林田力・東急不動産だまし売り裁判@Wiki

東急不動産の十条駅西口再開発は街壊し

最終更新:

tokyufubai

- view
だれでも歓迎! 編集
東急不動産が参加組合員になっている東京都北区上十条の十条駅西口地区第一種市街地再開発事業が街壊しとして批判されている。低層の木造住宅中心の地域に超高層ビルを建設する計画である。高さ147m、37階建てで低層部が商業施設の複合タワーマンションになる。

再開発地域は商店街であり、超高層マンションは似合わない。十条は木造住宅あり、商店街あり、学校ありと生活者の街として成り立っている。百メートルを超えるマンションは異質であり、不要である。大型道路(都市計画道路補助73号線)は街を分断する。大型道路ができると道路の反対側の住民は道路を渡ってまで商店街に来なくなり、商店街が成り立たなくなる。

再開発地域の各地に見直す会による「西口再開発反対」の黄色い旗が立てられている。「ホントの安心安全はハシゴ車の届く建物から」との掲示もある。再開発で計画されている超高層マンションではハシゴ車が届かず、火事の際に不安があるとの指摘である。

リア王の言葉「もっと良くしようとしてしばしば良いものを台無しにしてしまう」も掲示されている。再開発によって商店街や地域コミュニティーが台無しになってしまうことを訴えている。その下には東京スカイツリーによって地元商店街が寂れたと報道する新聞記事も掲示されている(「ツリー地元商店街悲鳴 なじみ客もソラマチへ」)。

十条駅西口再開発は住民を犠牲にして東急不動産らの参加組合員が利益を上げる再開発である。再開発で建設されるマンションの戸数は約500戸であるが、地権者は僅か約40戸程度である。残りが東急不動産ら参加組合員によって分譲され、東急不動産の利益になる。地権者の権利変換率は異常に低く、平均予想値は96パーセントと100パーセントに満たない。地権者は再開発に参加すると従前よりも狭い面積の区分所有権しか得られない。

しかも、区分所有権であるために共益費や修繕積立金などの出費がかかる。商店ならば内装費などの初期投資が必要である。数千万円かかった例がある。熱海再開発の反対理由も小規模商店が再開発ビルに移っても内装費を負担できないというものであった。道路に面した店舗が再開発ビルに入居すると客の入りが悪くなる。

参加組合員の東急不動産は自社の利益しか考えておらず、ステークホルダーの犠牲の上に成り立っている企業である。不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした東急不動産だまし売り裁判が典型である(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』)。


十条では過去にも再開発の構想があったが、反対の声が強く、今回は施工地域を狭くした上での計画である。再開発計画地では「この地域に再開発はいりません」など反対運動のステッカーなどが貼られている。反対運動の旗も立てられた。反対運動の旗が立つことで住民の中にも他に反対者がいることを認識し、新たな連帯が生まれている。

十条駅西口地区第一種市街地再開発事業では超高層マンションによる日照阻害、風害、電波障害などの住環境破壊が問題視されている。これは同じく東急不動産が参加組合員になっている世田谷区の二子玉川ライズと同じである(林田力『二子玉川ライズ反対運動』)。二子玉川ライズでも街壊しの再開発が批判されている。二子玉川ライズの被害を繰り返してはならない。

十条地区まちづくり基本構想2011(案)に関するパブリックコメントでも十条駅西口再開発に以下の反対意見が寄せられた。

「高層住宅を中心とした再開発は十条地区にふさわしくない」

「再開発は、他人を巻き込まないで自分で資金を出して建てよ」

「再開発を実施することの問題点等を再度検証し、住民等の関係者間での情報共有が必要である」

十条では過去にも再開発の構想があったが、反対の声が強く、十条駅西口地区第一種市街地再開発事業は施工地域を狭くした上での計画である。経緯は以下の通りである。
1996年、東京都は十条地区の再開発事業の調査等を開始。
1999年、東京都は財政再建推進プランで新規事業を凍結し、調査中止となった。
2004年、北区は地元地権者を対象に十条駅西口市街地再開発事業勉強会を開始。
2005年4月、北区は十条駅西口再開発相談事務所を開設。
2005年10月、北区は十条地区まちづくり基本構想を策定。
2005年11月、十条駅西口地区まちづくり協議会が発足。
2007年8月、十条駅西口地区まちづくり協議会が再開発準備組合に移行。
2012年3月、北区は十条地区まちづくり基本構想を改定。
2012年10月、東京都は十条駅西口地区第一種市街地再開発事業等に係る都市計画決定・変更。
2012年11月、十条駅西口地区市街地再開発準備組合は再開発事業計画の素案を北区議会に提示。