※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レンジャー連邦王宮図書室 @wiki内検索 / 「政庁」で検索した結果

検索 :
  • レンジャー連邦政庁録外伝 狩人狩り1~胎動~
    ... 実際の団体、個人、政庁当局とは一切関係が…って夜星! ビデオは駄目だって言って… (砂嵐になる画面) ―とある猫士からのテープ /*/ レンジャー連邦政庁禄外伝 狩人狩り1~胎動~ /*/ レンジャー連邦、政庁の長い廊下を一人ぶらぶらと歩く小太りの男。 男の名は、青海 正輝と言った。 イカにもツマラナイと言った風情を漂わせながら欠伸などかましつつ窓の外を見る。 外では浅葱 空がこの国には珍しいメイド服をこれ以上無い程ばっちりと着込み広い中庭に洗濯物を展開している。 その中の小さな純白を見つめ恍惚とした表情を浮かべる青海。 ―イカんイカん。 頭を振る青海。 匂いも何もない靴下に反応してしまうとは。 青海は迷っていた。 愛だ…。 青海は愛に迷っていた。 「イカか…靴下が…それが問題か。」 独白する。 台詞の内容とは裏腹にど真剣の青海...
  • レンジャー連邦政庁録外伝 狩人狩り2~覚醒~
    .../ レンジャー連邦政庁禄 狩人狩り2~覚醒~ /*/ 灼熱の日差しが照り返す砂漠を、高く砂塵を巻き上げて、一人の男が走っていた。 輝く銀髪に浅黒い肌。 赤いネクタイに黒のビキニパンツ。 少し豊満な腹を盛大に揺らしながら走っていた。 「イィ…スゴクイィィィィィイ!」 テンションは上々である。 彼のテンションは、第一の刺客である、砂浜 ミサゴの靴下を手に入れた事でメイデア爆撃機並の速度で上がり始めていた。 テンションが上がれば能力も上がる。 「ふ……そう……そうだ……俺は新世界の神になる!!」 そう叫んで、迫る政庁の壁を駆け上がるように登り天高く舞い上がる。 世界設定や無矛盾規定などテンションの高いハンターにとっては無いに等しいのである。 「URYYYYYYY」 1回転。 2回転。 3回転。 4回転。 着地までの数秒で4回転にひねり迄加える。 5...
  • 未分類SS
    ...思案 レンジャー連邦政庁録外伝 狩人狩り1~胎動~ バレンタイン特別SS~アクション風味~ レンジャー連邦政庁録外伝 狩人狩り2~覚醒~ ●ビッテンフェ猫 戈か!盾か! 自己満足型小説 『愛』とは?
  • ドランジ歓迎祭り:悪乗り編の舞台裏
    ドランジさん歓迎祭  「1日目 夜 藩都 政庁」 「ええい、こんな忙しい時にあの二人はどこに行ったー!」 ここは夜の政庁。 ドランジ氏歓迎祭の開会式も何とか無事に終了し、明日以降の予定調整および関係各所への連絡と事前準備のため、楠瀬藍は政庁を右へ左へと大忙しである。 そんな中、関係資料を早めに提出してもらおうと青海正輝、虹ノ七色に協力を要請していたはずなのだが、その姿は政庁には無かった。 「…くそ、何度確認しても約束した日は今日だ。明日絶対必要じゃない資料なのがばれたか…?だけど、有ればもっと仕事がはかどるのに…!!」 頭を掻き毟る楠瀬。 自分の立てた完璧な(しかし超過密な)スケジュールを崩され完全に混乱している。 ちなみに、今政庁にいるのは楠瀬藍ただ一人。 藩王と摂政はドランジ氏との会食、吏族の小奴は同席。その他のメンバーには、各自...
  • 双樹真(しん)
    ...思案 レンジャー連邦政庁録外伝 狩人狩り1~胎動~ 集積書類・V島にまつわる人魚の伝承 バレンタイン特別SS~アクション風味~ イベント41護民官試験:双樹真 どたばた会議のその裏で ある朝の風景 レンジャー連邦政庁録外伝 狩人狩り2~覚醒~ になし藩国復興支援:支援編 になし藩国戦後復興支援:準備編 雨のち曇り時々晴れ:暗雲~折れた心~ 雨のち曇り時々晴れ:晴れ間はあれど未だ晴れぬ空の下 雨のち曇り時々晴れ:とりあえずは日常へ バトルレポートオブイベント69(双樹真) レンジャー連邦回顧録~春だ!花見だ!宴会だ!(前編)~ レンジャー連邦回顧録~春だ!花見だ!宴会だ!(中編)~ お正月の情景~夜星~ バレンタインSS2・前編 T11エンドロール アカダノサクヤの樹の下で ●絵 新型帆船 特産・砂漠のバラ 大貧乏:5 ●提出 夜の楽しみ
  • レンジャー連邦回顧録~春だ!花見だ!宴会だ!(前編)~
    ... /*/ 政庁廊下。 花見だー!花見にゃー! 騒ぎ立てる双樹と夜星が走り抜けたその数分後。 廊下を歩く三人の男女。 真ん中の男性が若い二人の男女を引き連れるように歩いている。 「いや、相変わらず元気でござるな。双樹殿は」 先導する武人のような中年の男性が笑いながら腕を組む。 「どうもどこからか桜を手に入れて来たようでござるな。いや、風流、風流」 「お花見、やるんですか?」 最近レンジャー連邦にやってきた遊佐 呉が小首を傾げて尋ねる。 「そうみたいでござるな。かなり前から双樹殿は走り回っていた故、恐らくは。ご両人は参加はどうなされるかな?」 「うーんどうしましょうかねぇ」 小首を傾げる遊佐。 「俺は…どうするかな」 そういいながら遊佐と同様最近レンジャー連邦にやってきた情野 銀鉄がコインを...
  • 未提出品
    ... ●レンジャー連邦政庁録外伝シリーズ(by双樹真)(計2本) ※ソーックス!! レンジャー連邦政庁録外伝 狩人狩り1~胎動~ レンジャー連邦政庁録外伝 狩人狩り2~覚醒~ ●レンジャー救済法時の大貧乏ロゴ(by浅葱空、蝶子、砂浜ミサゴ、双樹真、小奴/各作品の文責は文中にあります)(計6本)(すべて絵です) ※目指せ楽しく借金完済を目標に当時藩国TOPに掲げておりました。無事返済もいたしましたので今は懐かしい思い出です。 大貧乏:1 大貧乏:2 大貧乏:3 大貧乏:4 大貧乏:5 大貧乏:6 ●城華一郎の連邦ファンタジー(by城華一郎)(計36本) ※レンジャー連邦の設定を使ったフィクションのフィクションな物語。 1:『 I_Dress 』 2:文族の思った文族のこと 3:ドランジ歓迎祭り:前奏にかえて 4:ドランジ歓迎祭り:いよいよ開催 5:ドランジ歓迎祭...
  • レンジャー連邦回顧録~春だ!花見だ!宴会だ!(中編)~
    ...中編) /*/ 政庁外れ。武道場。 目をつぶり正座をして相対するアスカロンとドランジの横で、同じく正座をする豊国が目を白黒させながら体を揺らしている。 三人が瞑想を始めてすでに3時間が経過している。 ―は…はぅ…このままじゃボクの足が持たないよ… 自称、剣神族のアスカロンならばなにか面白い神話や伝承を知っているのでは無いかと話を聴きに来たのだが… 豊国はうなだれる。 ―いつまで続くんだよぅ… 相変わらず二人は微動だにしないまま向かい合っている。 ちゅどーん 遠くから聞こえる爆音に軽く揺れる地面。 「敵襲か…?」 ドランジがすぅと目を開き立ち上がる。 「あの方向は…中庭?」 いつの間に開いたのかアスカロンが開いた襖の先に見える遠い黒煙を見て呟いた。 「中庭…みたいだね…」 足が痺れ...
  • ★一方その頃…(フェ猫さんの大もんじゃ祭り)
    大もんじゃ祭り【萌え死に編】 フ「悠殿!大変でござる、政庁から緊急召集でござる。」 悠「おおよ!おいらのとこにも連絡がきたぜよ!」 フ「我らのような役立たずにまで召集とは・・・ただ事ではござらんな。」 悠「・・・!?役立たずに俺を含んだな?」 こうして二人は政庁の大食堂に向かったのである。 フ「なんかいい臭いがするでござるなぁ~。」 悠「う~ん、昼飯には少々早い様な・・・。」 浅「ちょっと~二人共~速く~速く~。」 フ「やや、浅葱殿、どうしたでござるか?」 浅「大もんじゃ祭りよ!」 悠「大もんじゃ祭り?」 浅「最近、藩国が全体的に元気が無いじゃない~、だから皆においしいもんじゃ焼きを食べてもらって、少しでも元気になってもらおうと、【大もんじゃ祭り】を開いたのよ~。」 蝶「藩国公認の祭りよ...
  • バレンタインの一幕(内輪向け)
    ... 今日も今日とて政庁に出資するであろう楠瀬を待ち構えるため、じにあも政庁へと向かった。 さて、一方の楠瀬。 今日も今日とて政庁にお勤めである。 いつもどおりに身支度を済ませ、三角巾とエプロンを付けて朝食とお弁当を作る。 「・・・今日は、来ないのかな?」 いつもなら、このあたりでご飯を目当てにじにあが来るころだ。 だが、まれに来たり来なかったりと気まぐれなので、今日は来ない日だろう、と勝手に納得する楠瀬。 さて、準備完了というとき、呼び鈴がなった。 ”にゃんにゃーん” 「はーい」 じにあなら呼び鈴を押さずに入ってくるので、なんだろうと思いそのまま玄関に向かう楠瀬。 ドアを開ける。 「「おはようございまー・・・って、うわー☆」」 見事にハモったのは、小奴と浅葱空。 玄関先に、目を星にした二人が立っていた。 ...
