※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陶芸村」の検索結果
陶芸村(評価値8)」 から 次の単語がハイライトされています :


作成:新荼 稠

部品構造


  • 大部品: 陶芸村 RD:30 評価値:8
    • 部品: 来歴
    • 大部品: 陶芸会館 RD:10 評価値:5
      • 部品: 由緒
      • 部品: 構造
      • 大部品: 付属施設・設備 RD:8 評価値:5
        • 部品: 資料展示室
        • 部品: 体験教室
        • 部品: 売店
        • 部品: トイレ
        • 部品: 食堂
        • 部品: 宿泊施設
        • 部品: 消防設備
        • 部品: 水道施設
    • 大部品: 運営 RD:3 評価値:2
      • 部品: 経営
      • 部品: 保守・保全
      • 部品: 広報
    • 大部品: 公園 RD:4 評価値:3
      • 部品: 内容
      • 部品: 施設について
      • 部品: 目的
      • 部品: メンテナンス
    • 大部品: 村長 RD:3 評価値:2
      • 部品: 村長とは
      • 部品: 選出方法と職務
      • 部品: 任期
    • 大部品: 陶芸工房 RD:9 評価値:5
      • 部品: 概要
      • 部品: 作業場
      • 部品: 窯
      • 部品: 絵付け工程
      • 部品: 適切な管理による焼成と成形
      • 部品: 販売所
      • 大部品: 紙と木の家 RD:3 評価値:2
        • 部品: 材料特性
        • 部品: 多様性
        • 部品: 土間



部品定義


部品: 来歴

古代より良質の粘土を産することで知られ、現在に至っても昌徳の陶器が愛用されており、また土産物としても人気がある。故に陶芸村として栄えた経緯を持ち、今に至る。焼き物の特色として藍色を用いた絵付けの妙があり、他国からの観光客向けの体験ツアーも人気を博している。

部品: 由緒

陶芸村として栄えたこの地にかつては複数あった工房も今やその姿は、村長である藍花君の個人窯、藍華窯のみとなったが、職人は未だ複数人おり、彼等の雇用の為と昌徳の陶芸の歴史を後世に伝えていくために、資料館と村長が個人的に開いていた体験教室を併せ複合施設として建立したのが始まり。

部品: 構造

建物は地下一階地上三階建てで、地下(浅いところにある)には倉庫と浄水施設、地上一階はエントランスとロビー、各種受付所、売店、二階には宿泊所と食堂、三階部分に体験教室、各階にトイレと消防設備を複数有する。

部品: 資料展示室

全国の陶磁器の由緒等を絡めて、昌徳の地に如何にして陶器が根付いたのか、を古文書や発掘された当時の焼き物と現在の焼き物を十数点、資料として展示している。

部品: 体験教室

初めての方でも楽しめるよう、スタッフがろくろの扱い方や、手捏ね手捻りでの作品作りをお手伝いします。また、日帰り体験から、2~3日宿泊しての短期体験もプランとして用意してあります。

部品: 売店

当館の目玉である昌徳陶器、日用品としての食器や手仕事品、雑貨、特産品等を数多く、来館者に販売する場所。

部品: トイレ

当藩国ではトイレで辛い思いをした者や、また、親から昔の事を聞いた者も多いため、とても大事にされる場所。男女別トイレと多目的(障害者や赤ちゃん連れの方、高齢者向け)トイレが館内に複数設けてある。

部品: 食堂

開館してから閉館時間の30分前まで、施設内の職員や来館者及び宿泊を伴う教室の参加者に、セルフサービス方式で自由に解放されている。

部品: 宿泊施設

体験教室に参加している人用の簡易の宿泊所。教室と同じくらいの広さの部屋が4部屋ほどあり、男性用2部屋、女性用2部屋と分かれている。

部品: 消防設備

"火災報知器、消火器、消火栓、非常用ベル、破砕用の斧もあります。 定期点検が行われ、物がなくなっていたりすると徹底した捜索が行われます。"

