi を開くと警告が消えた。 **perl に HTTP::Request モジュールをインストール [システムメニュー]->[システム情報]で mt-check.cgi が見つからない不具合への対応。  root 権限で以下を実行。 > perl -MCPAN -e shell <ENT>  HTTP::Request をインストール > capn> install HTTP::Request <ENT>
**ブラウザの文字コード誤認識  html に <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" /> が入っているのに、ブラウザが EUC とご認識した。 ***http.cofig の修正 /etc/httpd/conf/httpd.conf を[[こちら>http://tech.bayashi.net/pdmemo/chara2.html]]と[[こちら>http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/apache03_01.jsp]]のページを参考にしながら修正。  最終的には AddDefaultCharset をコメントアウトしたことが効いた模様。 **ディレクトリのパーミッション設定  cgi の入っているディレクトリのパーミッションで owner 以外が書き込み可能になっていると、apache の error_log (/var/log/httpd/error_log)ログに Premature end of script headers: mt-check.cgi のメッセージが残る。 ***たどり着いたのは、 [[apache のドキュメントから>http://httpd.apache.org/docs/2.0/ja/howto/cgi.html#page-header]] > apachectl -V | less で suexec の場所を探し、 > /usr/sbin/suexec -V で suexec のログを探し( -D AP_LOG_EXEC="/var/log/httpd/suexec.log") 、 ログから > directory is writable by others のメッセージを見つけて。 追記 Six Apart のドキュメント([[このページ>http://www.movabletype.jp/documentation/linux.html]]の一番下)に記述があるが、どのディレクトリ・ファイルの権限を700 にすればよいかわからない。不親切。 **mt-static ディレクトリの設定 cgi-bin/mt/mt.cgi を開くと 'mt-static' が見つからない、設定しろと表示されそこから先に進めない。設定するが「無い」といわれる。url を直接ブラウザに打ち込んでやるとちゃんと出てくる。何度やっても同じ、web で調べても情報がないので public_html/cgi-bin/mt/mt-config.cgi の StaticWebPath を直接書き換えた。  再度 cgi-bin/mt/mt.cgi を開くと CGIPAth がナンタラとエラーが出たのでこれも mt-config.cgi を直接書き換えた。 **mt-static ディレクトリの設定 2 cgi-bin/mt/mt.cgi を開くと top page は表示されるが 「'mt-static' が見つからない、StaticFilePath を設定しろ」との警告が画面中段に表示される。[[Six Apart のページ>http://movabletype.jp/documentation/appendices/config-directives/staticfilepath.html]] を見て public_html/cgi-bin/mt/mt-config.cgi の StaticFilePath を設定。  再度 cgi-bin/mt/mt.cgi を開くと警告が消えた。 **perl に HTTP::Request モジュールをインストール [システムメニュー]->[システム情報]で mt-check.cgi が見つからない不具合への対応。  どうやら niigata linux にインストールされている HTTP::Request のバージョンが MT4 が要求するものより古いらしい。 # なんでプロトタイプなしで関数呼び出しできるかなぁ、perl って  root 権限で以下を実行。 > perl -MCPAN -e shell <ENT>  HTTP::Request をインストール > capn> install HTTP::Request <ENT>

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: