※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「モトローラSレコード フォーマット」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

モトローラSレコード フォーマット」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 レコード構造
 |BGCOLOR(Lavender):a,スタート・マーク|BGCOLOR(Lavender):b,レコードタイプ|BGCOLOR(Lavender):c,レコード桁数|BGCOLOR(Lavender):d,アドレス|BGCOLOR(Lavender):e,データ|BGCOLOR(Lavender):f,チェックサム|
 |S|r|nn|An ~ A1 A0|D0 D1 D2 ~ Dn|S1 S2|
 
 レコード説明
 |BGCOLOR(Lavender):a,スタート・マーク|”S”レコードの始まり|
 |BGCOLOR(Lavender):b,レコード・タイプ|1文字&br()0:&br()1:16ビット アドレスデータ&br()2:24ビット アドレスデータ&br()3:32ビット アドレスデータ&br()4:シンボルレコード (LSIC拡張)&br()5:今まで出てきたデータレコード数&br()6:未使用&br()7:S3(32ビットアドレス)終了&br()8:S3(24ビットアドレス)終了&br()9:S3(16ビットアドレス)終了&br()|
 |BGCOLOR(Lavender):c,レコード桁数|2文字&br()  d+e+fのレコード桁数&br()  桁数は、2バイト(ASCII)で表された1バイトのHEXデータを”1”とします。|
 |BGCOLOR(Lavender):d,アドレス|レコード先頭アドレス&br()  S1レコード:4文字(16ビット)&br()  S2レコード:6文字(24ビット)&br()  S3レコード:8文字(32ビット)&br()|
 |BGCOLOR(Lavender):e,データ|文字数:c-d-eの残り桁数 × 2文字&br()  1バイトのデータを2桁のASCIIコードで表す。|
 |BGCOLOR(Lavender):f,チェックサム|2文字&br()計算式:&br()  NOT((c+d+e) AND 0x0F)&br()  c+d+eの合計値の1の補数|
+
+[[㈱システム電子設計へ戻る>http://www.system-ed.co.jp/]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。