部品: 水道施設

地下(浅い所にある)のスペースに蒼江から引水し浄水する設備がある。排水もここに集約し浄化している。館内の全施設に綺麗な水を共有している。

部品: 経営

当村の経営は全て村内の人員で賄われており、村長には代々、陶工長が務め、副村長には副陶工長が務めることと規定されている。なお、その両名は資料館館長及び副館長も兼任する。

部品: 保守・保全

施設を含む村内美観や設備を点検し備品補充や保守する部署と、過去にあったテロの一件から強化された警邏や、不審者、不審物などを監視する部署とがある。

部品: 広報

当村で行われる催し物や展示会、地域の祭り事、工房主体の体験教室の開催日時等を広く一般に公開する為の部署である。

部品: 内容

公園とは、人々が憩いまたは遊びを楽しむための場所や区域で、その為、規模は様々である。国などの公共性の高い団体・組織により運営されることが多い。

部品: 施設について

規模や目的により、あるものがそれぞれ変わるが、ここでは、トイレや水飲み場、散歩を楽しむ木々の遊歩道や、季節の花が咲く花壇やいくつかのベンチが置いてある。

部品: 目的

人が集まる安らぎと憩いの場所でもあるが、周囲の施設に不随する場合は、憩いの通過点でもあり、人々の交差点ともいえる。また、災害時の避難場所としての拠点の役割も持っている。

部品: メンテナンス

木々の手入れや落ち葉の掃除、器具の汚れのメンテナンス、落し物の管理や、ごみの清掃等、日々のこまめなメンテナンスを行う事で維持管理を行っている。

部品: 村長とは

集団・組織を統率する長を意味する言葉。村の執行機関の長。この陶芸村にあっては、陶工長が兼任する。職務は国の末端組織の一員であるので、有事の際はその権能の一端を担う。

部品: 選出方法と職務

修行し、陶工になってから4年を経過した者の中から、歴代の陶工長が次代を任命する。職務としては、他の陶工の纏め役と村長を兼任し、運営に携わる。

部品: 任期

期間は、長となった者が次代を任命するまでである。年齢制限があり、若くても25歳を越えていないと、任命はされない。

部品: 概要

日常使いの皿や器、手仕事の品、また美術品ともなりうる壺や、大皿等を作っている場所。もしくはそれらを販売する所としても存在する。各窯の名称は各々、土地や個人名に由来するものを付けている。(例:藍花君なら、藍華窯。など)

部品: 作業場

ここは土をこねる、陶器の成型をする、釉薬や絵をつける等の作業用の部屋であり、作業で使用する道具や資材が置いてある。複数の作業を並行して行えるだけの十分なスペースが確保されている。また、水周りもここに集約されており、洗面台、トイレ、風呂や洗濯場も付随している。

部品: 窯

素材を加熱して硬化させ、焼成の後乾燥させる目的で、外気環境から熱的に絶縁された空間を確保する目的で造られる構築物。現代の窯は電気システムで制御される事が多く、内部の温度を測定できる高温用温度計を使用し窯内部温度を一定に保持し、予め設定したプログラム通りに温度を自動に変化させる事ができる。

部品: 絵付け工程

一度素焼きを施した物に新たに釉薬をかけたり、絵筆で色を付け模様を描く事をいう。その為、絵付を専門にしている職人を工房で複数人雇っている。

部品: 適切な管理による焼成と成形

陶器に用いられる粘土はきめ細かい粒子で構成されており、多孔質で相対的に弱い為、釉薬を用いる事により強くする事ができる。窯で焼くと焼結と呼ばれる現象が起き、全体が強くしっかりと固まり、若干縮む。完成品は非常に硬く強くなるが、同時に脆さも付きまとう為、細かな配慮を必要とする。

部品: 販売所

焼き上がった作品を棚に配置して、一般に広く販売する場所。工房の建物の作りの上で1番入り口付近に設けてある。商品としての作品を陳列する為の棚と、金銭を管理する為のレジ台を備えている。

