登場人物

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

友人・知人・家族

  • Kくん
醤油の親友である。
小学校2年生から中一(8歳~13歳)までが恋愛対象。黒髪ロングでツリ目でドSじゃないんだけど足で踏んでくれる女の子がどストライク。
「髪フェチ」「足フェチ」「脇フェチ」という三重苦を背負って生きている模様。
小学校の頃はずっと保健室で過ごしていた。そのせいか折り紙が凄く上手い。醤油曰く「龍とかしゃちほこやパンダとかほとんど作れていた」
バッドマンとクトゥルフ神話が好きで、現代における立派な厨二病に蝕まれているのかもしれない。
最近のバイト代の使い道はオ○ホかエ○本であり、一日で最高14回した。連続の記録だと5回(らしい)。
声は低いイケメンヴォイスらしい、黒縁メガネの細目の髪がツンツンでニキビ顔。
大学のころドールに目覚めたが、一週回ってロリババア趣味になったらしい。たぶん忍野忍とかネギま!のエヴァンジェリンとかすき。

  • Tくん
醤油が溺愛してる友人。容姿は今時のヤンキーみたいらしいが、行動が面白い。なお、要件がある時のみ話す。
体育の着替えの時、お揃いのパンツだったことから仲良くなった。醤油曰く「凄くハニかんだいい笑顔」をするらしい。
動物が大好きで帰り道に猫を発見し、追跡してずっと撫で続けた後「可愛い可愛い」と言っていた。しかし彼は犬派である。T曰く「俺の犬最強(ドヤ顔」
よく高校で連れ小便(以下:連れション)をしていたらしく、当時Tと連れションに行くとき「連れション」が恥ずかしいらしく、暗号を決めた。
その暗号が「お米食べろ」だった。(「お米食べよ?」等、派生も可)返事は「……いく///」らしい。
初めて彼女が出来た時に、醤油に「今俺、人生で一番楽しい」というメールを送るピュアな一面もある。
そのTくんを彼女が好きになった理由であるが、醤油とその彼女と2名の計4名でレストランで勉強会をし、その後牛丼屋に行った時、Tくんが合流。
彼女が「何食べる?」と聞いた時、凄くハニかんだ笑顔で「おれ、カツ丼」と答えた時の笑顔が理由らしい。
彼女曰く「迷いのない『カツ丼』の言い方に惚れた」らしい。


  • お兄ちゃん
お兄ちゃんが2人が居る。一番上の兄を「お兄ちゃん」と醤油本人は呼ぶ。ヘタリアと下野紘さんが好きである。
もう一人の兄は「○○くん」と呼んでいるらしい。酒とタバコと賭博と金が好き、麻雀大会に出るレベル。
パチスロで20万貯めてイタリア旅行に行く予定があったらしいが、行けなかった。何故ならパスポートがなかったため。
なお、本人からこの話を公開する許可をとっている。
最終更新:2020年05月17日 05:15