  • 楠瀬さんのエトセトラ
    ... なんでもない、政庁での一幕。
  • 連邦冒険録~いちのに~
    ...とある文族が目撃した政庁での一場面。 /*/ 雑多に詰まれた本。 薄暗い部屋。 机の灯りだけが部屋を照らしている。 西都、大学構内の一室でフェイは台に立つように机の上に置かれたノート大の石碑を食い入るように見つめていた。 「…ふみふみ。」 モノクルを器用ににくきゅうで押さえてフェイは石碑に見入っている。 後ろにはやけに包帯やら絆創膏やらにまみれたアレンと無傷のエル。 ついでに何故かシスティーナまでが並んでいた。 「どうだ…読めそうか?」ぼろぼろのアレンはそれでも爛々と目を輝かせている。 「まあ待つにゃ。どうもそれほど複雑じゃにゃさそうだからまぁあまり時間はかからないと思うのにゃ。」 フェイはモノクルを着ていた白衣の懐にしまう。 「ただいくら単純でもあまりみないタイプの文字だからにゃ。軽く一週間は欲しいところにゃ。」 ぴょんと椅子の上から飛び降りててくてくと...
  • イベント05:冒険開始!
    ...同じこと。 最近は政庁と自宅の往復ばかりで、少々辟易していたところである。 「最近は国内開発もあまり進んでいないし…… よし、私自ら冒険に打って出よう!」  思い立つとどこまでも突っ走るのが連邦民の性である。 摂政殿は相変わらずだと言うように猫士ドランが足元で小さく鳴いた。  コンコン。と執務室のドアを叩く音がする。 諾を得て入ってきたのは技族のマグノリアだった。 「ミサゴさん。今日もお仕事ご苦労さま。お茶休憩しません??」 トレンチに急須と湯のみ、特産品のさくらんぼを乗せて にっこりと微笑むマグノリア。 気心知れた友人と故郷の温かいお茶を飲むのが彼女のなによりの楽しみである。 「わぁ、ありがとう。座って座って。ちょうど相談したいことがあったんです」 窓辺の応接セットにマグノリアを通しながらミサゴは神妙な顔で切り出した。 背の低いテーブルに2人...
  • 生活ゲーム:魔法の翼
    ...よくないな。退こう。政庁城に」 華一郎 さん 自分の体調を確認します。 芝村 さん テイタニアは貴方を抱き上げて高速に走った。 王城内に戻った。 テイタニアが貴方をスキャンしている。 華一郎 さん 瞳を見つめて待ちます。 芝村 さん テイタニア:「熱はありますが、細菌感染の可能性はありません」 華一郎 さん 「なるほど。可能性は幾つかあるな。緊張性のものか、より、根源的な何がしかか、あるいは、うちの国だと魔術的舞踏子たちの領域の」 華一郎 さん 「かなり緊張してもいるんで、ぶっちゃけそれが4割ほどありそうだと思うが、そうだとしたら俺があまりに落ち着かなすぎるな」少し笑いつつ。 芝村 さん テイタニア:「異なる技術体系の接触は禁止されています」 芝村 さん テイタニアは壁にぶつかっている 華一郎 さん 「本当はなー、ちょっと、君と一緒に自転車に...