部品: 材料特性

紙と木を中心素材とした生活用の建物。木で柱や壁、床、屋根を組み、木の枠に紙を貼って引き戸にする。組み立てやすい、燃えやすい、壊しやすい。材料が石やレンガに比べると軽くて運びやすい。

部品: 多様性

建物の構造や規模、付属設備などによって、簡易な低価格の集合住宅から広い屋敷や寺社までさまざまな建物が作れる。

部品: 土間

炊事など火や水を使う作業は木の床の上ではなく、室内の、土床を固めた区画で行う。土床は地面と同じ高さで、出入りのための戸口がある。調理のためのかまどが付属している場合が多い。建物の大きさや用途によっては別棟になる場合もあるが、簡易な集合住宅などでは玄関をそのまま兼ねる場合もある。



提出書式


 大部品: 陶芸村 RD:30 評価値:8
 -部品: 来歴
 -大部品: 陶芸会館 RD:10 評価値:5
 --部品: 由緒
 --部品: 構造
 --大部品: 付属施設・設備 RD:8 評価値:5
 ---部品: 資料展示室
 ---部品: 体験教室
 ---部品: 売店
 ---部品: トイレ
 ---部品: 食堂
 ---部品: 宿泊施設
 ---部品: 消防設備
 ---部品: 水道施設
 -大部品: 運営 RD:3 評価値:2
 --部品: 経営
 --部品: 保守・保全
 --部品: 広報
 -大部品: 公園 RD:4 評価値:3
 --部品: 内容
 --部品: 施設について
 --部品: 目的
 --部品: メンテナンス
 -大部品: 村長 RD:3 評価値:2
 --部品: 村長とは
 --部品: 選出方法と職務
 --部品: 任期
 -大部品: 陶芸工房 RD:9 評価値:5
 --部品: 概要
 --部品: 作業場
 --部品: 窯
 --部品: 絵付け工程
 --部品: 適切な管理による焼成と成形
 --部品: 販売所
 --大部品: 紙と木の家 RD:3 評価値:2
 ---部品: 材料特性
 ---部品: 多様性
 ---部品: 土間
 
 
 部品: 来歴
 古代より良質の粘土を産することで知られ、現在に至っても昌徳の陶器が愛用されており、また土産物としても人気がある。故に陶芸村として栄えた経緯を持ち、今に至る。焼き物の特色として藍色を用いた絵付けの妙があり、他国からの観光客向けの体験ツアーも人気を博している。
 
 部品: 由緒
 陶芸村として栄えたこの地にかつては複数あった工房も今やその姿は、村長である藍花君の個人窯、藍華窯のみとなったが、職人は未だ複数人おり、彼等の雇用の為と昌徳の陶芸の歴史を後世に伝えていくために、資料館と村長が個人的に開いていた体験教室を併せ複合施設として建立したのが始まり。
 
 部品: 構造
 建物は地下一階地上三階建てで、地下(浅いところにある)には倉庫と浄水施設、地上一階はエントランスとロビー、各種受付所、売店、二階には宿泊所と食堂、三階部分に体験教室、各階にトイレと消防設備を複数有する。
 
 部品: 資料展示室
 全国の陶磁器の由緒等を絡めて、昌徳の地に如何にして陶器が根付いたのか、を古文書や発掘された当時の焼き物と現在の焼き物を十数点、資料として展示している。
 
 部品: 体験教室
 初めての方でも楽しめるよう、スタッフがろくろの扱い方や、手捏ね手捻りでの作品作りをお手伝いします。また、日帰り体験から、2~3日宿泊しての短期体験もプランとして用意してあります。
 
 部品: 売店
 当館の目玉である昌徳陶器、日用品としての食器や手仕事品、雑貨、特産品等を数多く、来館者に販売する場所。
 
 部品: トイレ
 当藩国ではトイレで辛い思いをした者や、また、親から昔の事を聞いた者も多いため、とても大事にされる場所。男女別トイレと多目的(障害者や赤ちゃん連れの方、高齢者向け)トイレが館内に複数設けてある。
 
