「NDS ソフト/TwitterDS」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

NDS ソフト/TwitterDS」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ** TwitterDS
 - DS 用 Twitter クライアント
 *** ダウンロード
 - 自己責任の上で使用してください。
 - かなり開発途中なので、使えない機能とか察してください。
+- [[080620バージョン(v0.2)>http://www41.atwiki.jp/tako2lab/?cmd=upload&act=open&page=NDS%20%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%2FTwitterDS&file=TwitterDS080620.zip]]
+以前のバージョン:
 - [[080618バージョン(v0.1)>http://www41.atwiki.jp/tako2lab/?cmd=upload&act=open&page=NDS%20%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%2FTwitterDS&file=TwitterDS080618.zip]]
 *** インストール
 - TwitterDS.nds に適切な dldi のパッチをあててください。
 - このプログラムと TwitterDS のディレクトリを SD カード等の外部メディアにコピーします。
 -- &font(b,red){※} 例えば SD カードが E: ドライブに割り当てられた場合、&strong(){E:\TwitterDS\} のディレクトリを作成して、jp12pix.glf 等の必要なファイルをコピーします。(プログラムの TwitterDS.nds はどこに配置しても構いません。)
 - 辞書ファイルを SD カード等の外部メディアにコピーします。
 -- PQBox の辞書を利用するので、[[http://homepage2.nifty.com/qta/pqbox/dutl.htm]] の簡易辞書ユーティリティを使って POBox の辞書を分割してください。(基数は 128)
 -- &font(b,red){※} 例えば SD カードが E: ドライブに割り当てられた場合、&strong(){E:\POBox\} のディレクトリを作成して、phrases のディレクトリと words のディレクトリとをそこへコピーします。
 -- (参考:[[富豪辞書 for CE>http://fepunch.hp.infoseek.co.jp/omake/fugodic4ce.html]])
 *** 使い方
 - AccessPoint.xml の編集
 -- Flash に保存されたデータ(WFC データ)を使用する場合、この設定は必要ありません。
 -- 利用可能なアクセスポイントをスキャンして使用する場合、このファイルを設定します。
 -- 基本的にスキャンしたときに現れた名前を AccessPoint の name に入力します。
 -- macaddr は name が被ったときのために用意しましたが、実際は使えていません。
 -- IPAddress 等、DHCP やデフォルトの値を使う場合、削除するか 0.0.0.0 を指定します。
 -- WEPBits は 0/40/128 のいづれか。
 -- 40/128 のとき、WEPKey を入力します。0 の場合、WEPKey を削除します。
 #highlight(xml){<?xml version="1.0"?> 
 <AccessPoints>
   <AccessPoint name="enter ssid" macaddr="enter mac address">
     <IPAddress>192.168.1.1</IPAddress>
     <GateWay>192.168.1.1</GateWay>
     <SubNetMask>255.255.255.0</SubNetMask>
     <DNS1>192.168.1.1</DNS1>
     <DNS2>0.0.0.0</DNS2>
     <Channel>1</Channel>
     <WEPBits>0</WEPBits>
     <WEPKeyID>0</WEPKeyID>
     <WEPKey>0000000000</WEPKey>
   </AccessPoint>
 </AccessPoints>}
 - prefs.xml の編集
 -- Twitter のユーザー名とパスワードをこのファイルで定義します。
 #highlight(xml){<?xml version="1.0"?> 
 <Preferences>
   <UserName>user name</UserName>
   <Password>password</Password>
 </Preferences>}
 - タイムライン閲覧モード
 -- 起動すると public のタイムラインが下画面に表示されます。
 -- 上下キーでカーソル移動し、カーソル位置にある発言の詳細が上画面に表示されます。
 -- A ボタンで public タイムラインを取得
 -- B ボタンで user タイムラインを取得
 -- X ボタンで friends タイムラインを取得
 -- Y ボタンで投稿入力モードへ
+-- タイムライン取得中に START ボタンで中断できます。
 - 投稿入力モード
 -- ソフトウェアキーボードを使って、投稿したいテキストを入力します。
 -- 入力済のテキストフィールドをタップすることで、投稿できます。