  • 君を初めて思った日
    ...着を持っている。 政庁の中庭にあるオアシスである。 一番足を運んだ場所だ。 水は心を癒す。 水こそ愛だ、そう書いたこともある。 だが、国の水を愛しているわけではない。 俺は何を愛しているのだろう。 民だろうか。 世代が移ろい、顔ぶれも変わり、それでもなお、民だろうか。 一人一人を見るのではなく。 一人一人の集まった、全員を、愛しているだろうか。 ウィング・オブ・テイタニアは、ある意味では国の象徴だった。 民の象徴であるかどうかは、悩ましい。 いまだ大事に仕舞い込まれている、EV90の折のペアリゾートチケットを見つめながら、一人、うなる。 なんで違和感を覚えなかったんだろう? ~徒然メーター・了/君を始めて思った日
  • バレンタイン特別SS~アクション風味~
    ...月14日1000 政庁の物見台。 空を見上げる虹ノ七色と青海。 ふるふると身を揺する。 「なぁ虹ノ。」 「ん、どうした?」 「なんか寒くないか?」 「そうか?どっちかっつーと暑いくらいのような気がするが。」 「そうかなぁ…?」 そーっくしょん! くしゃみをする青海。 /*/ 2月14日1000 政庁の門付近。 すらりとした髪の長い冷たい印象の女性が胸に小さな小包みを抱いて何かつぶやいている。 「…青海様……。」 恋に全敗のカカオハンターは何かを決意したように頷くと歩きだした。 (文責:双樹真)
  • レンジャー連邦の特徴的地形
    ...立図書館 大部品 政庁城 RD 5 評価値 3大部品 施設 RD 2 評価値 1部品 連邦会議室 部品 控室 部品 政庁概要 部品 官吏 部品 厳重な入庁検査 大部品 東都 RD 5 評価値 3部品 東都概要 大部品 工場地帯 RD 2 評価値 1部品 軽工業 部品 重工業 大部品 レンジャー連邦飛行場 RD 2 評価値 1部品 民間飛行場 部品 民間航空会社 大部品 西都 RD 1 評価値 0部品 西都概要 大部品 にゃーロード RD 4 評価値 3部品 にゃーロード概要 部品 交通法規 部品 防風柵と道路の清掃 部品 ガソリンスタンド(サービス・ステーション) 大部品 イカーナ岬 RD 2 評価値 1部品 慰霊 部品 イカーナ岬の位置 大部品 レンジャー連邦の防風・防砂林 RD 26 評価値 8部品 レンジャー連邦の防風・防...
  • ドランジ歓迎祭り:続々・悪乗り編
    ...)金の龍はゆったりと政庁へと続く市内の中央道路を練り歩き始めていた。 それに続く個人参加の市民達も龍の仮装のものが多い。もともとドランジ氏の歓迎パレードであったため、多くのものが氏のシンボルである龍に身を変えていた。 5歳くらいだろうかの角と羽を生やした子龍が走りぬけ、2~3人で作られている小型の龍の張り子がいくつも続く。中には上半身裸で「風雲のぼり龍」の旗をなびかせグーパンチで通り抜けていく変わり者もいた。 迎え入れる市民達は道路沿いで拍手喝采。家々からはいっせいに紙ふぶきが舞う。 次に大きな歓声で迎え入れられたのは4頭立ての大型馬車。前後を時代錯誤な甲冑で身を固めた仮装兵士に警護されてきたのは連邦史になだかいイカーナ王子と北の姫君である。馬車の手綱を握るのは当時の一級資料として重要視されている「手記」を残した北の姫の護衛隊長であろうか、しかめっ面で馬を抑えている。 ...
  • 無限爆愛レンレンジャー:第一話(2)
    ...ための塀に囲われた、政庁の、背の高い威容が通りの奥に見える。  あそこには第七世界人がいる。らしい。  これまたやっぱり実感がないけれど、なんでも第七世界人というのは私たちと同じ姿をしているのに、何度死んでも蘇り、いろんなものと戦っている存在だという。今代の藩王の蝶子さんも、やっぱり第七世界人なのかなあ。  何とでも戦う第七世界人たちは、むかしというほどむかしではない最近、ペルセウスアームの天領とも戦った。身内同士での戦争に、何千万人もの人が巻き込まれて死んだんだ。むかしむかしもおおむかし、こんな狭いちっぽけな島の上で、身内同士といってもいいだろうに、ずっと戦争しあっていた王国があって、特にルリハちゃんの住んでいる北都と、私の住んでいる南都とは仲が悪く、ひどい有様だったと建国物語で習ったことがある。  そういうのは、なんか、とか、なんとなく、なんて表現ではおさまらなくて、すご...
  • 小雲散策記
    ...翡翠はいつものように政庁の屋根の上でその様子を見ていた。 「(いつ見ても変わらぬ光景と少しずつ変わっていく街。遠くから見れば同じようなものかもしれんが近づけばはっきりとわかる。私の目にはあの太陽は変わらない様に見えるが太陽からも此処は変わらなく見えるのだろう。)」 「ぐぅ…」 「(そしていつの間にか私の尻尾に抱きついて寝ているこいつをどうすればいいのだろう?)」 「ぐぅ…」 「(動けなくなってしまった)」 「すー…(夕方なら静かで涼しい)90点…」 「90点?起きてるなら離せ。」 「ぐぅ…」 「(誰か…)」 //※// ガチャリ。 「こんばんは~。ハイ、これお土産です。」 「あらー!マッサージ屋さん!ありがとう。んん?カツラの色変えたの?」 「(ビクッ)な、何を言ってるんですかぃ!俺は空馬であって流離いのマッサージ士なんかではあ...