 部品: 食堂
 開館してから閉館時間の30分前まで、施設内の職員や来館者及び宿泊を伴う教室の参加者に、セルフサービス方式で自由に解放されている。
 
 部品: 宿泊施設
 体験教室に参加している人用の簡易の宿泊所。教室と同じくらいの広さの部屋が4部屋ほどあり、男性用2部屋、女性用2部屋と分かれている。
 
 部品: 消防設備
 "火災報知器、消火器、消火栓、非常用ベル、破砕用の斧もあります。	定期点検が行われ、物がなくなっていたりすると徹底した捜索が行われます。"
 
 部品: 水道施設
 地下(浅い所にある)のスペースに蒼江から引水し浄水する設備がある。排水もここに集約し浄化している。館内の全施設に綺麗な水を共有している。
 
 部品: 経営
 当村の経営は全て村内の人員で賄われており、村長には代々、陶工長が務め、副村長には副陶工長が務めることと規定されている。なお、その両名は資料館館長及び副館長も兼任する。
 
 部品: 保守・保全
 施設を含む村内美観や設備を点検し備品補充や保守する部署と、過去にあったテロの一件から強化された警邏や、不審者、不審物などを監視する部署とがある。
 
 部品: 広報
 当村で行われる催し物や展示会、地域の祭り事、工房主体の体験教室の開催日時等を広く一般に公開する為の部署である。
 
 部品: 内容
 公園とは、人々が憩いまたは遊びを楽しむための場所や区域で、その為、規模は様々である。国などの公共性の高い団体・組織により運営されることが多い。
 
 部品: 施設について
 規模や目的により、あるものがそれぞれ変わるが、ここでは、トイレや水飲み場、散歩を楽しむ木々の遊歩道や、季節の花が咲く花壇やいくつかのベンチが置いてある。
 
 部品: 目的
 人が集まる安らぎと憩いの場所でもあるが、周囲の施設に不随する場合は、憩いの通過点でもあり、人々の交差点ともいえる。また、災害時の避難場所としての拠点の役割も持っている。
 
 部品: メンテナンス
 木々の手入れや落ち葉の掃除、器具の汚れのメンテナンス、落し物の管理や、ごみの清掃等、日々のこまめなメンテナンスを行う事で維持管理を行っている。
 
 部品: 村長とは
 集団・組織を統率する長を意味する言葉。村の執行機関の長。この陶芸村にあっては、陶工長が兼任する。職務は国の末端組織の一員であるので、有事の際はその権能の一端を担う。
 
 部品: 選出方法と職務
 修行し、陶工になってから4年を経過した者の中から、歴代の陶工長が次代を任命する。職務としては、他の陶工の纏め役と村長を兼任し、運営に携わる。
 
 部品: 任期
 期間は、長となった者が次代を任命するまでである。年齢制限があり、若くても25歳を越えていないと、任命はされない。
 
 部品: 概要
 日常使いの皿や器、手仕事の品、また美術品ともなりうる壺や、大皿等を作っている場所。もしくはそれらを販売する所としても存在する。各窯の名称は各々、土地や個人名に由来するものを付けている。(例:藍花君なら、藍華窯。など)
 
 部品: 作業場
 ここは土をこねる、陶器の成型をする、釉薬や絵をつける等の作業用の部屋であり、作業で使用する道具や資材が置いてある。複数の作業を並行して行えるだけの十分なスペースが確保されている。また、水周りもここに集約されており、洗面台、トイレ、風呂や洗濯場も付随している。
 
 部品: 窯
 素材を加熱して硬化させ、焼成の後乾燥させる目的で、外気環境から熱的に絶縁された空間を確保する目的で造られる構築物。現代の窯は電気システムで制御される事が多く、内部の温度を測定できる高温用温度計を使用し窯内部温度を一定に保持し、予め設定したプログラム通りに温度を自動に変化させる事ができる。
 
