sid-lib-a

「sid-lib-a」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

sid-lib-a」の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

* Scala 改善ドキュメントライブラリ Scala Improvement Documents Library #right(){[[原ページ>http://www.scala-lang.org/sids]]} 以下は、本家の SID (Scala Improvement Documents Library) をいくつか訳したものです。誤訳もありそうなので参考程度にご覧ください。断り無く編集してください。気がついたことその他は、本ページ下方に投稿してください。 尚、特に Statusが draft(草案)のものは、内容が一部盛り込まれていることもあれば、全く盛り込まれていないこともあります。また、今後、下記の訳と最新英語PDFのバージョンが合致しないことも考えられます。 SID#1 Revision:7 、Date:2010-01-22、Status : active &space(9)[[名前付き引数とデフォル引数 (Named and Default Arguments)>sid-named-a]] SID#3 Revision:5 、Date:2010-07-20、Status : active &space(9)[[新コレクションクラス (New Collection Classes)>sid-coll-1a]] &space(9)参考:Scala 2.8 コレクション API &nbsp(1,br,16)( ttp://eed3si9n.github.com/scala-collections-doc-ja/collections_0.html ) &space(9)参考:Scala コレクションのアーキテクチャ &nbsp(1,br,16)( ttp://eed3si9n.github.com/scala-collections-impl-doc-ja ) SID#7 Revision:3 、Date:2010-01-22、Status : active &space(9)[[Scala 2.8 配列 (Scala 2.8 Arrays) >sid-array-a]] &space(9)参考:Scala 2.8 コレクション API 配列 &nbsp(1,br,16) ttp://eed3si9n.github.com/scala-collections-doc-ja/collections_38.html ) SID#8 Revision:1 、Date:2009-11-02、Status : draft &space(9)[[Scala Swing 概観 (Scala Swing Overview)>sid-swing-a]] SID#9 Revision:2 、Date:2010-05-06、Status : draft &space(9)[[Scala 型専用化 (Scala Specialization)>sid-special-a]] -------- #comment()
* Scala 改善ドキュメントライブラリ Scala Improvement Documents Library #right(){[[原ページ>http://www.scala-lang.org/sids]]} 以下は、本家の SID (Scala Improvement Documents Library) をいくつか訳したものです。誤訳もありそうなので参考程度にご覧ください。断り無く編集してください。気がついたことその他は、本ページ下方に投稿してください。 尚、特に Statusが draft(草案)のものは、内容が一部盛り込まれていることもあれば、全く盛り込まれていないこともあります。また、今後、下記の訳と最新英語PDFのバージョンが合致しないことも考えられます。 SID#1 Revision:7 、Date:2010-01-22、Status : active &space(9)[[名前付き引数とデフォル引数 (Named and Default Arguments)>sid-named-a]] SID#3 Revision:5 、Date:2010-07-20、Status : active &space(9)[[新コレクションクラス (New Collection Classes)>sid-coll-1a]] &space(9)参考:Scala 2.8 コレクション API &nbsp(1,br,16)( ttp://eed3si9n.github.com/scala-collections-doc-ja/collections_0.html ) &space(9)参考:Scala コレクションのアーキテクチャ &nbsp(1,br,16)( ttp://eed3si9n.github.com/scala-collections-impl-doc-ja ) SID#4 Revision:1 、Date:2009-06-02、Status : draft &space(9)[[事前初期化メンバー定義(Early Member Definintions) >sid-earlydef-a]] SID#5 Revision:2 、Date:2010-01-27、Status : active &space(9)[[Scala アノテーション(Internals Scala Annotations)>sid-annot-a]] SID#7 Revision:3 、Date:2010-01-22、Status : active &space(9)[[Scala 2.8 配列 (Scala 2.8 Arrays) >sid-array-a]] &space(9)参考:Scala 2.8 コレクション API 配列 &nbsp(1,br,16) ttp://eed3si9n.github.com/scala-collections-doc-ja/collections_38.html ) SID#8 Revision:1 、Date:2009-11-02、Status : draft &space(9)[[Scala Swing 概観 (Scala Swing Overview)>sid-swing-a]] SID#9 Revision:2 、Date:2010-05-06、Status : draft &space(9)[[Scala 型専用化 (Scala Specialization)>sid-special-a]] -------- #comment()

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。