07話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#07「断層のダイバージェンス」


※あらすじの内容について問題がありそうな場合は掲示板での相談、または編集で調整して下さい。
公式サイトSTORY…あらすじ、用語集、次回予告→ http://steinsgate.tv/story/story07.html

7話あらすじ


2010/08/03-13:25
ダルが「電話レンジ(仮)」をセカンドエディションバージョン1.03に改造した結果、
放電を起こす度にドアを開ける手間がなくなり、更に好きなアドレスにDメールを転送できるようになった。
実験の振動でミスターブラウンに怒られないか階下の鈴羽に確認すると、ちょうど店長は外出中とのこと。
まゆりの実験用Dメールは無事成功、新メンバーの萌郁は初めてタイムマシンとしての機能を目撃し驚く。

(OP)

紅莉栖が買い物してきた飲み物にドクペが入っていないので岡部は文句を言うが、売り切れだったからと野菜ジュースで我慢させられる。
岡部はDメールで過去を改変する実験を思いつき、話し合いを始める。
紅莉栖はタイムパラドックスを危惧するが、討議の結果、ロト6の3等当選番号を記したメールを、1週間前の岡部自身に送ることに。
萌郁は岡部が話している間に何度もメールしてくるが、頻繁すぎるメールに辟易している岡部がメールを見もせず無視して話を進めていると、
返事がないからと勝手にIBN5100を持ち出そうとしている。
萌郁が勝手に動きまわらないように岡部が見張りを命じると、まゆりはラボの中をあちこち案内し萌郁は記念写真を撮る。
萌郁のラボメンとしての初仕事は、ネットで一週間前のロト6当選番号を調べ、何も知らないの一週間前の岡部がロト6を買う気になるようなメールの文面を半角36文字以内で考えること。
021219343537ロト6で買え絶対当たる!
相変わらず言い争いをしている岡部と紅莉栖を撮影する萌郁に、楽しそうだったからと言われて否定する紅莉栖はまさにツンデレ。

そして、ロト6の当選番号をDメール送信した瞬間、岡部は世界が歪むような奇妙な感覚に襲われる。
岡部のケータイの1週間前の履歴には、確かに当選番号のDメールが送られてきていた。
周囲との微妙な齟齬にとまどう岡部の元に、1週間前に岡部から当選番号を教えられたというルカ子が現れ、
ロト6を岡部のオススメ番号通りに購入したものの、番号を1つ間違えて外れてしまったと言って謝ってくる。
そして、先程までなかったはずのドクトルペッパーがなぜかラボの机の上にあった。
そう──驚くべきことに、Dメールを送った瞬間、過去が書き換わり、世界は改変されたのだ。

2010/08/03-15:11
その場に居合わせたにも関わらず、ラボメンたちは誰も実験のことを覚えておらず、改変前の記憶を持つ者は岡部ひとりであった。
この不可思議な現象に戸惑って虚ろな表情で歩いている岡部を見た鈴羽は、岡部が洗脳されているのではないかと言ってくるが、
事情を聞いた鈴羽はタイムマシンの悩みならジョン・タイターに訪ねたらどうかとアドバイスする。

岡部は以前ジョン・タイターがネットで「タイムマシンで過去が改変されるとダイバージェンスと呼ばれる数値が変動し、
世界は別の世界線に移動して、以前の世界での記憶は消去され新たな世界線の記憶が構築される」とレスしていたのを思い出す。
1週間前に「ルカ子がロト6を買わなかった世界線」から「ルカ子がロト6を買った世界線」に変わった為それ以後の流れも全て変わり、
「ロト6を買う為のメールを送らなかった世界」になってロト6Dメール実験そのものが無くなり、みんなの記憶が変わった事を悟る。

しかし、岡部はなぜ自分だけには以前の世界線での出来事の記憶が残っているのか?
そして、なぜ自分にはこの新しい世界線の記憶が構築されていないのか(ルカ子にロト6を買わせた記憶が無い)を疑問に思う。
悩んでいるとミスターブラウンが店に戻ってきて、溺愛する自分の娘(綯)と岡部が二人っきりになり手を出されたと勘違いして怒鳴りつけてくる。
岡部はさっきまで鈴羽がバイトをサボって3人でいたと言い逃れ、綯にそれを確認したミスターブラウンは鈴羽にバイトをサボっていた事や店内の42型ブラウン管も点けっ放しだった事を怒りだしたので、岡部は店先から退散する。

2010/08/03-夕方
岡部は、Dメール実験を今日のところは中止にしてラボメン達を解散させ、ジョン・タイターに自分の疑問をメールで送る。
ラボに残った紅莉栖以外のラボメンから電話やメールを貰いながら返信を待っていると、タイターから返信が来る。
ジョン・タイターは、岡部が世界線を移動しても記憶を保持できる希有な存在ではないかと指摘。
さらに送信されてきたメールに「ダイバージェンス1%の向こう側に世界を導き、世界の救世主になってほしい」と書かれているのを読んで岡部は困惑する。



(END)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。