 部品: 絵付け工程
 一度素焼きを施した物に新たに釉薬をかけたり、絵筆で色を付け模様を描く事をいう。その為、絵付を専門にしている職人を工房で複数人雇っている。
 
 部品: 適切な管理による焼成と成形
 陶器に用いられる粘土はきめ細かい粒子で構成されており、多孔質で相対的に弱い為、釉薬を用いる事により強くする事ができる。窯で焼くと焼結と呼ばれる現象が起き、全体が強くしっかりと固まり、若干縮む。完成品は非常に硬く強くなるが、同時に脆さも付きまとう為、細かな配慮を必要とする。
 
 部品: 販売所
 焼き上がった作品を棚に配置して、一般に広く販売する場所。工房の建物の作りの上で1番入り口付近に設けてある。商品としての作品を陳列する為の棚と、金銭を管理する為のレジ台を備えている。
 
 部品: 材料特性
 紙と木を中心素材とした生活用の建物。木で柱や壁、床、屋根を組み、木の枠に紙を貼って引き戸にする。組み立てやすい、燃えやすい、壊しやすい。材料が石やレンガに比べると軽くて運びやすい。
 
 部品: 多様性
 建物の構造や規模、付属設備などによって、簡易な低価格の集合住宅から広い屋敷や寺社までさまざまな建物が作れる。
 
 部品: 土間
 炊事など火や水を使う作業は木の床の上ではなく、室内の、土床を固めた区画で行う。土床は地面と同じ高さで、出入りのための戸口がある。調理のためのかまどが付属している場合が多い。建物の大きさや用途によっては別棟になる場合もあるが、簡易な集合住宅などでは玄関をそのまま兼ねる場合もある。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 2913,
     "title": "陶芸村",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-20 06:52:26.823666",
     "updated_at": "2017-08-20 06:52:26.823666",
     "character_id": "1954",
     "children": [
       {
         "id": 2914,
         "title": "来歴",
         "description": "古代より良質の粘土を産することで知られ、現在に至っても昌徳の陶器が愛用されており、また土産物としても人気がある。故に陶芸村として栄えた経緯を持ち、今に至る。焼き物の特色として藍色を用いた絵付けの妙があり、他国からの観光客向けの体験ツアーも人気を博している。",
         "part_type": "part",
         "character_id": "1954",
         "children": []
       },
       {
         "id": 2917,
         "title": "陶芸会館",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": "1954",
         "children": [
           {
             "id": 2918,
             "title": "由緒",
             "description": "陶芸村として栄えたこの地にかつては複数あった工房も今やその姿は、村長である藍花君の個人窯、藍華窯のみとなったが、職人は未だ複数人おり、彼等の雇用の為と昌徳の陶芸の歴史を後世に伝えていくために、資料館と村長が個人的に開いていた体験教室を併せ複合施設として建立したのが始まり。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           },
           {
             "id": 2920,
             "title": "構造",
             "description": "建物は地下一階地上三階建てで、地下(浅いところにある)には倉庫と浄水施設、地上一階はエントランスとロビー、各種受付所、売店、二階には宿泊所と食堂、三階部分に体験教室、各階にトイレと消防設備を複数有する。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           },
           {
             "id": 2921,
             "title": "付属施設・設備",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "character_id": "1954",
             "children": [
               {
                 "id": 2922,
                 "title": "資料展示室",
                 "description": "全国の陶磁器の由緒等を絡めて、昌徳の地に如何にして陶器が根付いたのか、を古文書や発掘された当時の焼き物と現在の焼き物を十数点、資料として展示している。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": "1954",
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 2925,
                 "title": "体験教室",
                 "description": "初めての方でも楽しめるよう、スタッフがろくろの扱い方や、手捏ね手捻りでの作品作りをお手伝いします。また、日帰り体験から、2~3日宿泊しての短期体験もプランとして用意してあります。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": "1954",
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 2928,
                 "title": "売店",
                 "description": "当館の目玉である昌徳陶器、日用品としての食器や手仕事品、雑貨、特産品等を数多く、来館者に販売する場所。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": "1954",
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 2930,
                 "title": "トイレ",
                 "description": "当藩国ではトイレで辛い思いをした者や、また、親から昔の事を聞いた者も多いため、とても大事にされる場所。男女別トイレと多目的(障害者や赤ちゃん連れの方、高齢者向け)トイレが館内に複数設けてある。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": "1954",
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 2933,
                 "title": "食堂",
                 "description": "開館してから閉館時間の30分前まで、施設内の職員や来館者及び宿泊を伴う教室の参加者に、セルフサービス方式で自由に解放されている。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": "1954",