  • になし藩国戦後復興支援:準備編
    ...」 「―は?」 政庁に仕える黒色猫士 夜星の突然の乱入と訳の判らん台詞に、会議中だった連邦民一同は頭上にはてなまーくを浮かべて固まった。 「ポチがパレードで穴から怪物がうわーってなって煮干しが半分吹き飛んだんだにゃ!!」 夜星、ぐるぐるのあまりよく判らない事を叫ぶ。 唖然とする一同。 「なんだって!」 そんな中、夜星曰く『僕の子分』である小太り文族 双樹 真が夜星の言いたい事を理解したのか驚いて立ち上がる。 「え?え?なにがどーしたんですか?」 やわらかな雰囲気を纏った女性、マグノリアがいきなり立ち上がった双樹に驚きながら尋ねた。 「…わんわんのになし藩国が根源種族に襲われて国の半分が焦土と化したそうです。」 /*/ それから一時間をかけて夜星の報告を解読した一同はあまりの凄惨な事態に愕然とした。 「ひど過ぎるよ…」 大族である山下 大地が、心の痛...
  • 戦争準備状況5:戦争準備の裏で・楠瀬とじにあの物語
    ... 名のある国民たちが政庁に集まり、藩王からの詔を聞いている頃。 名も無き国民たちは、戦闘準備の報に戦々恐々としていた。 「おい、なんだって今時分に戦闘なんだい」 「何でも共和国のある藩国に訳のわからん船が出てきたっていうじゃないか」 「またわんこのしわざか?」 「どうやらそういうもんじゃないらしい」 人々の噂は絶えない。 解かっていることはひとつ。 戦争がはじまるということ。 /*/ 猫士じにあは拗ねていた。 いぢめると面白いと噂の文族、楠瀬藍をおだてて騙すことに成功し、彼が連邦紀行文を書くために藩国内を旅する時のお供の座をちゃっかりゲットしたのだが、いざ出発の段になり先のお触れが出て、旅行自体が中止になったのである。 戦争が起きるのならば仕方がないが、それにしても直前まで張り切って準備していた時間を返せ、バカー!ということのよう...
  • いじられ文族といつもの猫士
    「何してるの、華一郎?」 政庁の屋上から、あぐらをかいてぼーっとしているだけのように見える男に、愛佳は声を降らせた。白いワンピースが似合う、きかん気の強そうな少女の頭には、ぴこんと猫型の耳が立っている。無論自前なのがアイドレス世界のおそろしいところである。 「んー?  星見ててさあ」 男は涼しげなんだかぼーっとしているんだかわからん顔のまま、目線は変えずにそう言った。既に大地は黒に染まっており、寒暖の差が激しい砂漠国であるレンジャー連邦のことなので、華一郎は砂避けマントをぐるり体に巻きつけて、完全防備の姿勢を見せている。普段は軽く結わえてある長い灰髪も、今は無造作に背中へと放っており、さりげなく首のあたりがほこほことマント効果とあいまって暖かい。 星ねえ、と愛佳は相槌なんだか呆れたんだかわからない口調で復唱する。見上げた星空は、のぺーっと黒く、雲が灰色で、...
  • 秘宝館SS:『二人』
    ...  背後には、政庁のシルエットがそう小さからぬ姿で浮かんでいる。  道から外れた、賑わうこともない、静かな一帯。  意識の底には滾々と水音だけが染みてくる。  ぎゅうと黒崎は隣の腕を抱きしめた。  こんなところにも木々は根付いて影を落としていた。  その木陰で二人は寄り添っている。  月光が、目まぐるしく踊る水面の上を明滅している。  昼間の鮮明さよりも、ずっと緩く柔らかな粒子にくるまれて見える世界。  ソウイチローは何の理由も添えずに黒崎の額に口付けた。 「幸せだな」 「はい」  溢れるほどの言葉はない。  溢れるほどの体温が、鼓動と一緒に伝わってくる。  笑顔さえも、交わさない。  穏やかな二つの顔。  夜色に似た黒崎の髪が、ふいと強まった陸風に後ろから押された。  乱れ...
  • レンジャー連邦の日々・横山の場合
    ...「わかりました。私は政庁の方で何か聞けないか、情報を集めてみますね」 「頼む。それで、以前話したこのところの各国の動きの事なんだが、どうやら宰相の用意した遺跡に潜っているらしい…」 真剣に協議するうちに、夜が深まっていく。 今日も、遅くなりそうだった。 /*/ 「…………」 床につきながら横山は、ごろんと寝返りを打った。 隣室にいるターニは今、もうすっかり眠ってしまっているだろう。 この日々をしあわせだと感じている自分がいる。 やがて過ぎ去ってしまう今だけのものなら、それに今だけ甘えるのは駄目な事なのだろうか。 暗闇の中の分厚い扉の静寂は、どれだけ見つめても彼女の思いに何も答えはしない。 何度も通り過ぎた自問だった。 今更同じ答えを繰り返したって、詮無い事なのはわかっていた。 ごろん。も...
  • 自己満足型小説
    ...は凄まじくやすやすと政庁を貫通してみせた。 「あれに当たったら体に穴開くな。」 「ってゆうか、当たりどころ悪ければ死ぬでござるぞ!」 しかし、一番驚いていたのは楠瀬自身だった。 (なんて恐ろしい兵器を開発してしまったんだ。) 固まっている楠瀬を見て二人は、 「試し打ちもしてなかったのか!」 「照準が甘いでござる!今のうちに逃げるでござる!」 我に返った楠瀬、 「じにあ、照準ずれてるぞ!2発目だ!」 「了解、お嬢様。くたばりなさいSBJ!」 本当の悲劇はここからだ 2発目の照準もやはりずれていた、が!よりによって藩王の門外不出の『眼鏡コレクションケース』を貫通した。 そして、その中の一つ、『キュベルネス・モデル』を打ち砕いた! 時は止まる。、、、、、、、、そして動きだす。 「ヤ、ヤガミモデルじゃなくて、良かったじゃかないか、楠瀬。」...
  • ドランジ歓迎祭り:アフター
    ...ムの一同を見送った後政庁に戻って会議室で話していた華一郎と双樹は、お茶をすすりながら語り合う。 「でも、これが無事に済めばすぐまた帰って来れますし、他にもまだ、グラム=リバーや、ウイングオブテイタニア?とか、ACEユニットを獲得するチャンスはありますもんね」 「ああ、それに、チャンスはそれだけじゃないぜ」 華一郎は裏マーケットの古びたチラシを指差した。 『カール・T・ドランジに手料理を振る舞う権利(くるくるされるでもよし)』―15億 「ま、次は藩王の番だとか、他の人の番だとか言って、イグドラシルを育てたり、他の権利を優先するのが誰も彼もの道理だとは思うがね。それでこそのレンジャー連邦だし。  ま、どっちにせよ、夢がまだ残っているのはいいことだよ」 「あれ、じゃあ、華一郎さんの夢ってなんですか?」 聞かれるなり、くるくる指を回してから、指差...
  • まっこ☆まっこ☆り~ん☆
    ...樹は混乱しながらも、政庁内の隣人であるフェ猫の部屋に向かった。 双「フェ・・・フェ猫・・・Σ(゚Д゚)!?」 そこに居たのは彼・・・いや失礼、【彼女】の知るフェ猫ではなかった、妙齢の女性がそこにいたのである・・・。 しかも自分の胸を、もの珍しげにまさぐっていた。 フ「あらっ、まこちゃん。おはよう!自分の胸を揉んでもあまり面白くないわねぇ~。」 そう言いながら、視線はまこちゃんの胸に釘付けである。 フ「連邦の新型は化け物か!?」 双樹は舞踏子の予知能力をいかし、直ぐ様、フェネ子の部屋から脱出する。 フ「ちょっと揉ませてぇ~!」 双「だが断りまぁ~す!」 双樹が次に助けを求めたのは彼女が最も頼りとする、城華一郎だった。 双「じょうさぁ~ん。Σ(゚Д゚)!?」 現実はまたしても彼女の期待を裏切った・・...
  • ドランジ歓迎祭り:悪乗り編
    ... 「 2日目 昼 政庁前広場特設ステージ『ドランジさんトークショー』 」 藩都の空に、盛大なブーイングが飛び交う。 「なんじゃおまえはー!」 「ドランジさんはどうしたのよーー!!」 「にゃんにゃんにゃーーーん!!」 ステージ上にてマッスルポーズをとる、ドランジ氏・・・・風の男。 「オー、ワタ―シ、どらんじデース。」 たゆんだお腹、若干ずれた金髪のカツラ、良く見ると金の龍じゃなくて何故か金のミミズの刺繍された青い服・・・ドランジファンから速攻、デリートされそうな偽ドランジである。あまりにあまりな完成度であるが、本人はいたって真面目である。 「フン!ムファ!!」 「ぎゃー!」「いやぁー!!」「ふぎゃー!!!」 何故か満面の笑みの偽ドランジ。無意味に輝く歯が痛々しい。 マッスルポーズをとるたびに観客席からは悲鳴が上がる。司会...
  • 『翼の君と。』:2巻
    ...ている。 輝きは、政庁用の、無機質な灯を天井灯から受けて、創られていた。 ことん、ことん、音なき拍動。 ついぞ針には刻まれぬまま、時を重ねるのは、それでも動く、掌の内側を巡る、真っ赤な脈流。 男のまぶたが3秒閉じた。 無数の刹那を喰い切って、また、開かれた、傍らを覗く世界の中に、同じ瞳が待ち続けている。 待ち続けている? 何を。 感じた時、城 華一郎は、かぶせられていたテイタニアの掌の下で、左手を裏返し、手指を絡めて手繰り寄せ、不安定な姿勢のままでいた、その、青い髪の彼女の上体を、自らの膝元へと引き込んだ。 「どうしましたか、華一郎」 可視化したような水色の声。 オアシスに湧く、あの軟らかな透明、そのままの声だ。 赤黒い衝動を心臓の下側に覚え、華一郎は口を噤むことで、幾多の言葉を噛み殺す。 思念が渦を巻く。 ...
  • 秘宝館SS:『帰り道』
    ...け、見晴らしのいい、政庁近くの丘まで上がる。 ここまで来れば、藩邸はあと少しだ。 警備も行き届いているので、人気のないところとはいえ危険もない。 居住区を取り囲む壁の中は、大分緑化が進み、前シーズンの途中からこの国を訪れた彼女にとってさえ、随分と様変わりして見えた。 それでも風に、砂塵が舞う。 水平線が、遠い。 「……………………」 言葉を何も口にすることなく佇む彼女の、まなざしは遠く。 それは水平線の彼方よりも遠く。 けれども、決して険しくも、厳しくもありはしなかった。 再び見上げれば、星空は満天。 濃い夜の、すぐ向こう側に、瞬いている流れ星―――― /*/ 署名:城 華一郎(じょう かいちろう)
  • 徒然メーター2順目
    ...もなれば、それは単に政庁の執務室に置かれてあるからという、機密度や見栄の故ではない。 今、このファイルの中に、一本の大樹がある。 古くは開闢の折に因果の根を下ろし、時間軸の三方に両腕を広げた、国体に比すべき重みを持った、樹だ。 名を、イグドラシルという。 その名に世界樹と重ねることもある。 文字通りの、世界の樹、である。 世界な樹、といってもよい。 ここから僕たち、私たちの世界は始まった。 無名世界観という名の土壌に情報の種を植え、吸い上げるは因果、歴史という維管束に流すは未観測の空隙を満たす、今に生まれたかつてのすべて。 「つまりは、まあ、イグドラシルに登録されたアイドレスのページ(http //www23.atwiki.jp/ty0k0/pages/82.html)を見ているだけなんだが」 ニューワールドにログインして、華一郎が何をして...
  • にゃんこ・りたーんず
    ...いよ…?」 政庁の定例会議で、にこにこしながらみんなにレポートを回してみせる、黒衣の男。  * * * 本日の一言:仲良きことは美しき哉(にくきゅうまーく、ぽん!)  * * * ―The undersigned:Joker as a Liar:城 華一郎
  • 短編:たまには夢の話を
    ...* * * 政庁の、窓から時折みんなが見上げる空に、電網宇宙の星のまたたき―――  * * * ―The undersigned:Joker as a Liar:城 華一郎
  • ドランジ歓迎祭り:アフター(裏)
    ...双樹ら仲間たちと共に政庁へと戻り、今日という日ばかりは仲間の安否を確かめるべく、速報を待ち受けて会議室に詰めることにした。  * * * それからほどなくして、会議室ににゃーと歓声があがる。ついに藩王らが参加していた部隊の動きがあったのだ。 「やった!  自動成功、さすがはドランジ&舞踏子コンビだぜ!」 「これでひとまず藩国は無事、と…親征の多い国でハラハラしますよ、本当に」 青海と小奴が手を叩いて喜んだ。 残るは摂政、ミサゴのみ。 一人、別働隊としてアルトピャーノ・玄霧藩国の調査・治療チームに加わり、猫士として尻尾を第三の手として活躍させることになるであろう彼女の安否が気遣われる。 ちなみに合同ACEユニットは岩田裕。 藩王と摂政、ある意味ポジションを今だけでも交代できたら、さぞしあわせだったことであろう。現実とは...
  • 追悼SS
    ...、城華一郎と双樹真は政庁の仕事を休んだという・・・。 ※ 浅「う~ん、何かいいアイデアないかなぁ・・・。」 フ「浅葱殿、悩み事でござるか?」 浅「うん、そうなの、最近連邦の皆がもんじゃを沢山食べてくれるのはいいんだけど、皆の味覚がレベルアップしちゃって、ちょっとやそっとのもんじゃの新製品じゃ、誰も驚いてくれないんだよねぇ~。」 浅「誰か、皆があっと驚く様な斬新で【誰も見たことが無いような】料理のアイデアを教えてくれないかなぁ~。」 フェ猫の中で、絶滅寸前の良心と、フェ猫をほぼ支配している好奇心が戦っていたが・・・。 フ (´∀`)「丁度、今、NOW Time!城殿が新作料理に挑戦しているらしいでござるから、行ってみたらどうでござろうか。」 浅「えっ!本当に!ありがとうフェ猫さん、城さんの家に行ってみるわ!」 浅...
  • レンジャー連邦日誌
    ...の扉を叩くのは、最近政庁に出仕するようになった双葉真である。 「はい、しんさん。分かりました…なるほど。よくできていますね。これからもこの調子で頼みますよ」 ミサゴが不在の為、藩王自らレポートをチェックし、その内容に満足する蝶子。 「あ、ありがとうございます!これからもがんばりますから!」 そういうと慌てて執務室を後にする双葉。 褒められて嬉しかったのか、目じりには涙が浮かんでいた。 感激屋の双葉は涙腺が緩く、ちょっとしたことでうるうる来てしまうのだった。 「あ!…行っちゃった。もっとゆっくりしてってくれてもいいのに。うー、藩王の仕事一人じゃさみしいよぅー!」 …我慢である。 /*/ 「…ねえ、僕たちこんなことでいいのかな?」 いままで延々と走らせていた筆を止め、山下大地が誰に言うでもなく言った。 「...
  • 徒然メーター4順目
    ...そも華一郎とイツキが政庁の屋上にやってきたのは、華一郎の部屋が二人でやらかした冒頭のコントのせいで散らかって足の踏み場もなかったからであった。 「折角いい流れで再開出来そうだったのに!  小説っぽい文体に回帰して謎話を続けられそうだったのに!」 「そもそもあんたがわけのわかんない理由で僕をほったらかしにするからだよ!  なんだよ食べすぎって!! どこの食いしん坊キャラ!?」 「だからって半月の間に箪笥ロボ作るこたねえだろ! お前はアホか!? アホの子なのか!? 受けを狙うためなら何でもする芸人気質の子だったのか!?」 「ばーかばーか! 師匠譲りだ! 悔しかったら反省しろ!」 静止した夜が低俗な罵り合いに砕かれる。 今日も二人はやっぱり二人なのであった。 /*/ 「で、話の続きに戻るわけだが」 夜に近所迷惑です、と庁舎の職員に叱られて...
  • 断章
    ...が吹く、不思議な街。政庁や大学のような落ち着いた建物中心なので、浮ついたところもなくて、私は好き。 もちろん、いろんなもののある北の都だって好きなんだけど、人が多いとはしゃいで見せないといけないから、くつろげるこの街が、私は一番好き、なのかもしれない。 ぐるりと街を囲った塀の向こうには今もびゅうびゅう砂が吹きつけてるんだろうな。人間てすごい。よくこんな塀を作っちゃえるよね。発想自体が普通思い浮かばないし。 「……」 憂鬱だな。 フィクショノートがいなくなったらこの国はどうなるんだろう。 電網世界から、この国があったことの痕跡は、いつか必ず失われてしまう。 私たちアイドレス世界の住民も、その時消える。 戦場に出た時、死ぬのは怖かったけど、それでもまだ誰かのために戦って死ぬなら無駄じゃないと思えた。でも、消えてしまうって、それは、私がいた証拠さえ、なくなってしまうって、こ...
  • 『翼の君と。』:3巻
    ...の中身と同じだな。 政庁で2人で仕事をしてみたい。 数字をね、眺めるのが好きなんだ。 読むのが好きなんだな。数字も字ってことか。 地域の人口分布や、 就学率、世帯構成、職業分布、年齢分布…… 連邦白書って奴かな。あるかな。 そういうのを眺めては、君と話をしてみたい。 ありありと数字の羅列に浮かんだ疵痕の多さを見つめながら、 それでも淡々と分析を進め、今、どうするかを考える。 俺は読み進めるうち、我慢できずに、君に口を聞くだろう。 この数字から読み取れることは、こうに違いない。 いや、そこまで断言するのもおかしな話か。 でも、まあ、妄想家の文族の話す言葉だから、表面上は綺麗に取り繕っていても、 結構そんなふうに内心では決め込みながら話してるかな。 でもね、君の意見も欲しい。 君から見たら、どう見えるんだろう。 同時に、そう思ってもいて、だから黙りこみながら考え込むんじゃなくて、言葉を口...
  • 徒然メーター3順目
    ...ジャー連邦南都にある政庁内宿舎の一室で、少年と青年が丸い座布団を前にして、少年は敷物のない椅子に、青年は床に、それぞれ座りこんでいる。 時を告げるのは壁際に寄せられた机の上で、ハードディスクの回転音を響かせるPC内の時計機能のみである。 青年の名を、城 華一郎と言った。 この国の第二摂政である。 少年の名を、イツキと言った。 華一郎が書生として雇っている、猫士候補だ。 二人はさいぜんから世界の秘密について語っている。 「世界とは、それ以上定義を拡大することは出来ないという、場の最大。  世界観とは、観測者が世界に対して、こういう風に出来てると思うよ、と見なして、あらゆる因果関係に理屈をつける、観測方法のこと。  無名世界観とは、科学でも魔法でもない、まだ名前がつけられていない観測方法のことであって、観測された因果関係に対して破綻がないよ...
  • @wiki全体から「政庁」で調べる

更新順にページ一覧表示 | 作成順にページ一覧表示 | ページ名順にページ一覧表示 | wiki内検索