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 2934,
                 "title": "宿泊施設",
                 "description": "体験教室に参加している人用の簡易の宿泊所。教室と同じくらいの広さの部屋が4部屋ほどあり、男性用2部屋、女性用2部屋と分かれている。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": "1954",
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 2937,
                 "title": "消防設備",
                 "description": "\"火災報知器、消火器、消火栓、非常用ベル、破砕用の斧もあります。\t定期点検が行われ、物がなくなっていたりすると徹底した捜索が行われます。\"",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": "1954",
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 2939,
                 "title": "水道施設",
                 "description": "地下(浅い所にある)のスペースに蒼江から引水し浄水する設備がある。排水もここに集約し浄化している。館内の全施設に綺麗な水を共有している。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": "1954",
                 "children": []
               }
             ]
           }
         ]
       },
       {
         "id": 2944,
         "title": "運営",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": "1954",
         "children": [
           {
             "id": 2945,
             "title": "経営",
             "description": "当村の経営は全て村内の人員で賄われており、村長には代々、陶工長が務め、副村長には副陶工長が務めることと規定されている。なお、その両名は資料館館長及び副館長も兼任する。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           },
           {
             "id": 2947,
             "title": "保守・保全",
             "description": "施設を含む村内美観や設備を点検し備品補充や保守する部署と、過去にあったテロの一件から強化された警邏や、不審者、不審物などを監視する部署とがある。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           },
           {
             "id": 2950,
             "title": "広報",
             "description": "当村で行われる催し物や展示会、地域の祭り事、工房主体の体験教室の開催日時等を広く一般に公開する為の部署である。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 2980,
         "title": "公園",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": "1954",
         "children": [
           {
             "id": 2981,
             "title": "内容",
             "description": "公園とは、人々が憩いまたは遊びを楽しむための場所や区域で、その為、規模は様々である。国などの公共性の高い団体・組織により運営されることが多い。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           },
           {
             "id": 2982,
             "title": "施設について",
             "description": "規模や目的により、あるものがそれぞれ変わるが、ここでは、トイレや水飲み場、散歩を楽しむ木々の遊歩道や、季節の花が咲く花壇やいくつかのベンチが置いてある。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           },
           {
             "id": 2983,
             "title": "目的",
             "description": "人が集まる安らぎと憩いの場所でもあるが、周囲の施設に不随する場合は、憩いの通過点でもあり、人々の交差点ともいえる。また、災害時の避難場所としての拠点の役割も持っている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           },
           {
             "id": 2984,
             "title": "メンテナンス",
             "description": "木々の手入れや落ち葉の掃除、器具の汚れのメンテナンス、落し物の管理や、ごみの清掃等、日々のこまめなメンテナンスを行う事で維持管理を行っている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 2985,
         "title": "村長",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": "1954",
         "children": [
           {
             "id": 2986,
             "title": "村長とは",
             "description": "集団・組織を統率する長を意味する言葉。村の執行機関の長。この陶芸村にあっては、陶工長が兼任する。職務は国の末端組織の一員であるので、有事の際はその権能の一端を担う。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           },
           {
             "id": 2987,
             "title": "選出方法と職務",
             "description": "修行し、陶工になってから4年を経過した者の中から、歴代の陶工長が次代を任命する。職務としては、他の陶工の纏め役と村長を兼任し、運営に携わる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           },
           {
             "id": 2988,
             "title": "任期",
             "description": "期間は、長となった者が次代を任命するまでである。年齢制限があり、若くても25歳を越えていないと、任命はされない。",
             "part_type": "part",
             "character_id": "1954",
             "children": []
           }
         ]
       },
       {
         "id": 116,
         "title": "陶芸工房",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "character_id": null,
         "children": [
           {
             "id": 117,
             "title": "概要",
             "description": "日常使いの皿や器、手仕事の品、また美術品ともなりうる壺や、大皿等を作っている場所。もしくはそれらを販売する所としても存在する。各窯の名称は各々、土地や個人名に由来するものを付けている。(例:藍花君なら、藍華窯。など)",
             "part_type": "part",
             "character_id": null,
             "children": []
           },
           {
             "id": 118,
             "title": "作業場",
             "description": "ここは土をこねる、陶器の成型をする、釉薬や絵をつける等の作業用の部屋であり、作業で使用する道具や資材が置いてある。複数の作業を並行して行えるだけの十分なスペースが確保されている。また、水周りもここに集約されており、洗面台、トイレ、風呂や洗濯場も付随している。",
             "part_type": "part",
             "character_id": null,
             "children": []
           },
           {
             "id": 119,
             "title": "窯",
             "description": "素材を加熱して硬化させ、焼成の後乾燥させる目的で、外気環境から熱的に絶縁された空間を確保する目的で造られる構築物。現代の窯は電気システムで制御される事が多く、内部の温度を測定できる高温用温度計を使用し窯内部温度を一定に保持し、予め設定したプログラム通りに温度を自動に変化させる事ができる。",
             "part_type": "part",
             "character_id": null,
             "children": []
           },
           {
             "id": 120,
             "title": "絵付け工程",
             "description": "一度素焼きを施した物に新たに釉薬をかけたり、絵筆で色を付け模様を描く事をいう。その為、絵付を専門にしている職人を工房で複数人雇っている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": null,
             "children": []
           },
           {
             "id": 121,
             "title": "適切な管理による焼成と成形",
             "description": "陶器に用いられる粘土はきめ細かい粒子で構成されており、多孔質で相対的に弱い為、釉薬を用いる事により強くする事ができる。窯で焼くと焼結と呼ばれる現象が起き、全体が強くしっかりと固まり、若干縮む。完成品は非常に硬く強くなるが、同時に脆さも付きまとう為、細かな配慮を必要とする。",
             "part_type": "part",
             "character_id": null,
             "children": []
           },
           {
             "id": 122,
             "title": "販売所",
             "description": "焼き上がった作品を棚に配置して、一般に広く販売する場所。工房の建物の作りの上で1番入り口付近に設けてある。商品としての作品を陳列する為の棚と、金銭を管理する為のレジ台を備えている。",
             "part_type": "part",
             "character_id": null,
             "children": []
           },
           {
             "id": 2611,
             "title": "紙と木の家",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "character_id": null,
             "children": [
               {
                 "id": 2612,
                 "title": "材料特性",
                 "description": "紙と木を中心素材とした生活用の建物。木で柱や壁、床、屋根を組み、木の枠に紙を貼って引き戸にする。組み立てやすい、燃えやすい、壊しやすい。材料が石やレンガに比べると軽くて運びやすい。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 2613,
                 "title": "多様性",
                 "description": "建物の構造や規模、付属設備などによって、簡易な低価格の集合住宅から広い屋敷や寺社までさまざまな建物が作れる。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               },
               {
                 "id": 2614,
                 "title": "土間",
                 "description": "炊事など火や水を使う作業は木の床の上ではなく、室内の、土床を固めた区画で行う。土床は地面と同じ高さで、出入りのための戸口がある。調理のためのかまどが付属している場合が多い。建物の大きさや用途によっては別棟になる場合もあるが、簡易な集合住宅などでは玄関をそのまま兼ねる場合もある。",
                 "part_type": "part",
                 "character_id": null,
                 "children": []
               }
             ]
           }
         ]
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新: